人気スマホが1円で買えちゃう投売りセール開催中!

5万円ぐらいで買えるおすすめSIMフリースマホ10選

SIMフリースマホは3万円ぐらいのモデルが人気です。3万円ぐらいのミドルクラスは価格が安いのに普段使いが快適なコスパの良いモデルが多いです。

高いキャリアスマホの月額料金から安さを求めて格安SIMへと乗り換えているユーザーにとって、端末代金を3万円で抑えられると言うのもこの価格帯が人気の理由の一つです。

しかしミドルクラスはあくまで普段使いが快適なレベルです。ヘビーユーザーやゲーマーにとってはスペック不足に陥る可能性が高いです!

そこで今回は予算を少し追加することで買える5万円ぐらいのSIMフリースマホをまとめてみましたので、ぜひ端末選びの参考にしてみて下さい!

スマホを選ぶ基準とは?

スマホを選ぶ基準とは?

スマホを選ぶ時の重要なポイントは、「自分がどのような使い方をするのか」を考えることです。

価格の安いモデルを購入して、全く自分のやりたい事が出来なければ逆に損をすることになります。逆にハイスペックで高価格なモデルを買っても、全くスマホを使わないのであればお金がもったいないです。

  • ハイクオリティなゲームで遊びたい
  • 高性能なカメラを使いたい
  • 大画面で動画を視聴したい
  • 片手で操作がしたい

スマホをどういう風に使いたいのか、それによって選ぶ端末のレベルが変わります。実際にスマホを選ぶ基準はどういった部分にあるのかを、先に紹介しておこうと思います。

CPUとRAM

CPUとRAM

CPU(SoC)の品質はスマホの動作面に大きく影響を与えます。CPUはスマホの脳みそ的な役割を担うので、高性能なものであればより様々な動作を快適に行うことが出来ます。そして当然ですが、高性能なCPUほど価格が高くなっております。

また「RAM」も動作面に影響を与えるパーツです。主に同時動作に影響を与えると言われており、「RAM」はスマホの脳みそである「CPU(SoC)」が快適に働けるスペースを提供する役割を担います。RAMが高ければCPUが同時にいろんな処理を行うことが出来ますが、RAMが低ければ、せっかく高性能なCPUを搭載していてもパワーを発揮できないのです。

「重い3D系のゲームアプリをプレイしたい」

なんて方は、このCPUとRAMが優れているモデル、いわゆる「ハイスペック」と呼ばれているモデルを選びましょう。

ROMと外部ストレージ

ROMと外部ストレージ

ROMは内部ストレージの事で、端末本体に保存出来る容量のことです。スマホで音楽ファイルを管理する方や写真をいっぱい撮影する方は、大容量のストレージが必要になります。またスマホには外部ストレージと言うものが搭載(モデルによる)されており、SDカードを挿入することによって、ストレージを増やすことが出来ます。

「写真を撮影してスマホに保存しておきたい」
「音楽や動画などの大容量ファイルをスマホで管理したい」

こういった方は、ROMが大容量のモデルや外部ストレージの対応数が高いモデルを選びましょう。

ディスプレイサイズと解像度

ディスプレイサイズと解像度

スマホはそれぞれディスプレイサイズが異なります。小さなディスプレイから大きなディスプレイまで様々で、大きさによってメリットに違いがあります。まず小さい画面の場合は、端末自体がコンパクトになるので、持ち運びが便利で片手操作が可能になります。一方で大画面の場合は、動画の視聴やブラウザの文字が見やすいといったメリットがあります。それぞれ自分の使い方に合わせて大小を選ぶ必要があります。

また「画面解像度」の違いも、人によっては重要です。
画面解像度は画面の縦横の点の数のことで、解像度が高いほど点の数が増えてより細かいところまで色を表現することが出来ます。いわゆる「ハイビジョン」や「フルハイビジョン」と呼ばれているものが解像度の違いになります。最近の端末ではフルハイビジョンの1920×1080が多いですが、2018年2019年辺りからワイドディスプレイが流行っているので、FHD+を採用したモデルが多いです。

「高画質で動画を視聴したい」
「ネットサーフィンで文章が読みやすい方が良い」

こういった方は、ディスプレイサイズが大きくて高解像度のモデルを選びましょう。

カメラ

カメラ

カメラ性能も端末それぞれ異なります。もちろん高性能であればあるほどコストがかかってしまいます。最近のスマホではレンズを2つ搭載する「デュアルカメラ」や、レンズを3つ搭載する「トリプルカメラ」を採用したモデルも登場しており、ますますスマホカメラの性能が向上しています。

「高画質な写真を撮影したい」
「ポートレート撮影やぼかし効果を利用したい」

そんな方は高性能なカメラ機能を搭載したスマホを選びましょう。

バッテリーや機能面

バッテリーや機能面

スマホは充電式なので、バッテリーが切れると充電が必要になります。大容量バッテリーが搭載されているモデルや、バッテリー持ちの良いモデルを好んで選ぶ方も多いです。

また「防水防塵」や「おサイフケータイの対応」など機能面にも違いがあります。自分にとって必要な機能が対応しているかどうかは、必ず購入前にチェックしましょう。

価格

価格

今回のテーマに「5万円ぐらい」とあるように、スマホはそれぞれ価格が異なります。スマホだけでなく何か商品を選ぶ上で、最も重要なのは「価格」です。

例えばゲームをガンガンプレイしたいと思っていても、予算がなければハイスペックスマホを買うことは出来ませんからね。

5万円クラスは高性能なモデルが多い

スマホはいろんなメーカーからいろんなモデルが販売されています。こちらの記事のように1万円から買うことができるスマホも存在しています。
参考:一万円以下で買える激安スマホ7選【サブ機におすすめ】

どの程度のスマホを買うかは、その人の予算次第になるわけですが、5万円クラスだと高性能なモデルが多いです。

人気の高いミドルレンジ帯(2万円~4万円ぐらい)のスマホは普段使いこそ快適ですが、重い作業(長文の執筆や、マルチウィンドウで動画を見ながらの作業、3D系のゲームプレイなど)をするときにカクついてしまう恐れがあります。

がっつりスマホに依存しているヘビーユーザーや、最新のゲームをプレイすると言うゲーマーの方には、ミドルレンジモデルよりも5万円クラスのハイスペックモデルや準ハイスペックモデルをオススメします!

5万円ぐらいで買えるおすすめSIMフリースマホ

実際に人気の高いモデルや評判の良いモデルを中心に、5万円前後で買える準ハイスペックモデル・ハイスペックモデルをピックアップしてみました!予算が5万円ぐらいある方で、高性能なハイスペックSIMフリースマホを探している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

OPPO Reno A

OPPO Reno A

こちらはOPPOのコスパ良端末「Reno A」です。
Snapdragon 710搭載、有機ELディスプレイを搭載してながらも4万円ぐらいで購入出来るコスパの良さ。AnTuTu8のベンチマークスコアは20万前後とハイスコアを記録。そしてDSDV・おサイフケータイ・防水防塵にも対応しています。DSDS及びDSDV機の中でおサイフケータイに対応しているのは「Reno A」と「R15 Pro」と「AQUOS sense3」「AQUOS sense3 plus」の4機種しかありません。おサイフケータイ対応モデルをお探しの方は是非!
発売 OPPO/2019年10月
動作性能 Snapdragon 710/6GBRAM
AnTuTu8:20万
ストレージ 内部64GB/外部256GB
ディスプレイ 6.4インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面1600万+200万画素
前面2500万画素
バッテリー 3600mAh
サイズ 158.4 × 75.4 × 7.8 mm/169.5 g
カラー ブルー
ブラック
参考価格 38,000円前後
Reno Aの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:27,000円
(乗り換えがお得!)
Reno A(27,000円)を他社からの乗り換えで購入すると、5,000円割引が適用!

楽天モバイル楽天モバイル
端末価格:36,900円
(楽天会員はお得!)
2020新春スマホ大特価 キャンペーン!
Reno A 128GB版(38,800円)を期間中に購入すると、1,900円割引が適用されます。
2020年2月13日までの期間限定なのでお早めに。

HUAWEI nova 5T

HUAWEI nova 5T

こちらはHUAWEIの4眼レンズ搭載モデル「nova 5T」です。
そしてKirin 980が搭載されているハイスペックモデルです。AnTuTu8のベンチマークスコアは38万前後とハイスコアを記録。背面に4つのレンズを搭載するクアッドカメラ仕様が採用されており、パンチホールディスプレイも特徴的です。Reno Aよりも価格が高く設定されており、大体5万5000円前後で販売されています。しかしその分動作性能が高いので、よりハイスペックなモデルを探している方にオススメ!
発売 HUAWEI/2019年11月
動作性能 Kirin 980/8GBRAM
AnTuTu8:38万
ストレージ 内部128GB/非搭載
ディスプレイ 6.26インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4800万+1600万+200万+200万画素
バッテリー 3750mAh
サイズ 154.25 × 73.97 × 7.87 mm/174 g
カラー ミッドサマーパープル
ブラック
クラッシュブルー
参考価格 54,500円(税込)

HUAWEI nova 3

HUAWEI nova 3

こちらはHUAWEIの2018年冬モデル「nova 3」です。
ハイシリコン社のKirin970が搭載されているので、AnTuTu8スコアは24万前後とハイスペックモデルの中では控えめ。それでも20万スコアあればかなり快適な動作に期待出来ます。発売時の価格は54,8000円でしたが、現在は4万円ぐらいで購入することが出来ます。カメラでは背面前面共にデュアルカメラが搭載されていますし、バッテリーでは3750mAhもの大容量が搭載されています。低予算でハイスペックモデルを探しているのであれば、かなりオススメの端末です。
発売 HUAWEI/2018年10月
動作性能 Kirin 970/4GBRAM
AnTuTu8:24万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.3インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面2400万+1600万画素
前面2400万+200万画素
バッテリー 3750mAh
サイズ 157 x 73.7 x 7.3 mm/166 g
カラー ブラック
アイリスパープル
参考価格 54,800円
nova 3の開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:34,800円
(乗り換えがお得!)
nova 3(34,800円)を他社からの乗り換えで購入すると、5,000円割引が適用!

Google Pixel 3a


こちらはグーグルPixel 3の廉価モデル「Pixel 3a」です。
前作のPixel 3/XLはハイスペックで良い端末でしたが、価格の高さもあってSIMフリースマホとしての売れ筋は微妙に。今回のPixel 3aは廉価版と言うことで、スペックダウンと共に価格も大幅に下げられています。Snapdragon 670を搭載しているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは17万前後とそこそこのスコア。5.6インチディスプレイを搭載しているのでそこそこコンパクトです。そして「おサイフケータイ」にも対応しています。価格は48,600円です。
発売 Google/2019年5月
動作性能 Snapdragon 670/4GBRAM
AnTuTu8:17万
ストレージ 内部64GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.6インチ/2220×1080 FHD+
カメラ 背面1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2 mm/147 g
カラー クリアリーホワイト
ジャストブラック
パープルイッシュ
参考価格 48,600円

SHARP AQUOS R2 compact

SHARP AQUOS R2 compact

こちらはシャープのコンパクトモデル「AQUOS R2 compact」です。
ハイスペックながらに5.2インチディスプレイと131 × 64mmと言うコンパクトボディが搭載されているのが最大の特徴です。コンパクトモデルでスナドラ845を搭載している端末は他にないので、コンパクトなハイスペックを探している方には最有力候補となります。AnTuTu8のベンチマークスコアは32万前後とハイスコアを記録しています。「防水防塵」「おサイフケータイ」にも対応しています。発売時の価格はかなり高かったのですが、今では5万5000円~6万円ぐらいで購入出来ます。
発売 シャープ/2019年2月
動作性能 Snapdragon 845/4GBRAM
AnTuTu8:32万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.2インチ/2280×1080 FHD+
カメラ 背面2260万画素
前面800万画素
バッテリー 2500mAh
サイズ 131 × 64 × 9.3 mm/135 g
カラー ディープホワイト
ピュアブラック
参考価格 75,000円
AQUOS R2 compactの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:48,600円
(乗り換えがお得!)
AQUOS R2 compact(48,600円)を他社からの乗り換えで購入すると、5,000円割引が適用!

楽天モバイル楽天モバイル
端末価格:69,800円
(楽天会員はお得!)
楽天会員がAQUOS R2 compactをスーパーホーダイで契約した場合、1年間 月額1,500円の割引が適用されます。

BIGLOBE SIM
端末価格:69,600円
(Youtube見放題!)
今なら3GB以上の音声SIM契約で、通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料になります!また月額料金が3か月間800円割引に!
2020年1月29日までの期間限定なのでお早めに。

ASUS ZenFone 5Z

ASUS ZenFone 5Z

こちらはASUSの2018年に登場したハイスペックモデル「ZenFone 5Z」です。
ZenFone 5シリーズの上位モデルで、ZenFone 6の前作モデルにあたります。スナドラ845搭載のハイスペックモデルです。発売時は7万円ぐらいでしたが、現在は6万円前後まで値下がりしています。AnTuTu8のベンチマークスコアは34万前後を記録。価格の安さ以外に特に際立った所はありませんが、逆に言えば弱点もない万能タイプです。さらに予算を追加しても良いと言うなら後続モデルの「ZenFone 6」の方がオススメです。
発売 ASUS/2018年5月
動作性能 Snapdragon 845/6GBRAM
AnTuTu8:34万
ストレージ 内部128GB/外部2TB
ディスプレイ 6.2インチ/2246×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+800万画素
前面800万画素
バッテリー 3300mAh
サイズ 153 x 75.6 x 7.7 mm/165 g
カラー シャイニーブラック
スペースシルバー
参考価格 69,800円

輸入に抵抗が無ければ海外スマホもアリ

最近では日本で発売されていない海外スマホが人気です。とくに中国スマホのコストパフォーマンスは異常で、日本で10万円クラスのモデルが5万円ぐらいで買える場合もあります。

おすすめの中国スマホをまとめた記事があるので、興味のある方はそちらもぜひ参考にしてみて下さい!
参考:【2020年最新】中国スマホのおすすめ機種15選【中華スマホ】

そしてイチオシのXiaomiスマホから5万円ぐらいで買えるハイスペックモデルをまとめておいたので、海外スマホの購入に抵抗のない方は是非!

Xiaomi Mi 9

Xiaomi Mi 9

こちらはXiaomiの無印モデル「Xiaomi Mi 9」です。
チップセットにSnapdragon 855が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは43万前後です。これだけのハイスコアを記録していながらも5万円前後で購入出来るコスパの良さ。コスパの良いハイスペックモデルをお探しなのであれば、間違いなくオススメの海外モデルです。Band19非対応なので、ソフトバンク回線でのみ快適に通信できます。
発売 Xiaomi/2019年3月
動作性能 Snapdragon 855/6or8GBRAM
AnTuTu8:43万
ストレージ 内部64or128GB/非搭載
ディスプレイ 6.39インチ/2340×1080 FHD+/有機EL
カメラ 背面4800万+1600万+1200万画素
前面2000万画素
バッテリー 3300mAh
サイズ 157.5 x 74.7 x 7.6 mm/173 g
参考価格 50,000円前後

Xiaomi Mi Mix 3

Xiaomi Mi Mix 3

こちらは手動カメラが特徴的な「Xiaomi Mi Mix 3」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは33万前後です。スライドカメラによってレンズが内蔵されているので、画面占有率が93.4%とかなり高くなっております。価格はXiaomi Mi 9と同じく5万円前後なので、Snapdragon 855を搭載しているXiaomi Mi 9の方が動作性能では優れています。
しかし、こちらのMi Mix 3はBand19に対応しているので、ドコモ回線を使えると言うメリットがあります。
発売 Xiaomi/2018年11月
動作性能 Snapdragon 845/6or8or10GBRAM
AnTuTu8:33万
ストレージ 内部128or256or512GB/非搭載
ディスプレイ 6.39インチ/2340×1080 FHD+/有機EL
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面2400万+200万画素
バッテリー 3200mAh
サイズ 157.9 x 74.7 x 8.5 mm/218 g
参考価格 50,000円前後

Xiaomi Mi 9T Pro

Xiaomi Mi 9T Pro

こちらは収納式カメラを搭載したXiaomiスマホ「Xiaomi Mi 9T Pro」です。
インド向けモデル「Redmi K20 Pro」も同じ端末です。チップセットにSnapdragon 855が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは43万前後を記録しています。Xiaomi Mi 9と同じく5万円前後で購入出来る神コスパ。収納式カメラによるフルビューディスプレイに興味のある方はこちらを検討してみて下さい。こちらも残念ながらBand19非対応となっております。
発売 Xiaomi/2019年8月
動作性能 Snapdragon 855/6GBRAM
AnTuTu8:43万
ストレージ 内部64or128GB/非搭載
ディスプレイ 6.39インチ/2340×1080 FHD+/有機EL
カメラ 背面4800万+1300万+800万画素
前面2000万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 156.7 x 74.3 x 8.8 mm/191 g
参考価格 50,000円前後

Xiaomi Pocophone F1

Xiaomi Pocophone F1

こちらはインド向けに発売されたXiaomiスマホ「Xiaomi Pocophone F1」です。
チップセットにSnapdragon 845が搭載されているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは33万前後です。スナドラ845が搭載されているのにも関わらず4万円以内で買えるコスパの高さ。
価格の安い理由は、ボディ素材であったり、カメラ性能であったり、液晶ディスプレイであったり、様々な部分がコストカットされているからです。ほとんどのスマホは、動作性能が高ければ他のスペックも高水準になりがちですが、こちらのPocophone F1は動作性能にだけ力が入っていると言うなんとも珍しい仕様です。こちらもBand19非対応です。
発売 Xiaomi/2018年8月
動作性能 Snapdragon 845/6or8GBRAM
AnTuTu8:33万
ストレージ 内部64or128or256GB/非搭載
ディスプレイ 6.18インチ/2248×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+500万画素
前面2000万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 155.5 x 75.3 x 8.8 mm/180 g
参考価格 40,000円前後

まとめ

スマホのメイン機はある程度動作性能が高いモデルがオススメです。もちろんスマホをあまり使わない人は3万円前後のモデルで十分ですが、そうでない場合は今回紹介したようなモデルを選ぶべきです。

例えばネットサーフィンにしてもヌルヌル動きますし、ゲームもカクつかずにプレイできますし、ブラウザの読み込みやアプリの起動は早くなります。スマホを毎日触るのであれば、そういう細かいところでストレスを減らすことが出来るので、やっぱりハイスペックモデルはオススメです!

もしスマホの動作に不満を感じている方がいれば、次に機種変更するときは今回紹介したようなモデルやもっと上位のモデルを検討してみて下さいね!

期間限定人気スマホが1円で買えちゃう投売りセール開催中!

2 COMMENTS

ヒミツ

シムフリーユーザーの間で最近話題になっているtclのplexも取り上げて欲しい。

返信する
イッテツ

>ヒミツさん
管理人のイッテツです。コメント頂きありがとうございます!

TCLのPLEXは完全に伏兵ですよね。メーカーのネームバリューのせいなのか、一般的には全く浸透していませんが、やっぱりガジェット関係の記事を見るとよく取り上げられていますよね。実際にカタログ上のスペックだとコスパ良いですもんね。

この度は貴重な意見をありがとうございます。当ブログのまとめ系記事に組み込んでいこうと思います!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。