AX 7が4,800円で買えるIIJmioの夏限定セール開催!【9月30日まで】

「Android One X5」と「Android One S5」のスペックの違いを比較!

ワイモバイルのLGエレクトロニクス製スマホ「Android One X5」とシャープ製スマホ「Android One S5」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

名称 Android One X5 Android One S5
画像
メーカー LGエレクトロニクス シャープ
発売時期 2018年12月 2018年12月
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Snapdragon 835
オクタコア
2.45GHz
Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
RAM 4GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大512GB 最大512GB
画面サイズ 6.1 インチ 5.5 インチ
画面解像度 3120×1440
QHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1600万画素 1200万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3000mAh 2700mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS
USB USB Type-C USB Type-C
生体認証 対応
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応
機種サイズ
(縦幅)
153 mm 148 mm
機種サイズ
(横幅)
72 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
7.9 mm 8.1 mm
機種重量 158 g 149 g
カラー ニューモロッカンブルー
ミスティックホワイト
クールシルバー
ダークブルー
ローズピンク

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

まず搭載されているCPUに違いがあります。

Android One X5の
「 Snapdragon 835 」に対して、
Android One S5は
「 Snapdragon 450 」になります。

Android One X5ではスナドラ835が搭載されており、Antutuベンチマークスコアでは20万前後を記録しております。

一方のAndroid One S5ではスナドラ450が搭載されており、Antutuベンチマークスコアでは7万5000前後を記録しております。

ベンチマークスコアはスマホの性能をスコア化してくれるツールです。スコア差を見れば分かるように動作性能ではスナドラ835を搭載したAndroid One X5の方が優れています。

RAMの違い

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

Android One X5の
「 4GB 」に対して、
Android One S5は
「 3GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

画面サイズの違い

画面サイズにも違いがあります。

Android One X5の
「 6.1 インチ 」に対して、
Android One S5は
「 5.5 インチ 」になります。

どちらの端末もワイドディスプレイが搭載されておりますが、Android One X5では上部にノッチデザインが採用されております。

画面解像度の違い

画面解像度にも違いがあります。

Android One X5の
「 3120×1440(QHD+) 」に対して、
Android One S5は
「 2160×1080(FHD+) 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。
Android X5ではQHD+の高解像度ディスプレイが搭載されております。
FHD?WQHD?スマホの画面解像度とは

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。まず背面の画素数が、

Android One X5の
「 1600万画素 」に対して、
Android One S5は
「 1200万画素 」になります。

どちらの端末もデュアルではなくシングルレンズが搭載されております。
Android One X5では下記のような記載があるので、AIカメラに対応しております。

フレーム内の被写体をAI(人工知能)が撮影シーンに合わせて、9つのカテゴリーから最適なモードを自動で選択。被写体の特性を活かした撮影が誰でもかんたんにできます。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

Android One X5の
「 3000mAh 」に対して、
Android One S5は
「 2700mAh 」になります。

ワイモバイルで発表されている連続使用時間がこちらです。

  Android One X5 Android One S5
連続通話時間
(FDD LTE)
約1100分 約1960分
連続通話時間
(3G)
約1200分 約1480分
連続通話時間
(GSM)
約950分 約730分
連続待受け時間
(FDD LTE)
約420時間 約650時間
連続待受け時間
(3G)
約410時間 約750時間
連続待受け時間
(GSM)
約420時間 約670時間

単純なバッテリー容量ではX5の方が上ですが、バッテリー持ちではむしろS5の方が優れているようです。

機能面やデザインの違いを比較

生体認証の対応

Android One X5では 生体認証に対応 しております。
背面の上部に指紋認証センサーが搭載されております。Android One S5では残念ながら非搭載とのことです。

おサイフケータイの対応

Android One X5では おサイフケータイに対応 しております。
キャリアスマホでは多くの端末が採用しておりますが、S5では残念ながら非対応とのこと。

Googleアシスタントボタンの対応

Android One X5では端末のサイドに Googleアシスタントボタンが搭載 されております。
●1回押すと:Googleアシスタントを起動
●2回押すと:Googleレンズを起動
また、ボタンをずっと押していると押している間だけ、Googleアシスタントに話し掛けることができます。
周りの音が多い場所や、長い言葉、住所を聞きたいときに便利です。

端末サイズや重量の違い

Android One X5の
「 153 × 72 × 7.9 mm / 158 g 」に対して、
Android One S5は
「 148 × 71 × 8.1 mm / 149 g 」になります。

端末サイズではS5の方がコンパクトかつ軽量です。厚みではX5の方が薄型です。

カラーバリエーションの違い

Android One X5 Android One S5
ニューモロッカンブルー クールシルバー
ミスティックホワイト ダークブルー
  ローズピンク
どちらの端末もY!mobileから2018年冬モデルとして登場したAndroid Oneシリーズのスマートフォンです。
Android Oneは最新のAndroidを常に利用できるシリーズで、ワイモバイルのメインシリーズとなっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。