P20 liteが1,800円!OCNの期間限定セールが激安!【6月3日まで】

AQUOS R2とP20 liteはどちらが良いのか違いを比較!

シャープからAQUOSシリーズの最新モデル「AQUOS R2」が発表されました。
今回はSIMフリーモデルとしても人気のHUAWEI製「P20 lite」がauのラインナップに加わったので、そちらと比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

AQUOS R2とP20 liteのスペック比較

スペック比較表
名称 AQUOS R2 P20 lite
画像
メーカー シャープ HUAWEI
発売時期 2018年6月 2018年6月
OS Android 8.0 Android 8.0
CPU SDM845
オクタコア
2.45GHz
Kirin659
オクタコア
2.36GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大400GB 最大256GB
画面サイズ 6.0 インチ 5.8 インチ
画面解像度 3040×1440
WQHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 2260万画素
1630万画素
1600万画素
200万画素
前面カメラ 1630万画素 1600万画素
バッテリー 3130mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
ハイレゾ 対応
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
156 mm 149 mm
機種サイズ
(横幅)
74 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
9.0 mm 7.4 mm
機種重量 181 g 145 g
カラー リキッドシルバー
リキッドブラック
ディープグリーン
クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

AQUOS R2の
「 SDM 845 」に対して、
P20 liteは
「 Kirin 659 」になります。

AQUOS R2ではクアルコム社のハイエンドSoC「SDM 845」が搭載されており、こちらは2018年夏時点では間違いなくトップクラスの性能を誇ります。Antutuのベンチマークスコアも25万前後と言うハイスコアを記録しています。
一方のP20 liteでは自社開発のKirin659が搭載されており、こちらはコスパに優れたミドルレンジ向けのSoCとなります。HUAWEIのSIMフリースマホnova lite2やMate10 liteにも採用されており、Antutuのベンチマークスコアは8万~9万程度。
SDM 845と比べると低スコアに感じますが、普段使いであれば全く問題ありませんし、3D系の重いアプリをのぞけばかなり快適に動作します。

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

AQUOS R2の
「 最大400GB 」に対して、
P20 liteは
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

AQUOS R2の
「 6.0 インチ 」に対して、
P20 liteは
「 5.8 インチ 」になります。

どちらも大型のワイドディスプレイが搭載されておりますが、AQUOS R2の方がわずかに大型となります。

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

AQUOS R2の
「 3040×1440(WQHD+) 」に対して、
P20 liteは
「 2160×1080(FHD+) 」になります。

どちらも縦横比は18:9となっておりますが、AQUOS R2ではWQHD+と言う高解像度仕様となっております。

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。まず背面の画素数が、

AQUOS R2の
「 2260万+1630万画素 」に対して、
P20 liteは
「 1600万+200万画素 」になります。

どちらの端末も2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
AQUOS R2では片方が動画専用レンズとなっており、AI対応となっており自動でおすすめの撮影シーンを選んでくれます。

そしてインカメラの画素数が、

AQUOS R2の
「 1630万画素 」に対して、
P20 liteは
「 1600万画素 」になります。

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

AQUOS R2の
「 3130mAh 」に対して、
P20 liteは
「 3000mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではAQUOS R2の方がわずかに上となっております。

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「防水防塵」

AQUOS R2では 防水防塵に対応 しております。最近の端末では対応しているものも多いですが、P20 liteでは残念ながら非対応となっております。
スマホの防水の種類-IPX5/7とIPX5/8の性能の違い-

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「おサイフケータイ」

AQUOS R2では おサイフケータイに対応 しております。こちらはキャリアスマホではほとんどが対応している機能ですが、P20 liteでは非対応なので注意しましょう。

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「ハイレゾ」

AQUOS R2では ハイレゾに対応 しております。こちらも最近のキャリアスマホで多く対応している機能になりますが、P20 liteでは非対応です。

AQUOS R2とP20 liteの違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はP20 liteの方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。

まとめると

auの代金を参考にすると、
AQUOS R2の端末代金が95,040円で、
P20 liteの端末代金が32,400円となっております。
もちろんキャンペーンが絡んで実質負担金はもっと安くなります。あくまで端末代金です。

価格差もあって動作面・機能面共にAQUOS R2の方が優秀です。
特にCPUでは2018年夏のフラグシップモデルに多く採用されているSDM845が搭載されており、
Antutuのベンチマーク差は15万もの差が付いています。AIのデュアルカメラやWQHD+の高解像度ディスプレイなどに加えて、「防水防塵」「おサイフケータイ」「ハイレゾ」対応と機能面でもAQUOS R2の方が優秀と言えます。

一方のP20 liteを選ぶメリットはと言うと、やはり価格の安さでしょう。
価格の安い端末で、かつある程度の水準のアプリをプレイする予定があればP20 liteはめちゃくちゃオススメです!
最新のハイスペックでかつ機能面の充実した端末を探しているのであればAQUOS R2を、コストパフォーマンスに優れた端末をお探しの場合はP20 liteを選びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。