R17 Proが38,000円の大割引!IIJmioがお得な夏キャンペーン開催

「AQUOS R3」と「AQUOS R2 compact」のスペックの違いを比較!

ソフトバンクのシャープ製スマホ「AQUOS R3」「AQUOS R2 compact」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

名称 AQUOS R3 AQUOS R2 compact
画像
メーカー シャープ
発売時期 2019年5月 2019年1月
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Snapdragon 855
オクタコア
2.8GHz
1.7GHz
Snapdragon 845
オクタコア
2.8GHz
RAM 6GB 4GB
ROM 128GB 64GB
外部ストレージ 最大512GB 最大512GB
画面サイズ 6.2 インチ
Pro IGZO
5.2 インチ
IGZO
画面解像度 3120×1440
QHD+
2280×1080
FHD+
背面カメラ 1220万画素
2010万画素
2260万画素
前面カメラ 1630万画素 800万画素
バッテリー 3200mAh 2500mAh
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
生体認証 対応 対応
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
機種サイズ (縦幅) 156 mm 131 mm
機種サイズ (横幅) 74 mm 64 mm
機種サイズ (厚み) 8.9 mm 9.3 mm
機種重量 185 g 135 g
カラー プレミアムブラック
プラチナホワイト
エレガントグリーン
スモーキーグリーン
ディープホワイト
ピュアブラック

価格の違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
113,760円 82,080円

ソフトバンクの端末代金ではAQUOS R2 compactの方が31,680円安く設定されております。

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
Snapdragon 855
オクタコア
2.8GHz
1.7GHz
Snapdragon 845
オクタコア
2.8GHz

搭載されているCPUに違いがあります。CPUはスマホの動作面に最も影響を与えるパーツです。どちらの端末もクアルコム社のチップセットが採用されております。

AQUOS R3ではスナドラ855が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは35万前後を記録しております。

一方のAQUOS R2 compactではその前作にあたるスナドラ845が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは28万前後を記録しております。

AnTuTuのベンチマークはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。後続モデルのスナドラ855の方がハイスコアを記録しているので、動作性能はAQUOS R3の方が優れています。

RAMの違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
6GB 4GB

RAMもまた動作面に影響を与えるパーツです。主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高いほど快適な動作に期待出来ます。

ストレージの違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
内部ストレージ:
128GB
外部ストレージ:
最大512GB
内部ストレージ:
64GB
外部ストレージ:
最大512GB

ROMは内部ストレージのことで、端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する場合には大容量が必要になります。

ディスプレイの違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
6.2インチ,Pro IGZO,3120×1440(QHD+),19.5:9 5.2インチ,2280×1080(FHD+),19:9,IGZO

AQUOS R3の6.2インチディスプレイに対して、AQUOS R2 compactは5.2インチのコンパクトディスプレイが搭載されております。

どちらもディスプレイにシャープ独自の「IGZO」が採用されておりますが、AQUOS R3では「Pro IGZO」に対応しており、10億色の表現力と明るさが特徴です。またIGZOお馴染みのリフレッシュレート120Hzにも対応しております。

そして解像度ではQHD+を搭載したAQUOS R3の方が高解像度となっております。画面解像度は画面の縦横の点の数のことなので、高解像度であるほど細かいところまで色を表現することが出来ます。

カメラの違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
1220万+2010万画素 2260万画素
1630万画素 800万画素

AQUOS R3では「静止画用」「動画用」のデュアルカメラが搭載されており、「ポートレート」機能や「AI ライブシャッター」「AI ライブストーリー」などのAIを使った機能に対応しております。

さらに前面のカメラ画素数もAQUOS R3の方が高画素です。

バッテリーの違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
3200mAh 2500mAh

バッテリー容量にも違いがあります。単純な容量ではAQUOS R3の方が上回っています。

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
連続通話時間
4G LTE(FDD-LTE):約1920分
3G(W-CDMA):約1800分
GSM:約870分
連続待受時間
4G LTE(FDD-LTE):約605時間
4G(AXGP):約600時間
3G(W-CDMA):約685時間
GSM:約580時間
連続通話時間
4G LTE(FDD LTE):約1900分
3G(W-CDMA):約1390分
GSM:約820分
連続待受時間
4G LTE(FDD-LTE):約490時間
4G(AXGP):約490時間
3G(W-CDMA):約540時間
GSM:約480時間

こちらはソフトバンクが公表している連続使用時間です。ほとんどの項目でAQUOS R3の方が長持ちです。


機能面やデザインの違いを比較

フルセグの対応

AQUOS R3ではワンセグ・フルセグに対応しております。ワンセグ・フルセグはテレビの地上デジタル放送が視聴できる機能です。

端末サイズや重量の違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
156 × 74 × 8.9 mm
185 g
131 × 64 × 9.3 mm
135 g

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はAQUOS R2 compactの方が圧倒的にコンパクトかつ軽量となっております。厚みではむしろAQUOS R3の方が薄くなっております。

カラーバリエーションの違い

AQUOS R3 AQUOS R2 compact
プレミアムブラック スモーキーグリーン
プラチナホワイト ピュアブラック
エレガントグリーン ディープホワイト

結局どちらが良いのか

まず動作性能では、スナドラ845の後続スナドラ855を搭載したAQUOS R3の方が優れています。AnTuTuのベンチマークスコアでは7万ほどのスコア差があります。さらにRAMもAQUOS R3の方が2GB多く搭載されております。

ディスプレイではAQUOS R3がIGZOよりも明るいPro IGZOディスプレイが搭載しており、画面解像度もQHD+となっております。さらにカメラではAQUOS R3が「静止画用」「動画用」のデュアルカメラ搭載で、「ポートレート」機能や「AI ライブシャッター」「AI ライブストーリー」などのAIを使った機能を使うことが出来ます。

ここまでの性能だとAQUOS R3の方がほとんどの項目で優れていますが、AQUOS R2 compactを選ぶメリットもあります。それはやはり名前にもあるように「コンパクトさ」でしょう。5.2インチのワイドディスプレイが搭載されたコンパクトモデルなので、131×64mmと言う小ささを実現しています。しかもAQUOS R2 compactではスナドラ845が搭載されています。コンパクトモデルでハイスペックなモデルはかなり数が限られていますので、ハイスペックなコンパクトモデルをお探しの方がいれば最有力候補となります。(最近ではPixel 3と言う選択肢も)

さいごに忘れてはいけないのが価格差です。AQUOS R3は様々なスペックが優れていますが、AQUOS R2 compactより3万円ほど高く設定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。