AX 7が4,800円で買えるIIJmioの夏限定セール開催!【9月30日まで】

「AQUOS sense2」と前作「AQUOS sense」のスペックの違いを比較!

2018年秋冬モデルとしてシャープからAQUOS sense2が登場しました。
今回は前作モデルにあたるAQUOS senseからどの様な部分が進化したのか、スペックの違いを比較してみました!※例としてau版を取り上げています。

スペック比較表

名称 AQUOS sense2 AQUOS sense
画像
メーカー シャープ
発売時期 2018年11月 2017年10月
OS Android 8.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
Snapdragon 430
クアッドコア
1.4GHz
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大512GB 最大256GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.0 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
1920×1080
FHD
背面カメラ 1200万画素 1310万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 2700mAh 2700mAh
連続待受時間 約650時間 約650時間
連続通話時間 約1,910分 約1,330分
電池持ち時間 約125時間 約90時間
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
ハイレゾ 対応
生体認証 対応 対応
USB Type-C Type-C
機種サイズ
(縦幅)
148 mm 144 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
8.4 mm 8.6 mm
機種重量 155 g 148 g
カラー アイスグリーン
シルキーホワイト
ピンクゴールド
ニュアンスブラック
オパールグリーン
シルキーホワイト
ミスティピンク
ベルベットブラック

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSのバージョンが変更されています。

AQUOS sense2の
「 Android 8.1 」に対して、
前作AQUOS senseは
「 Android 7.1 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

CPUの違い

また搭載されているCPUも変更されています。

AQUOS sense2の
「 Snapdragon 450 」に対して、
前作AQUOS senseは
「 Snapdragon 430 」になります。

どちらの端末もクアルコム社のチップセットが採用されており、
前作ではエントリーモデルに向けたスナドラ430が搭載されており、今作ではその後続モデルスナドラ450が搭載されております。
前作のスナドラ430のAnTuTuスコアは58000前後を記録しておりましたが、今作のスナドラ450では70000前後を記録しております。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数も変更されています。

AQUOS sense2の
「 最大512GB 」に対して、
前作AQUOS senseは
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

画面サイズの違い

画面サイズも変更されています。

AQUOS sense2の
「 5.5 インチ 」に対して、
前作AQUOS senseは
「 5.0 インチ 」になります。

前作では縦横比16:9の5型コンパクトディスプレイが搭載されておりましたが、
今作では縦横比18:9の5.5型ワイドディスプレイが搭載されております。

画面解像度の違い

画面解像度も変更されています。

AQUOS sense2の
「 2160×1080(FHD+) 」に対して、
前作AQUOS senseは
「 1920×1080(FHD) 」になります。

先ほども触れましたが、前作では縦横比16:9のスタンダードなディスプレイとなっておりましたが、今作では縦横比18:9のワイドディスプレイが搭載されております。
解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。前作とはこの点の縦横の比率に違いがあるというわけですね。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。

AQUOS sense2の
「 1200万画素 」に対して、
前作AQUOS senseは
「 1310万画素 」になります。

背面カメラの画素数はむしろ下がりましたが、F値は2.2から2.0へと変更されています。
またAIオートにも対応とのことで、写真撮影時に、料理や夕景など撮影するシーンにぴったりのモードをAIが自動でセレクトしてくれます。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

AQUOS sense2の
「 800万画素 」に対して、
前作AQUOS senseは
「 500万画素 」になります。

バッテリーの違い

バッテリー容量自体は変わらず2700mAhとなっておりますが、
auの公式サイトによると連続通話時間が前作よりも向上しているとのことです。

機能面やデザインの違いを比較

Wi-Fi対応周波の違い

前作では2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応となっておりましたが、今作では5GHz帯(a/ac)にも対応しております。
スマホWi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いとは?a/b/g/n/ac?

ハイレゾの対応

前作では非対応でしたが、今作ではハイレゾにも対応しております。

端末サイズや重量の違い

ディスプレイ仕様の変更により、前作よりも縦幅は大きくなっていますが横幅や厚みではむしろコンパクト化しています。

生体認証の対応

今作sense2では生体認証に顔認証が追加されております。

まとめ

前作からの進化と言う意味ではかなり順当なアップグレードが施されています。
まず動作性能ではスナドラ430から450へと変更されておりますし、ストレージではROMは変わりませんが外部ストレージの対応数が増量。
そして画面ではスタンダードなコンパクトディスプレイから5.5型のワイドディスプレイへと変更されており、画面サイズが大きくなったものの端末サイズはコンパクトさをキープしています。
カメラは画素数こそ低下しておりますが、F値が2.0へと変更されており、新たにAIモードも追加されています。
さらに機能面ではWi-Fi5GHz帯とハイレゾに新たに対応しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。