nova lite 3が3,480円、Mate 20 Proが52,800円!OCNの投げ売りセール開催中【8月5日まで】

「AQUOS sense2」と「iPhone 6s」のスペックの違いを比較!

ドコモの「docomo with」対象端末であるシャープ製スマホ「AQUOS sense2 SH-01L」とアップル製スマホ「iPhone 6s」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

名称 AQUOS sense2 iPhone 6s
画像
メーカー シャープ アップル
発売時期 2018年11月 2015年9月
OS Android 8.1 iOS 10
CPU Snapdragon 450
オクタコア
Apple A9
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大512GB 非搭載
画面サイズ 5.0 インチ 4.7 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
1334×750
背面カメラ 1200万画素 1200万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 2700mAh 1715mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
USB USB Type-C Lightning
生体認証 対応 対応
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
機種サイズ
(縦幅)
148 mm 67.1 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 138.3 mm
機種サイズ
(厚み)
8.4 mm 7.1 mm
機種重量 155 g 143 g
カラー シャンパンゴールド
シルキーホワイト
ニュアンスブラック
ブロッサムピンク
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
ローズゴールド
参考価格 31,752円 39,600円

価格を比較

AQUOS sense2の
「 31,752円 」に対して、
iPhone 6sは
「 39,600円 」になります。

あくまで端末代金です。もちろん「docomo with」が適用されるので実質負担金ではもっと安くなります。

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

AQUOS sense2の
「 Android 8.1 」に対して、
iPhone 6sは
「 iOS 10 」になります。

iPhone 6sではiPhoneシリーズお馴染みのiOSが搭載されており、一方のGalaxy Feel2ではAndroid OSが搭載されています。
もちろんどちらも一長一短で人によって扱いやすさが異なります。

CPUの違い

また搭載されているCPUにも違いがあります。

AQUOS sense2の
「 Snapdragon 450 」に対して、
iPhone 6sは
「 Apple A9 」になります。

CPUはスマホの動作面に影響を与える最も重要なパーツです。
AQUOS sense2ではクアルコム社のエントリーモデル向けスナドラ450が搭載されており、Antutuベンチマークスコアでは7万前後を記録しており、
一方のiPhone 6sではアップル独自開発のチップセットApple A9が搭載されており、Antutuベンチマークスコアで13万超えを記録しています。
ベンチマークスコア差を見れば分かるように、動作性能ではiPhone 6sの方が優れています。

RAMの違い

まず搭載されているRAMの数値に違いがあります。

AQUOS sense2の
「 3GB 」に対して、
iPhone 6sは
「 2GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

AQUOS sense2の
「 最大512GB 」に対して、
iPhone 6sは
「 非搭載 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
iPhone 6sでは非搭載となっております。

画面サイズの違い

画面サイズにも違いがあります。

AQUOS sense2の
「 5.5 インチ 」に対して、
iPhone 6sは
「 4.7 インチ 」になります。

AQUOS sense2ではワイドディスプレイ+ベゼルレス設計が採用されており、縦長のディスプレイが搭載されております。
一方のiPhone 6sは4.7インチのコンパクトディスプレイが特徴的です。

画面解像度の違い

画面解像度にも違いがあります。

AQUOS sense2の
「 2160×1080 」に対して、
iPhone 6sは
「 1334×750 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。
先ほども記載したようにAQUOS sense2では縦横比18:9のワイドディスプレイ+ベゼルレス設計が採用されており、画面占有率も高く表示領域も広くなっております。

カメラの違い

背面の画素数はどちらも1200万画素ですが、前面の画素数に違いがあります。

AQUOS sense2の
「 800万画素 」に対して、
iPhone 6sは
「 500万画素 」になります。

どちらの端末も流行りのデュアルカメラではなくシングルレンズとなります。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

AQUOS sense2の
「 2700mAh 」に対して、
iPhone 6sは
「 1715mAh 」になります。

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではAQUOS sense2の方が上回っています。

機能面やデザインの違いを比較

防水防塵の対応

AQUOS sense2では 防水防塵に対応 しております。
防水防塵は人によって必須の機能です。

おサイフケータイの対応

AQUOS sense2では おサイフケータイに対応 しております。
こちらもまた人によっては必須の機能となります。

端末サイズや重量の違い

AQUOS sense2の
「 148 × 71 × 8.4 mm / 155 g 」に対して、
iPhone 6sは
「 138.3 × 67.1 × 7.1 mm / 143 g 」になります。

画面サイズの違いもあって、端末サイズではiPhone 6sの方がコンパクトかつ薄型軽量です。

カラーバリエーションの違い

AQUOS sense2 iPhone 6s
シルキーホワイト
スペースグレイ
シャンパンゴールド
シルバー
ブロッサムピンク
ローズゴールド
ニュアンスブラック
ゴールド

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。