前回即売れ!R15 Neoが100円で買えるmioの投売りセール第三弾開催!

「AQUOS sense2」と「Mate 20 Pro」のスペックの違いを比較!

シャープ製スマホ「AQUOS sense2 SH-M08」とHUAWEI製スマホ「Mate 20 Pro」のスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

AQUOS sense2とMate 20 Proのスペック比較表

スペック比較表
名称 AQUOS sense2 Mate 20 Pro
画像
メーカー シャープ HUAWEI
発売時期 2018年12月 2018年12月
OS Android 8.1 Android 9.0
CPU Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
Kirin 980
オクタコア
2.6GHz
RAM 3GB 6GB
ROM 32GB 128GB
外部ストレージ 最大400GB 最大256GB
(HUAWEI NM Card)
画面サイズ 5.5インチ 6.39 インチ
有機EL
画面解像度 2160×1080
FHD+
3120×1440
QHD+
背面カメラ 1200万画素 4000万画素
2000万画素
800万画素
前面カメラ 800万画素 2400万画素
バッテリー 2700mAh 4200mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS 対応
DSDV
USB USB Type-C USB Type-C
指紋認証 対応 対応
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応
機種サイズ
(縦幅)
148 mm 157.8 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 72.3 mm
機種サイズ
(厚み)
8.4 mm 8.6 mm
機種重量 155 g 189 g
カラー シルキーホワイト
ニュアンスブラック
ピンクゴールド
ミッドナイトブルー
トワイライト
参考価格 33,700円 111,880円

※Mate20 ProはSIMフリーモデルを取り上げています。ソフトバンク版はシングルSIMです。

AQUOS sense2とMate 20 Proの価格比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
33,700円 111,880円

まず発売時の価格に違いがあります。あくまで発表時の価格なので、時期やキャンペーン次第で変動します。

OSの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
Android 8.1 Android 9.0

またプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介しておきます。Android 9.0ではホームボタンメニューの刷新や、ノッチデザインのレイアウト対応などを筆頭にさまざまな新機能や改善が行われています。

CPUの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
Kirin 980
オクタコア
2.6GHz

搭載されているCPUにも違いがあります。CPUはスマホの動作面に影響を与える最も重要なパーツです。

AQUOS sense2ではクアルコム社のスナドラ450が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアでは7万5000前後を記録しております。

一方のMate 20 Proではハイシリコン社のKirin 980が搭載されており、AnTuTuベンチマークスコアでは30万超えを記録しております。

ベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールとなっており、スコアではKirin980を搭載したMate 20 Proの方が上です。

RAMの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
3GB 6GB

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

ストレージの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ:
最大400GB
内部ストレージ:
128GB
外部ストレージ:
最大256GB

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

また外部ストレージの対応数にも違いがあります。外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。

ディスプレイの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
5.5インチ,2160×1080(FHD+),18:9,IGZO,リッチカラーテクノロジーモバイル 6.39インチ,3120×1440(QHD+),19.5:9,OLED

画面サイズは5.5インチのAQUOS sense2の方がコンパクトです。またどちらの端末もワイドディスプレイ+ベゼルレス設計の組み合わせが採用されております。

そして画面解像度にも違いがあります。解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。Mate 20 Proの方がQHD+なので高解像度となっております。

カメラの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
1200万画素,CMOS 裏面照射積層型,F値2.0,ハイスピードAF 4000万+2000万+800万画素,広角,超広角,望遠
800万画素,CMOS 裏面照射型,F値2.2 2400万画素

Mate 20 Proではライカ監修のレンズが採用されており、広角・超広角・望遠のトリプルカメラ仕様となっております。公式サイトではトリプルカメラとAI撮影への言及が多いです。

AIによって強化された新しいLeicaトリプルカメラで、大切なシーンを撮る。息をのむほど美しい写真に人生のドラマ、背景、色どり、美しさを高精細に表現できます。

約4000万画素の広角レンズ、約800万画素の3倍光学望遠レンズ、そして約2000万画素の超広角レンズを搭載し、表現の幅がさらに広がります。

アップグレードされたAIによる撮影は、1500以上のシナリオと25種類のカテゴリを認識。異なるオブジェクトやシーンを1つの写真の中に分類し最適化することが可能です。 色、明るさとコントラストは、完璧なバランスで写真を細かく描画するのと同じように、自動的かつ正確に調整されます

バッテリーの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
2700mAh 4200mAh
連続通話時間:
約1920分(VoLTE)
約1480分(3G)
連続待受時間:
約620時間(4G)
約690時間(3G)
不明

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではMate 20 Proの方が上回っています。

Mate 20 ProはDSDVに対応!

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
非対応 DSDV

Mate 20 ProではデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しております。
DSDSは3G+4Gの同時待受けが可能な機能となっており、SIM2枚を利用する方には重要な機能となります。

AQUOS sense2はおサイフケータイに対応!

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
対応 非対応

AQUOS sense2ではおサイフケータイに対応しております。
こちらもまた対応端末が少ない機能となっており、人によっては欠かせない機能となります。

対応Bandの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
4G 1 / 3 / 5 / 8 / 12 / 17 / 19 / 26 / 41 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 32 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41
3G 1 / 5 / 6 / 8 / 19 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
不明

端末サイズの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
148 × 71 × 8.4 mm
155 g
157.8 × 72.3 × 8.6 mm
189 g


画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はAQUOS sense2の方がコンパクトかつ薄型軽量です。

カラーバリエーションの違いを比較

AQUOS sense2 Mate 20 Pro
シルキーホワイト ミッドナイトブルー
ニュアンスブラック トワイライト
ピンクゴールド  

端末の購入方法・キャンペーン情報

AQUOS sense 2の開催キャンペーン
楽天モバイル楽天モバイル
端末価格:14,780円

ダブル元年記念スマホ割引キャンペーン開催中!
AQUOS sense2(29,800円)をキャンペーン期間中に通話SIMで購入した場合、15,020円割引が適用!
2019年5月9日までの期間限定なのでお早めに。

OCN モバイル ONE
端末価格:21,800円

対象オプションの同時加入で2,500円割引が適用!

IIJmio(みおふぉん)
実質価格:24,800円

シェアNo1記念キャンペーン開催中! AQUOS sense 2(29,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券5,000円が貰えます!さらに同時開催キャンペーンにて「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」が適用されます。 2019年5月8日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:20,700円~28,700円

サイト限定キャッシュバック特典!
AQUOS sense 2(33,700円)をSIM契約した場合、各プランに応じた特典あり!最大13,000円キャッシュバック!
Mate 20 Proの開催キャンペーン
OCN モバイル ONE
端末価格:84,800円

対象オプションの同時加入で2,500円割引が適用!

IIJmio(みおふぉん)
実質価格:88,000円

シェアNo1記念キャンペーン開催中! Mate 20 Pro(98,000円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券10,000円が貰えます!さらに同時開催キャンペーンにて「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」が適用されます。 2019年5月8日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:69,880円~81,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でMate 20 Pro(105,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。