AQUOS sense4とmoto g9 playのスペックの違いを比較

シャープ製スマホ「AQUOS sense4」とモトローラ製スマホ「moto g9 play」のスペックの違いを比較してみました。
どちらの端末を購入するか迷っている方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

スペック比較表

名称 AQUOS sense4 moto g9 play
画像 AQUOS sense4 小さい画像 moto g9 play 小さい画像
メーカー シャープ モトローラ
発売時期 2020年11月 2020年10月
OS Android 10 Android 10
CPU Snapdragon 720G
オクタコア
2.3GHz
1.8GHz
Snapdragon 662
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大1TB 最大512GB
ディスプレイ 5.8 インチ
IGZO
6.5 インチ
画面解像度 2280×1080
FHD+
1600×720
HD+
画面占有率 不明 不明
アスペクト比 19:9 20:9
背面カメラ 1200万画素
1200万画素
800万画素
4800万画素
200万画素
200万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 4570mAh 5000mAh
急速充電 対応 20W
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
Bluetooth 5.1 5.0
DSDS DSDV DSDV
トリプルスロット
生体認証 指紋
指紋
防水防塵 IP68
おサイフケータイ 対応
通信(5G)
通信(4G) B1 / 3 / 5 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 39 / 41 B1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41
通信(3G) B1 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 148 mm 165.2 mm
機種サイズ (横幅) 71 mm 75.7 mm
機種サイズ (厚み) 8.9 mm 9.2 mm
機種重量 177 g 200 g
カラー ライトカッパー
ブラック
シルバー
サファイアブルー
フォレストグリーン
参考価格 35,000円前後 24,800円

<スポンサーリンク>

AQUOS sense4とmoto g9 playの違いは9点

AQUOS sense4とmoto g9 playの主な違いは9点ほどあります。

AQUOS sense4とmoto g9 playの比較ポイント

  • AQUOS sense4の方が動作性能が上
  • AQUOS sense4の方が外部ストレージが多い
  • AQUOS sense4の方が画面解像度が高い
  • AQUOS sense4の方がサイズがコンパクト
  • AQUOS sense4はおサイフケータイ対応
  • AQUOS sense4は防水防じん対応
  • moto g9 playの方がカメラが高画素
  • moto g9 playの方がバッテリーが多い
  • moto g9 playの方が価格が安い
AQUOS sense4はおサイフケータイ防水防じん対応の国産スマホ!

blankイッテツ

moto g9 playは25,000円で買える格安モデル。画面解像度がHD+なので注意。

blankイッテツ

価格を比較

AQUOS sense4 moto g9 play
35,000円前後 24,800円

発売時の価格に違いがあります。あくまで発売時の価格なので時期やキャンペーン次第で変動します。

<スポンサーリンク>

主なスペックや動作性能の違いを比較

blank

AQUOS sense4とmoto g9 playの主なスペックや動作性能の違いを比較してみました。

CPUの違い

AQUOS sense4 moto g9 play
Snapdragon 720G
オクタコア
2.3GHz
1.8GHz
Snapdragon 662
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz

まず搭載されているCPUに違いがあります。AQUOS sense4はクアルコム社のSnapdragon 720Gが搭載されておりますが、moto g9 playはSnapdragon 662が搭載されております。

AQUOS sense4のAnTuTuベンチマークスコアは25万前後を記録しておりますが、一方のmoto g9 playは18万前後を記録しております。単純な動作性能はAQUOS sense4の方が上です。
参考:スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説

ストレージの違い

AQUOS sense4 moto g9 play
内部64GB
外部1TB
内部64GB
外部512GB

ストレージの容量にも違いがあります。ストレージはスマホ本体に保存できる「内部ストレージ(ROM)」とSDカードを使って保存できる「外部ストレージ」の2つに分かれています。

どちらも内部ストレージは64GBですが、外部ストレージはAQUOS sense4の方が対応数が上です。

ディスプレイの違い

AQUOS sense4 moto g9 play
5.8インチ,2280×1080(FHD+),IGZO,19:9 6.5インチ,1600×720(HD+),20:9

AQUOS sense4は5.8インチのIGZOディスプレイが搭載されておりますが、moto g9 playは6.5インチの液晶ディスプレイが搭載されております。

また画面解像度にも違いがあります。画面解像度は画面の縦横の点の数の事で、この点それぞれに色が入ることによって画面が映ります。AQUOS sense4の方が高解像度なので、より細かいところまで色を表現できます。
参考:FHD?WQHD?スマホの画面解像度とは

カメラの違い

AQUOS sense4 moto g9 play
1200万画素
1200万画素
800万画素
4800万画素
200万画素
200万画素
800万画素 1600万画素

どちらの端末も背面に3つのレンズを搭載するトリプルカメラが採用されております。

AQUOS sense4のトリプルカメラの役割は以下の通り。

  1. メインレンズ⇒1200万画素(F2.0)
  2. 広角レンズ⇒1200万画素(F2.4/121°)
  3. 望遠レンズ⇒800万画素(F2.4)

標準レンズ、121度の超広角レンズ、望遠レンズの組み合わせとなっております。

moto g9 playの各レンズは以下の通り。

  1. 標準レンズ⇒4800万画素(メイン/夜景対応)
  2. 接写レンズ⇒200万画素(マクロ)
  3. 深度レンズ⇒200万画素(深度)

一方のmoto g9 playは標準レンズ、深度レンズ、マクロレンズの組み合わせとなっております。メインの4800万画素レンズは夜景にも強いとのことです。メインレンズの画素数だけはmoto g9 playの方が上です。

バッテリーの違い

AQUOS sense4 moto g9 play
4570mAh 5000mAh

バッテリー容量にも違いがあります。バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではmoto g9 playの方が上です。

機能面やデザインの違いを比較

blank

AQUOS sense4とmoto g9 playの対応機能やデザイン・カラーバリエーションの違いなどを比較してみました。

おサイフケータイの対応

AQUOS sense4はおサイフケータイに対応しております。おサイフケータイは、キャリアスマホだとほとんどのスマホが対応しておりますが、SIMフリースマホだと対応端末が少ないです。

対応した電子決済を利用することができるので、人によっては欠かせない機能となります。

防水防じんの対応

AQUOS sense4は防水防じんに対応しております。防水防じんもまたSIMフリースマホでは対応端末が少ないです。

防水防じんに対応していないと、水がかかったりホコリ・塵などが侵入してスマホが壊れてしまうことがあるのでかなり重要な機能です。

端末サイズや重量の違い

AQUOS sense4 moto g9 play
148 × 71 × 8.9 mm
177 g
165.2 × 75.7 × 9.2 mm
200 g
AQUOS sense4とmoto g9 playの比較画像

端末サイズはAQUOS sense4の方がコンパクトです。

カラーバリエーションの違い

AQUOS sense4 moto g9 play
AQUOS sense4 ライトカッパーライトカッパー moto g9 play サファイアブルーサファイアブルー
AQUOS sense4 ブラックブラック moto g9 play フォレストグリーンフォレストグリーン
AQUOS sense4 シルバーシルバー

<スポンサーリンク>

購入方法

AQUOS sense4とmoto g9 playの購入方法をまとめてみました。

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

SIMフリースマホは、「格安SIM」のセット販売キャンペーンを使えばお得に購入出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。

「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」

たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。現在開催中のキャンペーン情報を載せておくので、AQUOS sense4やmoto g9 playを購入する予定の方は、一度キャンペーンをチェックしてみて下さい!

AQUOS sense4の開催キャンペーン

BIGLOBE SIMblank
実質価格:9,520円
(Gポイント大量付与!)
端末セット特典!
セール期間中にAQUOS sense4(29,520円)を音声SIMセットで購入すると、色んなサービスで使えるGポイントが20000ポイントも付与されます!
また「初期費用無料」「月額料金の12か月間550円割引」「セキュリティセット・プレミアム6か月無料」「エンタメフリーオプション6か月無料」など特典多数!
エンタメフリーオプションはYoutubeなど対象サービスの通信量がノーカウントになるお得なオプションです!
2021年5月31日までの期間限定なのでお早めに。

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:7,810円
(投売り特価!)
大特価セール!
AQUOS sense4(24,310円)をセール期間中に購入した場合、16,500円割引が適用されます。
2021年4月16日までの期間限定なのでお早めに。

moto g9 playの開催キャンペーン

OCNモバイルONEOCNモバイルONE
端末価格:1円
(投売り特価!)
moto g9 play(15,180円)をセール期間中に購入した場合、15,179円が適用されます。
2021年4月16日までの期間限定なのでお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。