OCNでnova lite3やAQUOS sense2が800円で買える限定セール開催!【9月30日まで】

AQUOS sense plusとAQUOS R compactはどちらが良いのか違いを比較!

シャープから2018年夏モデルとして「AQUOS sense plus SH-M07」が登場しました。今回は同じくシャープ製のコンパクトモデルで2018年冬に登場した「AQUOS R compact SH-M06」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非最後までご参考下さい^^

スペック比較表

名称 AQUOS sense plus AQUOS R compact
画像
メーカー シャープ
発売時期 2018年6月 2018年1月
OS Android 8.0 Android 8.0
CPU Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大400GB 最大400GB
画面サイズ 5.5 インチ 4.9 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
2032×1080
FHD+
背面カメラ 1640万画素 1640万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3100mAh 2500mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
USB USB Type-C USB Type-C
DSDS
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
生体認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
151 mm 132 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 66 mm
機種サイズ
(厚み)
8.9 mm 9.6 mm
機種重量 157 g 140 g
カラー ブラック
ホワイト
ベージュ
ホワイト
シルバーブラック
価格 45,000円前後 76,550円

価格を比較

AQUOS sense plusの
「 45,000円 」に対して、
AQUOS R compactは
「 76,550円 」になります。

AQUOS sense plusは様々な格安SIMにて取り扱われておりますが、OCN モバイル ONE経由が端末価格も安いのでオススメ。

またどちらの端末も楽天モバイル楽天モバイルが取り扱っているので、2年縛りや3年縛りの契約で実質負担金をかなり安くすることが出来ます。

主なスペックの違いを比較

CPUの違い

まず搭載されているCPUに違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 Snapdragon 630 」に対して、
AQUOS R compactは
「 Snapdragon 660 」になります。

CPUはスマホの動作面に最も影響を与える重要なパーツです。
どちらの端末もキャリアスマホで多く採用されているクアルコム社のチップセットが採用されております。
sense plusではスナドラ630、R compactではスナドラ660が搭載されており、660の方が高性能となります。
同じスナドラ630を搭載したZenFone 5Qとスナドラ660を搭載したZenFone 4のベンチマークスコアがあったので貼っておきます。

ZenFone 5Q
(Snapdragon 630)
ZenFone 4
(Snapdragon 660)

あくまでスコアは同CPUを搭載したZenFone 5QとZenFone 4なので参考程度に。
ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、圧倒的にZenFone 4(スナドラ660)の方が優れているのが分かります。

ディスプレイの違い

画面サイズにも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 5.5インチ 」に対して、
AQUOS R compactは
「 4.9インチ 」になります。

どちらの端末も解像度は「 FHD+ 」となっており、
縦横比18:9の縦長ディスプレイが採用されています。
どちらもベゼルレスなので画面占有率がかなり高くなっております。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 3100mAh 」に対して、
AQUOS R compactは
「 2500mAh 」になります。

単純な容量ではsense plusの方が上回っており、発表されている連続使用時間にも差が出ています。

  AQUOS sense plus AQUOS R compact
連続通話時間
(VoLTE)
約1,850分 約1,530分
連続通話時間
(3G)
約1,690分 約1,300分
連続通話時間
(GSM)
約920分 約670分
連続待受時間
(LTE)
約670時間 約630時間
連続待受時間
(3G)
約780時間 約605時間
連続待受時間
(GSM)
約685時間 約650時間

発表値ではAQUOS sense plusの方が全ての項目で長持ちとなっております。

端末サイズや重量の違い

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はAQUOS R compactの方がコンパクトかつ軽量となっております。
AQUOS R compactではベゼルレスながらにコンパクトディスプレイを搭載しているので、縦幅・横幅共にトップクラスのコンパクトさを誇ります。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

AQUOS sense plusの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:36,800円
(特典あり!)
スマホ代月額300円キャンペーン開催!
AQUOS sense plus(36,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」の特典あり!
2019年7月3日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:0円~8,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS sense plus(32,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

AQUOS R Compactの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:49,800円
(特典あり!)
スマホ代月額300円キャンペーン開催!
AQUOS R compact(49,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年7月3日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:43,800円~55,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS R compact(67,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

結局どちらが良いのか

どちらの端末も防水防塵、おサイフケータイ、指紋認証、USB Type-C、Wi-Fi5GHz帯など機能面がとても充実しております。

両端末の違いとしては、まず動作スペックがAQUOS R compactの方が優れています。スナドラ630とスナドラ660ではAntutuのベンチマークスコアで5万スコアほど差が出ています。
もちろん普段使いであればAQUOS sense plusでもサクサク動くレベルですが、もし重いゲームアプリなんかをプレイするのであればR compactの方が無難ですね。

そして最も大きな違いとしてはやはり「サイズ」です。
AQUOS R compactでは縦幅が132ミリ・横幅が66ミリと言うコンパクトさで、現在のAndroidスマホ市場を考えるとかなり希少なタイプです。
もしコンパクトなSIMフリースマホを探しているのであれば候補には挙がると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。