AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較!

シャープから2018年夏モデルとして「AQUOS sense plus SH-M07」が登場しました。今回は前作にあたる「AQUOS sense lite SH-M05」からどの様な進化を遂げたのかスペックの違いを比較してみました!

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteのスペック比較

スペック比較表
名称 AQUOS sense plus AQUOS sense lite
画像
メーカー シャープ
発売時期 2018年6月 2017年12月
OS Android 8.0 Android 7.1
CPU Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Snapdragon 430
オクタコア
1.4GHz
1.1GHz
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大400GB 最大256GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.0 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
1920×1080
FHD
背面カメラ 1640万画素 1310万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 3100mAh 2700mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
USB USB Type-C USB Type-C
DSDS
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
生体認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
151 mm 144 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
8.9 mm 8.5 mm
機種重量 157 g 147 g
カラー ブラック
ホワイト
ベージュ
ブラック
ホワイト
ゴールド
ターコイズ
ピンク
レッド
ブルー
価格 45,000円前後 33,000円

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの価格比較

AQUOS sense plusの
「 45,000円 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 33,000円 」になります。

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 Android 8.0 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 Android 7.1 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 Snapdragon 630 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 Snapdragon 430 」になります。

CPUは動作面に最も影響を与える重要なパーツです。
どちらもクアルコム社のチップセットが採用されており、sense plusではミドル以上の端末に向けたスナドラ630、sense liteではエントリーモデルに多く採用されているスナドラ430が搭載されております。
同じスナドラ630を搭載したZenFone 5Qとスナドラ430を搭載したZenFone4 Maxのベンチマークスコアがあったので貼っておきます。

ZenFone 5Q
(Snapdragon 630)
ZenFone4 Max
(Snapdragon 430)

あくまでスコアは同CPUを搭載したZenFone 5QとZenFone4 Maxなので参考程度に。
ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、ZenFone 5Qの方が優れているのが分かります。

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 最大400GB 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較「画面」

画面サイズにも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 5.5インチ 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 5.0インチ 」になります。

また画面解像度にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 2160×1080(FHD+) 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 1920×1080(FHD) 」になります。

縦横比16:9のコンパクトディスプレイを搭載しているsense liteから大きく仕様が変更されており、
sense plusでは縦横比18:9の縦長ディスプレイが搭載されています。これによって画面の表示領域が広がっております。
またベゼルレス設計が採用されているので、画面サイズは大きくなりましたが端末サイズはコンパクトに抑えられています。

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 1640万画素 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 1310万画素 」になります。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 800万画素 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 500万画素 」になります。

単純な画素数では背面・前面共にAQUOS sense plusの方が上回っています。

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 3100mAh 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 2700mAh 」になります。

単純な容量ではsense plusの方が上回っており、発表されている連続使用時間にも差が出ています。

  AQUOS sense plus AQUOS sense lite
連続通話時間
(VoLTE)
約1,850分 約850分
連続通話時間
(3G)
約1,690分 約890分
連続通話時間
(GSM)
約920分 約740分
連続待受時間
(LTE)
約670時間 約540時間
連続待受時間
(3G)
約780時間 約630時間
連続待受時間
(GSM)
約685時間 約550時間

発表値ではAQUOS sense plusの方が全ての項目で長持ちとなっております。

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較「Wi-Fi」

AQUOS sense plusでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
sense liteのように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。

AQUOS sense plusとAQUOS sense liteの違いを比較「サイズ」

画面サイズは0.5インチもの差がありますが、AQUOS sense plusはベゼルレス設計によってある程度コンパクトに抑えられています。
さすがに縦幅、厚み、重量ではsense liteの方がコンパクトかつ薄型軽量となっておりますが、横幅ではsense plusの方がコンパクトです。

まとめると

どちらも国産モデルと言うこともあっておサイフケータイに対応しているのが最大の特徴です。
ほかにも防水防塵の対応であったり指紋認証の対応であったりUSB Type-Cの採用など機能面がとても充実しております。

sense liteからの変更点と言う意味では、
縦横比18:9の縦長ディスプレイ+ベゼルレス設計の採用が大きいです。
2018年のトレンドとも言えるこの組み合わせは様々な端末で採用されており、これからもしばらくはメインの仕様となりそうです。
18:9ディスプレイのメリットとしては表示領域が広がっているので多くのコンテンツを表示することが出来る所です。そしてベゼルレスのメリットとしては大画面ディスプレイを搭載しているにも関わらず画面占有率が高くなっているので、端末サイズをコンパクト抑えることが出来るところです。

他にもCPUが純粋に強化されていたり、Wi-Fi5GHz帯の対応、バッテリー持ちの性能が向上などなどsense liteと比べてかなり扱いやすい仕様となっています。
もちろんその分価格が上がっているので、もし今回挙げたsense plusの仕様に魅力を感じないのであれば価格の安いsense liteを選んだ方が良いでしょう。

端末をお探しの方は

AQUOS sense plus キャンペーン情報
OCN モバイル ONE端末価格29,800円
Amazon.co.jp限定特典!Amazon経由での音声SIM契約は、Amazonギフト券2,000円~10,000円が貰えます!
また端末の販売店goo Simsellerにて秋の大特価スマホ市が開催中!
AQUOS sense plus(29,800円)をキャンペーン期間中にらくらくセット(音声SIM)で契約した場合、10,000円OFFにて購入可!
2018年11月1日~2018年11月13日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio実質価格31,800円
IIJmioサプライサービス 3周年記念キャンペーン!AQUOS sense plus(36,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2018年8月22日~2018年12月3日までの期間限定なのでお早めに。

BIGLOBE 格安SIM実質価格25,200円~28,800円
セレクトプラン値引き特典対象!AQUOS sense plus(39,600円)をキャンペーン期間中に「音声通話SIM」で契約した場合、10,800円~14,400円OFF!
2018年10月1日~2018年12月2日までの期間限定なのでお早めに。

nuro mobile実質価格32,500円
月額利用料金1,000円引きキャンペーン開催中!AQUOS sense plus(43,500円)を音声通話付きプラン(Mプラン又はLプラン)で契約した場合、ご利用開始翌月~11ヵ月間 毎月1,000円の割引が適用されます。
2018年11月1日~2018年11月30日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル実質価格0円~8,800円
スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS sense plus(32,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。
AQUOS sense lite キャンペーン情報
OCN モバイル ONE端末価格21,800円
Amazon.co.jp限定特典!Amazon経由での音声SIM契約は、Amazonギフト券2,000円~10,000円が貰えます!
また端末の販売店goo Simsellerにて秋の大特価スマホ市が開催中!
AQUOS sense lite(21,800円)をキャンペーン期間中にらくらくセット(音声SIM)で契約した場合、12,000円OFFにて購入可!
2018年11月1日~2018年11月13日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio実質価格14,800円
IIJmioサプライサービス 3周年記念キャンペーン!AQUOS sense lite(19,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2018年8月22日~2018年12月3日までの期間限定なのでお早めに。

BIGLOBE 格安SIM実質価格15,360円~18,960円
セレクトプラン値引き特典対象!AQUOS sense lite(29,760円)をキャンペーン期間中に「音声通話SIM」で契約した場合、10,800円~14,400円OFF!
2018年10月1日~2018年12月2日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル実質価格0円~5,800円
スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS sense lite(29,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。