OCNでnova lite3やAQUOS sense2が800円で買える限定セール開催!【9月30日まで】

「AQUOS sense plus」と「nova lite2」はどちらが良いのか違いを比較!

シャープから2018年夏モデルとして「AQUOS sense plus SH-M07」が登場しました。今回はHUAWEIから2017-2018年冬に登場した「nova lite2」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非最後までご参考下さい^^

AQUOS sense plusとnova lite2のスペック比較表

名称 AQUOS sense plus nova lite2
画像
メーカー シャープ HUAWEI
発売時期 2018年6月 2018年2月
OS Android 8.0 Android 8.0
CPU Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大400GB 最大128GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.65 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1640万画素 1300万画素
200万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3100mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
USB USB Type-C microUSB
DSDS
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
151 mm 150.1 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 72.05 mm
機種サイズ
(厚み)
8.9 mm 7.45 mm
機種重量 157 g 143 g
カラー ブラック
ホワイト
ベージュ
ブラック
ブルー
ゴールド
価格 45,000円前後 25,980円

AQUOS sense plusとnova lite2の価格比較

AQUOS sense plus nova lite2
45,000円 25,980円

あくまで発表時の価格なので、時期やキャンペーン次第で変動します。
AQUOS sense plusもnova lite2も多くの格安SIMサービスにて取り扱われています。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「CPU」

AQUOS sense plus nova lite2
Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz×4
1.8GHz×4
Kirin 659
オクタコア
2.36GHz×4
1.7GHz×4

まず搭載されているCPUに違いがあります。
AQUOS sense plusではクアルコム社のスナドラ630が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは87000前後を記録しております。
一方のnova lite2ではハイシリコン社のKirin659が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは88000前後を記録しております。

ベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。どちらの端末もかなりスコアが近いのでそこまで大きな性能差はありません。

ちなみにAQUOS sense plusと同じスナドラ630を搭載しているZenFone 5Qとnova lite2のベンチマークスコアがあったので貼っておきます。

ZenFone 5Q
(Snapdragon 630)
nova lite2
(Kirin 659)

あくまでスコアは同CPUを搭載したZenFone 5Qとnova lite2なので参考程度に。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「外部ストレージ」

AQUOS sense plus nova lite2
最大400GB 最大128GB

外部ストレージの対応数にも違いがあります。
外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「画面」

AQUOS sense plus nova lite2
5.5 インチ,IGZO,2160×1080(FHD+),18:9,リッチカラーテクノロジーモバイル 5.65 インチ,TFT,2160×1080(FHD+),18:9

画面サイズにも違いがあります。
どちらの端末も最近のモデルの中では小さめのディスプレイが搭載されており、縦横比18:9のワイドディスプレイとなります。
また画面解像度も同じでFHD+となっております。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「カメラ」

AQUOS sense plus nova lite2
1640万画素,CMOS 裏面照射積層型 1300万画素+200万画素,LEDフラッシュ,像面位相差 + コントラスト AF
800万画素,CMOS 裏面照射型 800万画素,FF

カメラ性能にも違いがあります。
nova lite2では背面に2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様です。
公式サイトによると以下のような記載があります。

ハイスペックの1300万画素と200万画素のダブルレンズカメラは低絞り値のレンズが光をより多く取り込み、見たままに近い写真が撮影できます。さらにダブルレンズは被写体との距離を正確に把握し、ボケ感を出し、プロ顔負けの写真が撮影できます。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「バッテリー」

AQUOS sense plus nova lite2
3100mAh
Quick Charge 3.0,USB Power Delivery
3000mAh

バッテリー容量にも違いがあります。

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではわずかにAQUOS sense plusの方が上です。
またAQUOS sense plusでは急速充電に対応しております。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「USB」

AQUOS sense plus nova lite2
USB Type-C microUSB

USBポートの規格にも違いがあります。
USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「Wi-Fi」

AQUOS sense plus nova lite2
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
b/g/n

AQUOS sense plusでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
nova lite2のように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「防水防塵」

AQUOS sense plus nova lite2
IPX5/IPX8,IP6X 非対応

AQUOS sense plusでは 防水防塵に対応 しております。
SIMフリースマホだとまだまだ対応端末が少ないのでメリットの一つになります。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「おサイフケータイ」

AQUOS sense plus nova lite2
対応 非対応

AQUOS sense plusでは おサイフケータイに対応 しております。
こちらもまた対応端末が少ない機能となっており、人によっては欠かせない機能となります。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「通信」

AQUOS sense plus nova lite2
4G 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 8 / 19 / 26 / 28 / 41 1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20
3G 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
通信速度 下り:350Mbps
上り:75Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「サイズ」

AQUOS sense plus nova lite2
151 × 71 × 8.9 mm
157 g
150.1 × 72.05 × 7.45 mm
143 g

画面サイズは0.15インチだけしか差がないので、端末の縦幅や横幅はほとんど同じです。厚みや重量ではnova lite2の方が薄型で軽量となっております。

AQUOS sense plusとnova lite2の違いを比較「カラー」

AQUOS sense plus nova lite2
ベージュ ブルー
ホワイト ブラック
ブラック ゴールド

まとめると

基本的にはAQUOS sense plusとP20 liteの比較と同じような結果になりました。
AQUOS sense plusでは防水防塵・おサイフケータイの対応が特徴となります。nova lite2では非対応の機能なので、もし防水防塵やおサイフケータイ対応の端末を探しているのであればAQUOS sense plusを選ぶことになります。

一方のnova lite2はコスパ良端末として様々な格安SIMに採用されています。
こちらを選ぶメリットとしてはコスパの高さであったり、格安SIMとのセット購入です。
もしAQUOS sense plusのメリットに魅力を感じないのであればnova lite2を選んでおけば問題ないかと思われます。

端末の購入方法・キャンペーン情報

AQUOS sense plusの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:36,800円
(特典あり!)
スマホ代月額300円キャンペーン開催!
AQUOS sense plus(36,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」の特典あり!
2019年7月3日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:0円~8,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS sense plus(32,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

nova lite 2の開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:1,980円~13,980円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でnova lite 2(25,980円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。