AQUOS sense plusとP20 liteはどちらが良いのか違いを比較!

シャープから2018年夏モデルとして「AQUOS sense plus SH-M07」が登場しました。今回はHUAWEIから2018年夏に登場したP20シリーズのライトモデルにあたる「P20 lite」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非最後までご参考下さい^^
名称 AQUOS sense plus P20 lite
画像
メーカー シャープ HUAWEI
発売時期 2018年6月 2018年6月
OS Android 8.0 Android 8.0
CPU Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
1.8GHz
Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
RAM 3GB 4GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大400GB 最大256GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.8 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
2280×1080
FHD+
背面カメラ 1640万画素 1600万画素
200万画素
前面カメラ 800万画素 1600万画素
バッテリー 3100mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
USB USB Type-C USB Type-C
DSDS
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
生体認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
151 mm 148.6 mm
機種サイズ
(横幅)
71 mm 71.2 mm
機種サイズ
(厚み)
8.9 mm 7.4 mm
機種重量 157 g 145 g
カラー ブラック
ホワイト
ベージュ
クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック
価格 45,000円前後 31,980円

価格を比較

AQUOS sense plusの
「 45,000円 」に対して、
P20 liteは
「 31,980円 」になります。

どちらの端末もOCN モバイル ONEOCNモバイルONEが取り扱っているので端末価格は定価より安くなっております。また楽天モバイル楽天モバイルも取り扱っているので、2年縛りや3年縛りの契約で実質負担金をかなり安くすることが出来ます。

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

まず搭載されているCPUに違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 Snapdragon 630 」に対して、
P20 liteは
「 Kirin 659 」になります。

AQUOS sense plusではキャリアスマホでお馴染みのクアルコム社のチップセットが採用されており、スナドラ630はミドルクラスに多く搭載されています。
一方のP20 liteではHUAWEIのハイシリコン社のチップセットが採用されており、Kirin659はnova lite2やMate10 liteにも搭載されているコスパに優れたモデルとなります。
スナドラ630を搭載しているZenFone 5QとKirin659を搭載しているnova lite2のベンチマークスコアがあったので貼っておきます。

ZenFone 5Q
(Snapdragon 630)
nova lite2
(Kirin 659)

あくまでスコアは同CPUを搭載したZenFone 5Qとnova lite2なので参考程度に。
ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、ほぼ同スコアです。

RAMの違い

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 3GB 」に対して、
P20 liteは
「 4GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

ディスプレイの違い

画面サイズにも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 5.5インチ 」に対して、
P20 liteは
「 5.8インチ 」になります。

どちらの端末も解像度は FHD+ となっており、
AQUOS sense plusでは縦横比18:9の、P20 liteでは縦横比19:9の縦長ディスプレイが搭載されております。
どちらもベゼルレスなので画面占有率がかなり高くなっておりますが、P20 liteでは上部がノッチ(切り欠き)デザインになっています。


▲P20 liteの上部ノッチ部分。iPhone Xの登場からいくつかの端末で採用されています。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 1640万画素 」に対して、
P20 liteは
「 1600万+200万画素 」になります。

P20 liteでは2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様が採用されています。

HUAWEI P20 liteのダブルレンズカメラの イメージセンサーのピクセルサイズ1.12μm、F値2.2の約1600万画素のレンズは、より多くの光を取り込みながら、奥行きも読み取る設計。いつでもすぐに鮮明な写真が撮れます。 組み合わされた約200万画素のレンズが、プロフェッショナルなボケ味を出す。2つレンズの組み合わせにより、被写体と背景を正確にとらえて美しい写真の撮影を可能にしました。

との記載があります。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 800万画素 」に対して、
P20 liteは
「 1600万画素 」になります。

P20 liteではインカメラにも高画素なレンズが搭載されています。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 3100mAh 」に対して、
P20 liteは
「 3000mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではわずかですがAQUOS sense plusの方が上です。

機能面やデザインの違いを比較

生体認証の対応

どちらも指紋認証センサーを搭載しておりますが配置に違いがあります。

AQUOS sense plusの
「 前面下部 」に対して、
P20 liteは
「 背面上部 」になります。

またP20 liteでは 顔認証にも対応 しております。

防水防塵の対応

AQUOS sense plusでは 防水防塵に対応 しております。

おサイフケータイの対応

AQUOS sense plusでは おサイフケータイに対応 しております。

端末サイズや重量の違い

画面サイズはP20 liteの方が大きいですが、むしろ端末サイズではP20 liteの方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

AQUOS sense plusの開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:0円~8,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS sense plus(32,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

P20 liteの開催キャンペーン

UQモバイル
実質価格:28,680円

サイト限定キャッシュバック特典! P20 lite(31,680円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!

結局どちらが良いのか

AQUOS sense plusではおサイフケータイと防水防塵に対応しているのが特徴的です。
もしおサイフケータイや防水防塵対応の端末を探しているのであればAQUOS sense plusを選びましょう。

一方のP20 liteを選ぶメリットとしては、まず価格の安さがあります。
AQUOS sense plusと比べて1万円以上安いにも関わらず、ベンチマークスコアは同スコアとなっているので性能面では劣っていません。
またそれに加えてP20 liteではデュアルカメラも搭載しており、こちらはポートレート撮影などのボケ効果が期待が出来ます。インカメラの画素数の高さもメリットのひとつです。

そしてどちらの端末も縦長ディスプレイ+ベゼルレスの仕様が採用されていますが、P20 liteでは加えて上部のノッチデザインも採用されています。
こちらは賛否分かれるものの、設定で非表示にすることも出来るので気に入らなければ非表示にすれば良いだけです。

もしおサイフケータイの対応や防水防塵の対応にメリットを感じないのであれば、間違いなくP20 liteをオススメします。
この価格でこれだけのパフォーマンスや機能を備えており、コスパで言えばトップクラスの端末です。

どちらの端末も多くの格安SIMにて採用されているのでキャンペーンが絡めばもっともっと安く入手出来るかもしれません。

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。