OCNでnova lite3やAQUOS sense2が800円で買える限定セール開催!【9月30日まで】

「AX 7」と「R15 Neo」のスペックの違いを比較!

OPPO製SIMフリースマホ「AX 7」「R15 Neo」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

名称 AX 7 R15 Neo
画像
メーカー OPPO
発売時期 2018年12月 2018年11月
OS ColorOS 5.2 ColorOS 5.1
CPU Snapdragon 450
オクタコア
Snapdragon 450
オクタコア
RAM 4GB 3GB
4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 6.2 インチ 6.2 インチ
画面解像度 1520×720
HD+
1520×720
HD+
背面カメラ 1300万画素
200万画素
1300万画素
200万画素
前面カメラ 1600万画素 800万画素
バッテリー 4230mAh 4230mAh
Wi-Fi b/g/n b/g/n
DSDS 対応
DSDV
トリプルスロット
対応
DSDV
トリプルスロット
USB microUSB microUSB
生体認証 対応 対応
防水防塵
おサイフケータイ
機種サイズ
(縦幅)
155.9 mm 156.2 mm
機種サイズ
(横幅)
75.4 mm 75.6 mm
機種サイズ
(厚み)
8.1 mm 8.2 mm
機種重量 168 g 168 g
カラー ゴールド
ブルー
ダイヤモンドブルー
ダイヤモンドピンク
参考価格 29,880円 25,880円
29,880円


価格を比較

発売時の価格に違いがあります。

AX 7の
「 29,880円 」に対して、
R15 Neoは
「 25,880円/29,880円 」になります。

あくまで発売当初の価格なので、発売時期やキャンペーン次第ではもっと安くなります。R15 NeoではRAM3GBモデルと4GBモデルの2モデル販売されています。
AX 7は楽天モバイル楽天モバイルが取り扱っているので、2年縛りや3年縛りの契約で実質負担金をかなり安くすることが出来ます。

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSに違いがあります。

AX 7の
「 ColorOS 5.2 」に対して、
R15 Neoは
「 ColorOS 5.1 」になります。

どちらの端末もOPPO独自OS「Color」が採用されております。こちらはAndroidをOPPOがカスタマイズしたもので、操作性が異なる部分がいくつかあります。
アプリドロワーが無いところであったり、通知や設定画面など至るところでiPhone(iOS)を彷彿させるカスタマイズが。
一度もiPhoneを使ったことがない方には扱いにくい可能性があります。
5.2のアップデートでは「Smart and Efficient」と言われており、直訳で「スマートで効率的」です。
公式の動画では「スマートスキャン」や「グーグルレンズ」の実装が紹介されています。

RAMの違い

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

AX 7の
「 4GB 」に対して、
R15 Neoは
「 3GB/4GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

ディスプレイの違い

画面サイズは同じですが、上部のノッチの形に違いがあります。R15 Neoでは通常のノッチデザインですが、AX 7では水滴型と言われているノッチデザインとなっております。

カメラの違い

背面カメラはどちらもデュアルカメラ仕様となっており、画素数が同じです。前面カメラの画素数では、

AX 7の
「 1600万画素 」に対して、
R15 Neoは
「 800万画素 」になります。

どちらも前面はシングルレンズが搭載されています。

機能面やデザインの違いを比較

生体認証の対応

R15 Neoでは顔認証のみとなっておりましたが、AX 7では背面に指紋認証センサーが搭載されました。

端末サイズや重量の違い

AX 7の
「 155.9 × 75.4 × 8.1 mm / 168 g 」に対して、
R15 Neoは
「 156.2 × 75.6 × 8.2 mm / 168 g 」になります。

ノッチ分の差でしょうか、画面サイズは同じですが端末サイズはわずかにAX 7の方がコンパクトです。

カラーバリエーションの違い

AX 7 R15 Neo
ゴールド ダイヤモンドピンク
ブルー ダイヤモンドブルー

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

AX 7の開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:4,800円
(投売り特価!)
夏トク!人気スマホ大幅割引!
AX 7(29,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、25,000円割引が適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。
新規で契約した場合は「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」の特典あり!こちらも2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:0円~5,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAX 7(29,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

R15 Neoの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:24,800円
(特典あり!)
夏トク!ギフト券プレゼントキャンペーン!
R15 Neo 3GB(24,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

R15 Neoは購入時の開封レビュー記事があるのでそちらも是非!
R15 Neoの開封レビュー!DSDVやトリプルスロットに対応した高コスパスマホ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。