P20 liteの端末代金が800円!OCNのスマホ市で投げ売り端末多数!

【2018年最新】防水防塵に対応したSIMフリースマホの比較!

防水防塵とはその名の通り、水の浸入を防ぐ性能と塵(ちり)や埃(ほこり)の進入を防ぐ性能を表す機能のことです。
キャリアスマホで多く搭載されているこの防水防塵機能ですが、SIMフリースマホでもいくつかの端末が対応しているので紹介します。
なるべく新し目の端末を、と言うことで2017年以降のモデルのみピックアップ。

防水の表記「IP」とは?

「IP6/8」とか「IP67」などがスペック表の防水項目に記載されている場合があります。
これらは防水の等級を表す値でIP規格(International Protection)と呼ばれるもので、電気製品の防水・防塵性能を表す規格です。

I P 数字 数字

と表記されますが、はじめの数字が防塵の等級を表す数字、あとの数字が防水の等級を表す数字です。
例えばIP68なら、防塵等級が「6」で防水等級が「8」となります。
ちなみに「IPX8」のように前半がXになっている場合は防水のみの対応で等級が「8」と言うことになります。

防水等級の違い

2018年7月時点では、防塵等級が0~6、防水等級が0~9に分かれています。
対応端末それぞれの防水・防塵性能によって等級が定められます。

外来固形物に対する保護等級
(防塵等級)
等級 定義
特に保護がされていない
直径50mm以上の固形物が中に入らない
直径12.5mm以上の固形物が中に入らない
直径2.5mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
直径1mm以上のワイヤーや固形物が中に入らない
有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
粉塵が中に入らない(耐塵形)
水の侵入に対する保護等級
(防水等級)
等級 定義
特に保護がされていない
鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)
鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)
鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)
あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)
有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)
あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)
あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)
一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)
継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

防水防塵対応のSIMフリースマホ

2017年以降に登場した国内の防水防塵に対応したSIMフリースマホをまとめてみました。参考価格は主に定価なので、古いモデルほど安くなっています。
端末名をタップすればAmazonページに繋がるので現在の価格はそちらをご参考下さい。

名称 メーカー 発売時期 参考価格
arrows M04 富士通 2017/07 32,800円
Moto X4 モトローラ 2017/10 53,800円
AQUOS sense lite SH-M05 シャープ 2017/10 33,000円
Mate 10 Pro HUAWEI 2017/12 89,800円
HTC U11 HTC 2017/12 69,000円
AQUOS R compact SH-M06 シャープ 2018/01 76,550円
HTC U11 life HTC 2018/03 39,800円
AQUOS sense plus SH-M07 シャープ 2018/06 45,000円
HTC U12+ HTC 2018/07 95,000円
R15 Pro OPPO 2018/09 69,880円
LG Q Stylus LG 2018/12 39,800円
AQUOS sense2 SH-M08 シャープ 2018/12 33,700円

おすすめの防水防塵対応モデルは?

いくつか評判の良いモデルや扱いやすいモデルをピックアップしておきます!端末選びの参考に是非^^

格安SIMとセットで安い「AQUOSシリーズ」

まず国産の防水防塵対応モデルとして人気の高いシリーズがAQUOSシリーズです。
こちらはモデルによってスペックの程度やコンセプトが異なりますが、積極的に格安SIMにて取り扱われているので安く入手出来る場合が多いです。

AQUOS sense liteの開催キャンペーン
楽天モバイル楽天モバイル
端末価格:6,880円

2019年 春のスマホ割引キャンペーン第2弾 開催中! AQUOS sense lite(29,800円)をキャンペーン期間中に「通話SIM」か「スーパーホーダイ」と同時に契約した場合、端末代金が6,880円に!
2019年4月11日まで(無くなり次第終了)の期間限定なのでお早めに。
AQUOS R Compactの開催キャンペーン
IIJmio(みおふぉん)
実質価格:44,800円

シェアNo1記念キャンペーン開催中! AQUOS R Compact(49,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券5,000円が貰えます!さらに同時開催キャンペーンにて「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」が適用。 2019年3月22日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:49,780円

2019年 春のスマホ割引キャンペーン第2弾 開催中! AQUOS R Compact(67,800円)をキャンペーン期間中に「通話SIM」か「スーパーホーダイ」と同時に契約した場合、端末代金が49,780円に!
2019年4月11日まで(無くなり次第終了)の期間限定なのでお早めに。
AQUOS sense plusの開催キャンペーン
OCN モバイル ONE
端末価格:9,800円

「新年度開幕直前スマホ市」開催中!AQUOS sense plus(29,800円)をスマホセットで申し込んだ場合、端末代金が20,000円OFF!
2019年3月28日までの期間限定なのでお早めに。
さらに同時開催の新生活応援割24ヶ月間、月額320円割引が適用!(最低利用期間は6ヶ月のまま) さらにさらに対象のオプション同時加入で最大5,000円割引が適用!
2019年3月31日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:10,000円

IIJmio史上スマホ最大割引! AQUOS sense plus(36,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、26,800円割引が適用!同時開催キャンペーンにて「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」も適用。
2019年3月22日まで(なくなり次第終了)の期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:0円~8,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS sense plus(32,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

2018年夏のフラグシップ「HTC U12+」

そして2018年夏のフラグシップモデル「HTC U12+」も注目の端末です。こちらは防水防塵だけが売りと言うわけではなく、スナドラ845や4レンズ搭載・おサイフケータイの対応など他にも便利な機能が多く搭載されています。
まだ発売から間もないので評判がいまいち分かりませんが、スペックや性能だけで言えばとてもオススメの端末です!ネックとしてはやはり価格でしょうか。

DSDV対応のハイスペック「Mate 10 Pro」

そして最後に紹介するのはHUAWEI製のMate10 Proです。こちらはデュアルSIMデュアルVoLTEに対応したモデルで、性能もめちゃくちゃ高くてオススメです。
こちらもまたネックとして価格が高いところでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。