スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

DIGNO Jは前作からドコが進化したのか違いを比較!


ソフトバンクから2018年夏モデルとして京セラ製「DIGNO J」が登場しました。前作にあたる「DIGNO G」からどの様な進化を遂げたのかスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

DIGNO JとDIGNO Gのスペック比較

スペック比較表
名称 DIGNO J DIGNO G
画像
メーカー 京セラ
発売時期 2018年7月 2017年7月
OS Android 8.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 430
オクタコア
1.4GHz
1.1GHz
Snapdragon 425
クアッドコア
1.4GHz
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.0 インチ
画面解像度 1920×1080
FHD
1280×720
HD
背面カメラ 1300万画素 1300万画素
前面カメラ 500万画素 200万画素
バッテリー 2600mAh 2300mAh
USBポート USB Type-C microUSB
Wi-Fi b/g/n b/g/n
防水 対応 対応
防塵 対応 対応
おサイフケータイ
ハイレゾ
生体認証
機種サイズ
(縦幅)
145 mm 143 mm
機種サイズ
(横幅)
72 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
8.4 mm 10.6 mm
機種重量 130 g 142 g
カラー アクアブルー
チャコールブラック
パールホワイト
ホワイト
ブラック
レッド

前作DIGNO GとDIGNO Jの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作DIGNO Gの
「 Android 7.1 」に対して、
今作DIGNO Jは
「 Android 8.1 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。
そして8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

前作DIGNO GとDIGNO Jの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

前作DIGNO Gの
「 Snapdragon 425 」に対して、
今作DIGNO Jは
「 Snapdragon 430 」になります。

どちらもクアルコム社のチップセットが採用されており、スナドラ4xxシリーズはエントリーモデルに向けたチップセットとなります。
前作の425から今作では430へとグレードアップされており、性能が向上しています。

前作DIGNO GとDIGNO Jの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

前作DIGNO Gの
「 2GB 」に対して、
今作DIGNO Jは
「 3GB 」になります。

RAMは同時動作に影響を与えると言われているので、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

前作DIGNO GとDIGNO Jの違いを比較「ROM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

前作DIGNO Gの
「 16GB 」に対して、
今作DIGNO Jは
「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

前作DIGNO GとDIGNO Jの違いを比較「画面解像度」

画面サイズはどちらも「 5.0インチ 」となっておりますが、画面解像度には違いがあります。

前作DIGNO Gの
「 1280×720(HD) 」に対して、
今作DIGNO Jは
「 1920×1080(FHD) 」になります。

画面解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入って画面を映します。サイズにもよりますが基本的には高解像度であるほど、より細かいところまで表現することが出来ます。
前作のHDから今作ではFHDへと変更されています。

前作DIGNO GとDIGNO Jの違いを比較「インカメラ」

インカメラの画素数にも違いがあります。

前作DIGNO Gの
「 200万画素 」に対して、
今作DIGNO Jは
「 500万画素 」になります。

前作DIGNO GとDIGNO Jの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

前作DIGNO Gの
「 2300mAh 」に対して、
今作DIGNO Jは
「 2600mAh 」になります。

単純なバッテリー容量は300mAh増量されています。

前作DIGNO GとDIGNO Jの違いを比較「USBポート」

USBポートの規格にも違いがあります。

前作DIGNO Gの
「 microUSB 」に対して、
今作DIGNO Jは
「 USB Type-C 」になります。

Type-Cは形状がシンメトリーになっているので上下どちら向きでも接続することが出来ます。個人的には扱いやすいのでオススメです。
スマホの「microUSB」と「USB Type-C」の違いとは?

まとめると

どちらも実用性に長けたタフネスモデルと言うことで、防水防塵だけでなく耐衝撃にも対応しています。
前作からの進化ポイントと言う意味では、
「CPU」「RAM」が強化されているので動作の快適さには期待出来ます。次に「ROM」の容量も増量しているので、より多くのファイルを保存することが出来ます。
更に「解像度」もHDからFHDへと変更されているのは大きな進化ポイントと言えます。

バッテリー容量も増量されており、USBポートも最近の端末に多いType-Cへと変更されています。

と言ったように様々な面が純粋にアップグレードされています。前作と比べると間違いなく性能は上がって扱いやすくなっていると見て良いです。
前作から乗り換えを検討している方はもちろんライトユーザーにはオススメの端末となっております!


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!