AX 7が4,800円で買えるIIJmioの夏限定セール開催!【9月30日まで】

ドコモスマホで初心者におすすめの機種は?シリーズ別に解説

ドコモでこれからスマホデビューをしようと言う方に向けて、初心者向けのシリーズやモデルを紹介します。ドコモスマホは種類が多いのでどれを選べば分かりにくいので是非一度目を通してみて下さい^^

スマホの基本用語を抑えておこう

ドコモスマホを選ぶ前に知っておきたい用語がいくつかありますのでカンタンに紹介しておきます。

CPU

スマートフォンの頭脳的なパーツ。スマホの動作性能はこの「CPU」の善し悪しで大きく変化します。

RAM

パソコンで言うところの「メモリ」のことです。CPUと同様に動作面に大きく影響を与えるパーツです。CPUが快適に処理するためのスペースを提供するのがRAMの役割です。RAMの数値が高ければ、CPUは同時に様々な処理を行うことが出来ます。
処理を行うのはCPUですがRAMが同時動作に影響を与えると言われている理由がこの役割によるところです。

ROM

「内部ストレージ」のことです。ようするにファイルを保存できる容量のことですね。パソコンで言うところのハードディスクのことです。
例えば「ROM32GB」と記載されていたら、スマホに32GBまでのファイルを保存することが出来ます。

画面解像度

画面解像度もスマホを選ぶ上で非常に重要なポイントです。スマホのディスプレイはドットと呼ばれる小さい点で表示するのですが、画面解像度と言うのはその点の縦横の数を記載したものです。

例えば「1920×1080ドット(FHD)」と記載されていたらその数の分のドット数で構成されており、点の数が多いほど細かいところまで色を表現することが出来ます。

ハイスペック

CPUやRAMなどのこれまで紹介してきたパーツが、高性能なもので構成されているスマホのことを指します。パーツにコストがかかるので、基本的には高価格なモデルほどハイスペックになる傾向があります。


この辺りの用語頭に入れておいて、あとはカメラ性能やバッテリー容量、防水対応、機種サイズ、デザイン、価格等をふまえて自身にあったスマートフォンを選びましょう。

例えば、
インターネットをよく使う予定があり、快適な動作が必須!って言う方は、
ハイスペックモデルを選ぶべきですし、

アプリや動画の視聴をしまくるんだ!って言う方は、
画面解像度の高いモデルを選ぶべきですし、

写真を撮ることが大好き!ペットのアルバムを作りたい!みたいな方は、
カメラ性能が良いモデルを選ぶべきですし、

スマホ自体そんなに使わないんだけど…って言う方は、
価格や機種サイズ、デザイン、バッテリー持ちの良い等のポイントで選びましょう。

ドコモスマホをシリーズ別にざっくり紹介!

2019年時点でドコモが採用しているスマートフォンをシリーズ別にざっくりと紹介していきます。2019年1月時点に更新したものなので、その後シリーズの名称などが変わっていたら申し訳ございません^^;

Xperiaシリーズ


ソニー製スマートフォンで、Androidスマホでは知名度も高く人気のシリーズ。
ハイスペックなフラグシップモデルが常に販売されており、メーカー自体の人気もあってAndroidスマホではサムスン製のGalaxyシリーズと二巨塔。カメラ性能にも定評あり。

Xperia Compactシリーズ


こちらもソニー製スマートフォンで、そんなXperiaのコンパクトバージョンのシリーズです。コンパクトモデルながらにハイスペックなモデルが多いです。

Galaxy Sシリーズ


サムスン製のスマートフォンで、Xperiaと同様に何よりもハイスペックなモデルが多いです。
デザインは賛否両論ながら、丸みを帯びたボディのデザインが好きな方にはオススメ。

Galaxy Noteシリーズ


そしてこちらもサムスン製スマートフォンで、名前の通りにスタイラスペンによる手書きメモ機能などを搭載したハイスペックモデル。新しいモデルが出るたびにペン性能や機能が強化されているので、これからも期待の大型スマートフォンです。

Galaxy Feelシリーズ


そしてこちらもサムスン製スマートフォンで、docomo withの対象端末です。docomo withは対象端末を購入すれば月額1,500円もの割引が適用される料金プランです。

MONOシリーズ


ZTE製スマートフォンで、docomo withの対象端末です。
これまでは低スペックモデルしか登場していないので、恐らく今後もこのラインかと思われます。価格が安いですが、性能も低い端末です。

LG Styleシリーズ


LG製スマートフォンで、docomo withの対象端末です。
LGはauではハイスペックモデルでお馴染みですが、ドコモにおいてはdocomo with対象のライトモデルの販売となっております。

AQUOS Rシリーズ


シャープ製スマートフォンで、最近では3キャリアに採用されております。
少し前までは準ハイスペックモデルが多かったですが、Rシリーズに名称が変わってからはすっかりハイスペック路線となっております。「EDGEST」と呼ばれる独特なデザインによってかなり画面占有率が高い端末となっております。

AQUOS senseシリーズ


シャープ製スマートフォンで、docomo withの対象端末です。
低スペックなモデルが多いですが、その中でもバランスが良いので何気にライトユーザーには人気のシリーズです。

arrows NXシリーズ


富士通製スマートフォンで、かつてはハイスペックモデルが季節ごとに発売されておりました。
しかしdocomo withの対象として登場したarrows Beシリーズの方をメインにしたのか、NXシリーズは新しい機種が登場しておりません。

arrows Beシリーズ


富士通製スマートフォンで、docomo withの対象端末です。
docomo withの対象端末なので、価格が安くて性能も低いです。しかし国産メーカーと言うこともあってドコモスマホの中ではそれなりに人気があります。

Pixelシリーズ


Google製スマートフォンが満を持して登場しました。
グーグル製ということで、グーグルとの連動した機能やアップデートに対応したハイスペックモデル。価格はやや高めです。

iPhoneシリーズ


お馴染みアップル製スマートフォンで、国内ではシェア率ナンバーワンです。
性能も高くバッテリー持ちの良さやデザインに定評がありますが、価格がかなり高め。

その他モデル

他にもシリーズにはなっていないものの、採用されている単発のモデルがいくつかあります。現行で言えばHUAWEIの「P20 Pro HW-01K」やZTEの「M Z-01K」などですね。
またアニメやキャラクターとのコラボスマホシリーズも販売されております。ディズニーコラボモデルは毎回登場しますが、単発で採用されている「JOJO」コラボや「ワンピース」コラボなども過去にはありました。

結局初心者におすすめのドコモスマホは?

ドコモスマホはキャリアスマホの中でも多くのシリーズが販売されており、どの端末を選ぶか難しいキャリアです。これからスマホデビューをする方に、個人的にオススメの選択肢3パターンを紹介します。

・iPhone(家族や知人がiPhoneユーザーなら色々教えてもらえる)
・ハイスペックモデル(価格は高いが、どんな使い方でも快適に利用出来る)
・docomo with対象端末(端末代金も安く、料金プランも安くなる)

以上の3パターンから選ぶことをオススメします。とくにこだわりが無いのであればdocomo withの対象端末を選びましょう。理由は何度も記載しておりますが、料金が安くなるからです。またdocomo with対象端末にもいくつかのモデルがあるので、その辺りは別記事にて公開しているのでそちらをご参考下さい。
docomo with対象機種の比較とおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。