前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

ドコモスマホでコスパが良いのはどれ?【ライトユーザー向け】

これからドコモでスマホデビューしようとしている方、機種変更を検討している方で、こんな風に思っている方はいませんか?

「とにかくコスパが良いモデルが欲しい」

そこまでスマホを使わない人にとって、ハイスペックモデルや高性能カメラモデルは、ただただ価格が高いだけです。

本記事ではそんな方に向けて、コスパの良いドコモスマホをまとめてみました。

先に言っておくと、この記事はあくまでライトユーザー(そこまでスマホを使わない人)に向けたものとなっております。ライトモデル・ミドルレンジモデルを中心に紹介しています!

そもそも「コスパ」とは?

コスパとは、コストパフォーマンス(cost performance)のことで、コスト(費用)と性能(パフォーマンス)のバランスの事です。費用が安いのに性能が高ければ「コスパが良い」と言う事になります。

そしてスマホのパフォーマンスの善し悪しは「動作性能」の違いが大きな指標となります。動作性能はCPUの種類RAMの数値で決まります。

とくにCPUにどの程度のモノが搭載されるかによって大きく変わります。もちろんCPUは、性能が高いモノほどコストが高いですし、性能が低いモノほどコストが安くなっております。

この辺りをスマホコスパの定義として考えて、「価格がとても安いのに、性能が並以上のスマホ」「価格が普通なのに、性能が高いスマホ」を中心におすすめ機種を紹介していきます!

ドコモスマホを安く買う3つの方法

ドコモスマホを安く買う(コスパの良いスマホを選ぶ)には、3つの方法があります。

  1. スタンダードモデルから選ぶ
  2. スマホお返しプログラムを使う
  3. 型落ちのハイエンドモデルを狙う

1.スタンダードモデルから選ぶ

スタンダードモデルは、「ドコモスマートフォン(4G)」の上の方に載っているスマホのことです。ドコモでは「スタンダードモデル」と表現されておりますが、いわゆるライト~ミドルレンジ辺り(低性能~中性能)のスマホのことですね。

ドコモのスタンダードモデルはどれも価格が安いですし、だからと言ってよく分からないメーカーが製造しているわけでもないので無難かなと。

blankイッテツ

スペックの比較とか色々と複雑ですよね。ライトユーザーがパパッと選びやすいのがスタンダードモデルです。地雷はXperia Aceぐらいかな?(スタンダードモデルの中では価格が高すぎる)

2.スマホおかえしプログラムを使う

そして次に「スマホおかえしプログラム」を利用して、ハイエンドモデル(高価格かつ高性能なスマホ)を買う方法があります。

スマホおかえしプログラムとは、36ヶ月の分割払いでスマホを購入し、24ヶ月目以降にドコモにそのスマホを返却することで、残りの支払が免除になるシステムです。

24か月間スマホを使い、そのあと返却することで12か月分の代金を支払わなくても済む、そういう仕組みです。最大で代金の3分の1が免除になるわけですね。

スマホおかえしプログラムを使う
出典:NTTドコモ

24か月間使って返却することで、代金の3分の1を浮かすことが出来ます。またスマホが気に入ったのであればそのまま支払って使う続ける事も可能です。

blankイッテツ

モデル次第では悪くないシステムだと思うけど、ライトユーザーがたった2年でスマホを買い替えたくなるとも思えない。
今回の記事の内容で言うと微妙な選択かも?

3.型落ちのハイエンドモデルを狙う

キャリアスマホは新シリーズが登場すると、過去のモデルが値下げされることがあります。

同じシリーズのスマホで、新しいモデルが同じような値段で売られていたら、わざわざ古い方を買う人はいませんからね。と言うワケで、型落ちモデルは在庫処分と言う目的で、値下げされます。

型落ちモデルの購入は、ライトユーザーにもヘビーユーザーにもオススメですが、あくまでモデル次第です。

人気の型落ちモデルは在庫切れになり、その後入荷されない場合があります。HUAWEIのP20 Proなんかがそのパターンです。

blankイッテツ

型落ちハイエンドモデルは、ハイスペックモデルを安く買うチャンス!
ただしモデル次第では、現行モデルの方がお買い得だったりするので、その点は注意!

iPhoneもそれなりに安い!

iPhoneもそれなりに安い!

スマホといえばAndroidスマホ以外に、お馴染みの「iPhone」がありますよね。

iPhoneは価格が高いイメージがありますが、最新モデルでさえ「スマホおかえしプログラム」を使えば、そこそこ安く入手できます。

例えば「iPhone 11 64GB」は一括だと「76,120円」ですが、スマホおかえしプログラムを使えば「50,746円」で購入することが出来ます。(2020年5月時点)

2020年に登場した「iPhone SE(第2世代)」は、57,024円~75,240円(2020年5月時点)なのにも関わらずスマホおかえしプログラムが適用される(最大で2万円ほど免除)ので、24ヶ月の利用であればかなりお買い得です。

ただし先ほど少し触れたように、せっかく買ったiPhone SEを2年で買い替える(手元に端末も残らない)のは、ライトユーザーの選択肢としては微妙かもしれません。

blank

スマホおかえしプログラムの嫌な所は、割引のために24ヶ月間利用する場合、「スマホ購入」ではなく「スマホレンタル」になってしまうところ。
iPhone SEなんて、中古でもそれなりに高く売れますからね、、

<スポンサーリンク>

コスパ重視で機種変更するならコレ!【おすすめ機種】

ライトユーザーに向いているのは、サクッとスタンダードモデルから選ぶことです。スマホおかえしプログラムは何かとややこしいですし、今は料金プランも複雑ですからね。

なるべくスタンダードモデルを中心に、おすすめ機種を選んでみました!これからドコモスマホに買い替える方、機種変更される方は、ぜひ参考にしてみて下さい!

Galaxy A20 SC-02M【スタンダードモデル】

Galaxy A20 SC-02M

こちらは2019年に登場した「Galaxy A20 SC-02M」です。

チップセットにExynos 7884Bが搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは10万前後を記録しています。Galaxyシリーズには珍しいライトモデル。スマホをよく使う人にとっては力不足ですが、そこまで使わないユーザーなら問題なし。

「防水防塵」「おサイフケータイ」「顔認証(ただし指紋認証無し)」に対応しているので機能面は充実。横幅が71ミリなので、まあ何とか片手操作も出来るレベル。

どこが魅力かと聞かれたら結局は価格です。21,384円で買える無難スマホです。

Galaxy A20 SC-02Mの主なスペック
発売 サムスン/2019年11月
動作性能 Exynos 7884B/3GBRAM
AnTuTu8:10万
ストレージ 内部32GB/外部512GB
ディスプレイ 5.8インチ/1560×720 HD+
カメラ 背面800万画素
前面500万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 150 x 71 x 8.4 mm/151 g
カラー レッド
ホワイト
ブラック

AQUOS sense3 SH-02M【スタンダードモデル】

AQUOS sense3 SH-02M

こちらはAQUOS senseシリーズの2019年モデル「AQUOS sense3 SH-02M」です。

チップセットにSnapdragon 630が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは11万前後を記録しております。Galaxy A20と同じぐらいの性能なので、こちらもライトユーザー向け。ドコモだけでなくSIMフリースマホとしても人気があり、その魅力はやはり価格の安さです。31,680円なのでGalaxy A20よりも高いですが、「シャープ産スマホ」と言う強みがあるので、なんだかんだで人気。

こちらも「防水防塵」「おサイフケータイ」「顔認証」に対応しているので機能面はバッチリ、さらに「4000mAhの大容量バッテリー」まで搭載しているライトモデルの鑑です。

AQUOS sense3 SH-02Mの主なスペック
発売 シャープ/2019年11月
動作性能 Snapdragon 630/4GBRAM
AnTuTu8:11万
ストレージ 内部64GB/外部512GB
ディスプレイ 5.5インチ/2160×1080 FHD+
カメラ 背面1200万+1200万画素
前面800万画素
バッテリー 4000mAh
サイズ 147 x 70 x 8.9 mm/167 g
カラー ライトカッパー
ブラック
ホワイトシルバー
ディープピンク

Pixel 3a【普通にコスパ良い】

Pixel 3a

こちらはグーグルPixel 3の廉価モデル「Pixel 3a」です。

前作のPixel 3/XLはハイスペックで良い端末でしたが、価格の高さもあって売れ筋は微妙でした。今回のPixel 3a/XLは廉価版と言うことで、スペックダウンと共に価格も大幅に下げられています。Snapdragon 670を搭載しているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは17万前後とハイスコアを記録しています。

こちらはスタンダードモデルと言うわけではありませんが、総合的に見てコスパが良いと思ったので取り上げてみました。価格は46,656円とやや高め。

ただしPixel 3aはシングルレンズながらに「カメラ性能がそこそこ良い」と評判で、価格以上のアドバンテージがあります。あまりスマホは使わないとは言え、写真はよく撮る、なんて方にオススメ。

機能面では「防水防塵(ただしIP52)」「おサイフケータイ」に対応しておりますが、認証解除は「指紋認証」のみとなっております。

Pixel 3aの主なスペック
発売 Google/2019年5月
動作性能 Snapdragon 670/4GBRAM
AnTuTu8:17万
ストレージ 内部64GB/外部非搭載
ディスプレイ 5.6インチ/2220×1080 FHD+
カメラ 背面1220万画素
前面800万画素
バッテリー 3000mAh
サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2 mm/147 g
カラー クリアリーホワイト
ジャストブラック
パープルイッシュ

P30 Pro HW-02L【型落ちモデル】

P30 pro

こちらはライカレンズを搭載したHUAWEIのハイエンドモデル「P30 Pro HW-02L」です。

チップセットにKirin 980を搭載しているので、AnTuTu8のベンチマークスコアは30万前後を記録。この端末の特徴は何と言っても高性能なカメラ。有名なレンズメーカーである「ライカ」のトリプルレンズを採用しており、発売後のカメラ評価が非常に高いモデルです。それこそPixel 3aよりも全然上のレベルで、最高クラスと言っても過言ではありません。

「防水防塵」「おサイフケータイ」「顔認証」にも対応している万能なハイエンドモデルです!

さらに!価格改定でとんでもない安値に設定されています。あくまで2020年5月時点の話ですが、この性能のスマホを48,312円で買えるのはコスパが良い以外のなにものでもない!

P30 Proが売り切れるまでは、Pixel 3aよりもP30 Proの方がオススメです。とは言えこの価格だと流石にすぐに売り切れてしまうと思いますが。

P30 Pro HW-02Lの主なスペック
発売 HUAWEI/2019年夏
動作性能 Kirin 980/6GBRAM
AnTuTu8:30万
ストレージ 内部128GB/外部256GB
ディスプレイ 6.5インチ/2340×1080 FHD+
カメラ 背面4000万+2000万+800万画素
前面3200万画素
バッテリー 4100mAh
サイズ 158 x 73 x 8.6 mm/192 g
カラー ブリージングクリスタル
ブラック

iPhone SE(第2世代)【スマホおかえしプログラム】

iPhone SE2

こちらはお馴染みアップルのiPhoneシリーズ「iPhone SE(第2世代)」です。

iPhone SEシリーズと言えばそのコンパクトさが魅力のiPhone。2020年になってようやく新作モデルが登場しました。チップセットにA13 Bionicが搭載されているため、AnTuTu8のベンチマークスコアは45万前後とハイスコアを記録しています。なんとこれはiPhone 11シリーズと同じチップセットなのです。

それなのに、iPhone SE(第2世代)は57,024円(64GB版)から購入できると言う安さ。おまけにスマホおかえしプログラムが適用されるので、24ヶ月だけ利用した場合は、実質価格は4万円以下の計算になります。

iPhone SEはこのコストを実現するために、いろんな部分が微妙です。例えば時代遅れの極太ベゼルであったり、iPhoneなのにカメラが微妙など。

ただし、単純な価格と動作のパフォーマンスだけを考えると、コスパ最強クラスに位置するスマホとなります。24ヶ月で返品するのも良いと思いますが、気に入った場合はそのまま使い続けても良いと思いますよ!

iPhone SE(第2世代)の主なスペック
発売 アップル/2020年4月
動作性能 A13 Bionic/3GBRAM(暫定)
AnTuTu8:45万
ストレージ 64GB/128GB/256GB
外部非搭載
ディスプレイ 4.7インチ/1334×750
カメラ 背面1200万画素
前面700万画素
バッテリー 1821mAh(暫定)
サイズ 138.4 x 67.3 x 7.3 mm/148 g
カラー ブラック
ホワイト
レッド

まとめ

今回は、「ドコモスマホでコスパが良いのはどれ?【ライトユーザー向け】」というテーマで記事を書きました!

  • コスパの良いスマホは3パターンから選ぶ
  • 初心者におすすめはスタンダードモデル
  • 型落ちハイエンドやiPhoneもそこそこ安い

まとめるとこんな感じです!

とくにおすすめ機種で紹介している「P30 Pro」はとても安いですし、コンパクトな「iPhone SE(第2世代)」はコスパが最強クラスです!

オススメしているスタンダードモデル3機種は、ライトユーザーにこそオススメですが、サブ機をお探しの方にもオススメ。ぜひ参考にしてみて下さい!

期間限定前回売り切れだらけのスマホ投売りセールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。