スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

FLEAZ BEATとMoto E5はどちらが良いのか違いを比較!


コヴィアから2018年夏モデルとして「FLEAZ BEAT」が登場しました。今回は同価格帯のモトローラ端末「Moto E5」とのスペックの違いを比較してみました。
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

FLEAZ BEATとMoto E5のスペック比較

スペック比較表
名称 FLEAZ BEAT Moto E5
画像
メーカー コヴィア モトローラ
発売時期 2018年6月 2018年6月
OS Android 8.0 Android 8.0
CPU MT6750
オクタコア
1.5GHz
Snapdragon 425
クアッドコア
1.4GHz
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
外部ストレージ 最大128GB 最大128GB
画面サイズ 5.0 インチ 5.7 インチ
画面解像度 1280×720
HD
1440×720
HD+
背面カメラ 800万画素 1300万画素
前面カメラ 200万画素 500万画素
バッテリー 2300mAh 4000mAh
Wi-Fi a/b/g/n b/g/n
DSDS 対応 対応
USB microUSB USB Type-C
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
146 mm 154.4 mm
機種サイズ
(横幅)
71.8 mm 72.2 mm
機種サイズ
(厚み)
8.9 mm 8.9 mm
機種重量 161 g 173 g
カラー ブラック
インディゴ
ファインゴールド
フラッシュグレー
価格 17,800円 18,500円

FLEAZ BEATとMoto E5の価格比較

FLEAZ BEATの
「 17,800円 」に対して、
Moto E5は
「 18,500円 」になります。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

FLEAZ BEATの
「 MT6750 」に対して、
Moto E5は
「 Snapdragon 425 」になります。

CPUはスマホの動作面に影響を与えるもっと重要なパーツです。
FLEAZ BEATではMediaTek社のMT6750が搭載されており、こちらはコスパに優れた低価格モデルとなっております。Antutuのベンチマークスコアは50000程度です。
一方のMoto E5ではクアルコム社のスナドラ425が搭載されており、こちらはスナドラシリーズの中ではエントリーモデルに向けたチップセットです。Antutuのベンチマークスコアは45000前後となっております。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

FLEAZ BEATの
「 3GB 」に対して、
Moto E5は
「 2GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「ROM」

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

FLEAZ BEATの
「 32GB 」に対して、
Moto E5は
「 16GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「画面サイズ」

また画面サイズにも違いがあります。

FLEAZ BEATの
「 5.0 インチ 」に対して、
Moto E5は
「 5.7 インチ 」になります。

FLEAZ BEATでは従来のアスペクト比16:9ディスプレイが搭載されておりますが、Moto E5では縦横比18:9のワイドディスプレイが搭載されています。
単純な画面サイズではMoto E5の方が0.7インチも大型となっております。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「画面解像度」

また画面解像度にも違いがあります。

FLEAZ BEATの
「 1280×720(HD) 」に対して、
Moto E5は
「 1440×720(HD+) 」になります。

先ほども記載しましたが、Moto E5では縦横比が18:9のワイドディスプレイが搭載されています。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。背面の画素数では、

FLEAZ BEATの
「 800万画素 」に対して、
Moto E5は
「 1300万画素 」になります。

前面の画素数では、

FLEAZ BEATの
「 200万画素 」に対して、
Moto E5は
「 500万画素 」になります。

背面・前面共にMoto E5の方が高画素なレンズが搭載されています。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「バッテリー」

またバッテリー容量にも違いがあります。

FLEAZ BEATの
「 2300mAh 」に対して、
Moto E5は
「 4000mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではMoto E5の方が圧倒的に上回っています。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「USB」

またUSBポートの規格にも違いがあります。

FLEAZ BEATの
「 microUSB 」に対して、
Moto E5は
「 USB Type-C 」になります。

USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。
スマホの「microUSB」と「USB Type-C」の違いとは?

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「Wi-Fi」

FLEAZ BEATでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。

FLEAZ BEATとMoto E5の違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はFLEAZ BEATの方がコンパクトかつ軽量となっております。

まとめると

どちらの端末も2018年夏のエントリーモデルと言うことで似ています。
似ている理由としてはどちらの端末も低価格ながらにDSDS対応のトリプルスロットに対応しているところです。この価格帯だとこれまではZenFone4 Maxが唯一の対応だったのですが、今回の両端末でも対応しています。

比較と言う意味では、まず動作面ではベンチマークスコアやRAMROMを考えるとFLEAZ BEATの方がわずかに優れています。
そしてWi-Fi5GHz帯の対応や端末のコンパクトさがFLEAZ BEATを選ぶメリットです。

一方のMoto E5を選ぶメリットとしては、
まずトレンドでもある縦横比18:9のワイドディスプレイ+ベゼルレス設計によって大画面ながらにコンパクトな造りとなっております。
そして単純なカメラ画素数やバッテリー容量でもMoto E5の方が優れています。特にバッテリー容量は4000mAhを超えているのが大容量と呼べるレベルです。

この辺りの性能差でどちらにメリットを感じるかで端末を選びましょう。

端末をお探しの方は

どちらもSIMフリーモデルなので各量販店にて購入が可能です。

Amazon「FLEAZ BEAT」で検索する
楽天市場「FLEAZ BEAT」で検索する
Yahoo!ショッピング「FLEAZ BEAT」で検索する

Amazon「Moto E5」で検索する
楽天市場「Moto E5」で検索する
Yahoo!ショッピング「Moto E5」で検索する

FLEAZ BEAT 限定キャンペーン情報
goo SimSellergooSimSellerにて灼熱のウルトラサマーセールが開催中!
FLEAZ BEATをらくらくセットで購入した場合、2,800円にて購入可能!
2018年7月13日~2018年7月30日までの期間限定なのでお早めに。
Moto E5 限定キャンペーン情報
IIJmioにてサマーセールが開催中!
Moto E5(16,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券3,000円が貰えます!
2018年6月1日~2018年7月31日までの期間限定なのでお早めに。
BIGLOBE 格安SIMにてセレクトプラン端末値引き特典!
Moto E5(17,760円)を音声通話SIMで契約した場合、10,800円OFFに!
2018年6月4日~2018年8月5日までの期間限定なのでお早めに。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!