「Galaxy Note 9」と前作「Galaxy Note 8」のスペックの違いを比較!

2018年秋冬モデルとしてサムスンからGalaxy Note9が登場しました。
今回は前作モデルにあたるGalaxy Note8からどの様な部分が進化したのか、スペックの違いを比較してみました!※例としてau版を取り上げています。

Galaxy Note9とGalaxy Note8のスペック比較

スペック比較表
名称 Galaxy Note9 Galaxy Note8
画像
メーカー サムスン
発売時期 2018年10月 2017年10月
OS Android 8.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 845
オクタコア
2.8GHz
Snapdragon 835
オクタコア
2.35GHz
RAM 6GB 6GB
ROM 128GB 64GB
外部ストレージ 最大512GB 最大256GB
画面サイズ 6.4 インチ 6.3 インチ
画面解像度 2960×1440
QHD+
2960×1440
QHD+
背面カメラ 1220万画素
1220万画素
1220万画素
1220万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 4000mAh 3300mAh
連続待受時間 約440時間 約330時間
連続通話時間 約2,750分 約1,830分
電池持ち時間 約130時間 約110時間
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
防水防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
ハイレゾ 対応 対応
生体認証 対応 対応
USB Type-C Type-C
機種サイズ
(縦幅)
162 mm 163 mm
機種サイズ
(横幅)
76 mm 75 mm
機種サイズ
(厚み)
8.8 mm 8.7 mm
機種重量 201 g 190 g
カラー ミッドナイトブラック
ラベンダーパープル
オーシャンブルー
ミッドナイトブラック
メープルゴールド

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

Galaxy Note9の
「 Android 8.1 」に対して、
前作Galaxy Note8は
「 Android 7.1 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUも変更されています。

Galaxy Note9の
「 Snapdragon 845 」に対して、
前作Galaxy Note8は
「 Snapdragon 835 」になります。

前作ではクアルコム社のハイエンド向けモデルSnapdragon 835が搭載されておりましたが、
今作Note9ではその後続にあたるSnapdragon 845が搭載されています。
GPUもAdreno 540からAdreno 630へと変更されており、30%も性能が向上していると公表されています。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「ROM」

また搭載されているROMの容量も変更されています。

Galaxy Note9の
「 128GB 」に対して、
前作Galaxy Note8は
「 64GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。前作の64GBから128GBへと増量されています。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数も変更されています。

Galaxy Note9の
「 最大512GB 」に対して、
前作Galaxy Note8は
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る容量のことです。端末それぞれ対応数が異なります。前作の256GBから512GBへと増量されています。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

Galaxy Note9の
「 6.4 インチ 」に対して、
前作Galaxy Note8は
「 6.3 インチ 」になります。

前作でワイドディスプレイが搭載されましたが、その後もずっとワイドディスプレイが主流となっております。
今作のNote9では6.4型のワイドディスプレイが搭載されており、前作から0.1インチ大きくなっております。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量も変更されています。

Galaxy Note9の
「 4000mAh 」に対して、
前作Galaxy Note8は
「 3300mAh 」になります。

単純なバッテリー容量も増えておりますが、auの発表値によると実際の使用時間も延びております。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「指紋認証」

どちらも指紋認証センサーが搭載されておりますが、配置が変更されています。

Galaxy Note9の
「 背面カメラの下 」に対して、
前作Galaxy Note8は
「 背面カメラの横 」になります。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「スピーカー」

前作のモノラルスピーカーから今作ではステレオスピーカーへと変更されています。
公式サイトによると以下のように。

ステレオスピーカーを搭載し、Galaxy Note8比約1.4倍の音量。世界的音響メーカー、AKGがチューニングし、さらにダイナミックかつ高音質な立体音響のDolby Atmos対応。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「Sペン」

Galaxy Note8でも搭載されていた専用のスタイラスペンですが、今作Note9でも搭載されています。
今作ではBluetoothに対応しており、カメラのシャッターをSペンで切ったり、プレゼンテーションのスライド操作、音楽の再生や停止などの操作を行うことが出来ます。

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「DeX」

Galaxy Note8で登場したPCなどとドッキングできる機能「DeXモード」ですが、ドッキングに必要であったDeX StationやDeX Padなどの別売りアクセサリーが不要となりました

Galaxy Note9と前作Note8の違いを比較「冷却システム」

長時間の使用でも快適操作が長続きするために、ヒートパイプで熱を冷やし、カーボンシートで熱を逃す、ウォーターカーボンクーリングシステム搭載で冷却性能が約21%アップとの記載があります。

まとめると

・スナドラ845への変更による動作性能の向上
・容量面では内部ストレージ・外部ストレージ共に増量
・バッテリー容量及びバッテリー持ちの向上
・SペンのBluetooth対応
・DeX単体駆動

が前作からの大まかな変更点となります。

中でもSペンの遠距離操作はとても便利そうなので期待出来ますし、DeXの別売りアクセサリーはどちらも1万円を超える高価なものなので単体駆動はありがたい変更ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。