Galaxy S9とGalaxy S9+はどちらが良いのか違いを比較!

サムスンから2018年夏のフラグシップモデルとして「Galaxy S9」が登場しました。キャリアではドコモとauが採用とのことで注目です。今回はその上位モデルにあたる「Galaxy S9+」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

Galaxy S9とGalaxy S9+のスペック比較

スペック比較表
名称 Galaxy S9 Galaxy S9+
画像
メーカー サムスン
発売時期 2018年5月 2018年5月
OS Android 8.0 Android 8.0
CPU SDM845
オクタコア
2.8GHz
SDM845
オクタコア
2.8GHz
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大400GB 最大400GB
画面サイズ 5.8 インチ 6.2 インチ
画面解像度 2960×1440
QHD+
2960×1440
QHD+
背面カメラ 1220万画素 1220万画素
1220万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3000mAh 3500mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
防水 対応 対応
防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
ハイレゾ 対応 対応
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
148 mm 158 mm
機種サイズ
(横幅)
69 mm 74 mm
機種サイズ
(厚み)
8.8 mm 8.9 mm
機種重量 161 g 187 g
カラー チタニウム グレー
ライラック パープル
ミッドナイト ブラック
ミッドナイトブラック
チタニウムグレー

Galaxy S9とGalaxy S9+の価格比較

ドコモから発表されている機種代金は、

Galaxy S9の
「 99,792円 」に対して、
Galaxy S9+は
「 111,456円 」になります。

あくまで新規契約の機種代金です。どちらもキャンペーンや割引プランが絡むので実質負担金はもっと安くなります。

Galaxy S9とGalaxy S9+の違いを比較「RAM」

まず搭載されているRAMの数値に違いがあります。

Galaxy S9の
「 4GB 」に対して、
Galaxy S9+は
「 6GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

Galaxy S9とGalaxy S9+の違いを比較「画面」

また画面サイズにも違いがあります。

Galaxy S9の
「 5.8インチ 」に対して、
Galaxy S9+は
「 6.2インチ 」になります。

どちらの端末も解像度は「 QHD+ 」となっており、
縦横比18:9の縦長ディスプレイが採用されています。
どちらもベゼルレスなので画面占有率がかなり高くなっております。

Galaxy S9とGalaxy S9+の違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。

Galaxy S9の
「 1220万画素 」に対して、
Galaxy S9+は
「 1220万+1220万画素 」になります。

Galaxy S9+では2つのカメラを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。

Galaxy S9とGalaxy S9+の違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

Galaxy S9の
「 3000mAh 」に対して、
Galaxy S9+は
「 3500mAh 」になります。

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、
単純な容量ではGalaxy S9+の方が上回っています。

Galaxy S9とGalaxy S9+の違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はGalaxy S9の方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。

まとめると

どちらもSDM845を搭載しており、2018年夏時点ではトップクラスの性能となります。
重いゲーム系のアプリも快適にプレイ出来るレベルかと思われます。

両端末の違いと言う意味では、
Galaxy S9+の方が、RAMが2GB多く、画面サイズが0.4インチ大きく、バッテリー容量が500mAh多く、デュアルカメラが採用されています。
これらの違いにメリットを感じる方はGalaxy S9+を選びましょう。

RAMの差はあるもののGalaxy S9もSDM845が搭載されているので、動作の快適さは問題ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。