R17 Proが38,000円の大割引!IIJmioがお得な夏キャンペーン開催

honor9は前作honor8からドコが進化したのか違いを比較!

HUAWEIからDSDS対応のデュアルカメラ搭載モデル「honor 9」が登場しました。その前作にあたる「honor 8」からどの様な進化を遂げたのか違いを比較してみました。

DSDSの対応やデュアルカメラだけでなく、ハイスペック・ガラスボディの搭載と非常に特徴の多い端末となっております。honor9の購入を検討している方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

名称 honor9 honor8
画像
メーカー Huawei
キャリア SIMフリー
発売時期 2017年10月 2016年9月
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU Kirin 960
オクタコア
2.4GHz
Kirin 950
オクタコア
2.3GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大128GB
画面サイズ 5.15 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1080×1920
FHD
1080×1920
FHD
背面カメラ 1200万画素
2000万画素
1200万画素
1200万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3200mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
デュアルSIM 対応
DSDS 対応
ジャイロ 対応 対応
指紋認証 対応 対応
USB USB Type-C USB Type-C
機種サイズ
(縦幅)
147.3 mm 145.5 mm
機種サイズ
(横幅)
70.9 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
7.45 mm 7.45 mm
機種重量 155 g 153 g
カラー サファイアブルー
グレイシアグレー
ミッドナイトブラック
サファイアブルー
サンライズゴールド
パールホワイト
価格 53,800円 42,800円

価格を比較

前作のhonor8と比べると今作のhonor9は1万円ほど値上がりしました。また後続機の登場と言うことでhonor8の価格変動にも注目です。
とりあえずはこの1万円差をふまえた上で比較していきましょう。

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作honor8の「 Android 6.0 」に対して、
今作honor9は「 Android 7.0 」になります。

あくまでプリインストールされているバージョンですが一応紹介。
※honor8も7.0へのアップデート配信済

7.0以降では画像のように画面を分割出来る「マルチウィンドウ」機能を利用することが出来ます。二つのタスクを同時に実行できるので非常に便利な機能となっております。

CPUの違い

また搭載されているCPUにも違いがあります。

前作honor8の「 Kirin 950 」に対して、
今作honor9は「 Kirin 960 」になります。

どちらも自社開発のKirinシリーズのチップセットが採用。950も960もハイスペック向けの高性能CPUとなっておりますが、honor9では950の後続にあたる960が搭載されています。
honor9は実際にベンチマークスコアを測定したので下記をご参考下さい。

honor9のベンチマークスコア
Antutu GeekBench4

前作のhonor8ではAntutuスコアが9万程度だったので、動作面の性能では大幅に進化しているのが分かります。

ROMの違い

ROMの容量にも違いがあります。

前作honor8の「 32GB 」に対して、
今作honor9は「 64GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。どちらの端末も外部ストレージがあるので追加で増設出来ます。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

前作honor8の「 最大128GB 」に対して、
今作honor9は「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことで、端末それぞれ対応数が異なっているので注意。

ディスプレイの違い

画面サイズにもわずかに違いがあります。

前作honor8の「 5.2インチ 」に対して、
今作honor9は「 5.15インチ 」になります。

どちらも片手操作は可能な範囲です。またどちらも画面解像度は「 FHD(1080×1920) 」となっております。

カメラの違い

どちらもデュアルレンズ搭載となっておりますが、メインのカラーセンサーを搭載したレンズは「 1200万画素 」となっております。
そしてモノクロセンサーを搭載したレンズの画素数に違いがあります。

前作honor8の「 1200万画素 」に対して、
今作honor9は「 2000万画素 」になります。

honor8の頃からデュアルカメラの搭載が流行し始めましたが、今作のhonor9を含めP10シリーズやP9シリーズでも1200万+2000万のモノクロ+カラーセンサーがHUAWEIでは主流となっております。

honor 9
▲honor9のオート撮影写真とカメラインターフェイス。ポートレート撮影やプロ撮影モードなどが搭載されております。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

前作honor8の「 3000mAh 」に対して、
今作honor9は「 3200mAh 」になります。

単純なバッテリー容量は200mAh増量されています。

機能面やデザインの違いを比較

DSDSの対応

honor9ではデュアルSIMのDSDSに対応しております。
2016年後半からはDSDS対応の端末が増えてきています。DSDSは3G+4Gの同時待受(デュアルスタンバイ)が可能なので、国内でのSIM2枚挿しで通信することが出来ます。これまでは切り替えが必要だったので、非常に画期的な機能と言えます。

端末サイズや重量の違い

画面サイズがほとんど同じなので、端末サイズ自体もほとんど同じとなっております。また重量も153gと155gなのでそこまで大きな違いはありません。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

honor 9の開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:29,800円~31,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でhonor 9(53,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

 

まとめ

前作からの進化と言う意味では「CPU」「カメラ」「ストレージ」「DSDS」の4つがポイントになります。
まず「CPU」では前作のKirin950からKirin960へと進化しています。ベンチマークスコアを見れば分かるようにhonor9は非常にスコアが高いです。価格を考えればコスパは優れている部類でしょう。

「カメラ」は単純にモノクロセンサーの画素数が大幅に向上しています。カメラをよく使うのであればもちろん重要な進化です。

そして「ストレージ」は単純にROMと外部ストレージの容量が増えています。特にROMは64GBとかなり大容量となっているのでより扱いやすくなっています。

最後の「DSDS」は2017年代の代表的な機能とも言えます。これからますます需要が高まると予想されます。

そして「価格」にも違いがあります。
honorシリーズはこれまで楽天モバイルで専売的に扱われておりましたが、honor9では様々な格安SIMで販売されます。
うまくキャンペーンを絡めばhonor9を安く入手出来る可能性がありますし、前作のhonor8もそういうタイミングもあるかもしれませんね。

ちなみに今回登場したhonor9は実際に開封時のレビュー記事があるので興味のある方は合わせてご参考下さい!
honor 9の開封レビュー!デュアルカメラ・3Dオーディオ・ガラスボディと贅沢仕様!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。