前回売り切れだらけのスマホ投売りセール再び!

iPhoneとAndroidの違いを比較。どっちがいいかは人による?

iPhoneとAndroidの違いをまとめてみました。
内容はあくまでスマホ初心者向けのものとなっております。これからスマートフォンデビューする方や乗換えを検討している方は是非最後までご参考下さい^^

iPhoneとAndroidの違いとは?

まずはざっくりとそれぞれの概要について触れておきます。

iPhoneとは?

OSはApple社が開発しているiOS仕様
MacPCやiPodでお馴染みのアップルの販売しているスマートフォンで、
iOSを搭載しているスマートフォンがiPhoneです。
例えばiPadなどのアップル社のタブレットにもiOSは搭載しているので、
iPhoneとはiOSを搭載したアップルのスマートフォンと言う事になります。

Androidとは?

OSは、Google社が開発しているAndroidOS仕様
このAndroid OSを搭載したスマートフォンが、
一般的に言われているAndroidスマホと言う事になります。
例えばソニーのXperiaシリーズやサムスンのGalaxyシリーズ等もAndroidOSを搭載しているので、
iPhone以外のほとんどのスマートフォンがAndroidスマホと言う事になります。

iPhoneとAndroid以外のOSは?

iPhoneやAndroid以外のスマホ向けOSも存在します。
有名なところで言えば、マイクロソフト開発のWindowsです。スマホ向けにWindows Mobileと言うOSが開発されており、搭載しているスマホをWindows Phoneと呼びます。
一時期はiPhone、Androidに次ぐ第三勢力になるのでは?と注目でしたね。2018年時点では上手く後続モデルが登場していないところを見ると、スマホとしては微妙だったのかもしれませんね。
ほかにもブラックベリーが開発するBlackBerry OSなんかもありますがこの辺りもマイナーでシェア率は低いです。

基本的にはiOSを搭載したiPhoneとAndroid OSを搭載したAndroidスマホが日本のスマホ市場のメインです。

iPhoneとAndroidはどちらを選ぶべき?

先ほど記載したように、iPhoneとAndroidでは搭載しているOSに違いがあります。パソコンで言えばMacとWindowsのように、ゲーム機で言えばWiiとプレステのような感じです。
Wiiのソフトがプレステでプレイできないように、Android OS向けに開発されているアプリやツールはiOSでは利用することが出来ません。

一昔前ではiOS向けのみに開発されたアプリが多くて、Androidではプレイできないと言うことがありました。
これがiPhoneを選ぶ大きなメリットとしてよく取り上げられておりましたが、2018年時点で考えるとほとんどのアプリがAndroid OSにも対応しているので、iPhoneを選ぶメリットとしては少し薄れているかもしれません。

iPhoneを選ぶメリットは?

まず端末自体の性能が良いです。様々なメーカーが製造するAndroidスマホと違ってiPhoneはアップル社が製造しています。Androidと比べると圧倒的に種類が少ないですが、その分ハズレが少ないです。

インターフェイスも自由度がそこまで高くない分、シンプルな作りとなっております。その辺りも動作の快適さに現れているのかもしれません。どちらかと言えばAndroidはゴチャゴチャしている印象ですからね。

またそのネームブランドのおかげで、悩んだときに選びやすいです。
Androidスマホを選ぶときにいろいろなメーカー、シリーズ、デザインなどを比較したり、選ぶのが面倒!なんて場合にはiPhoneはシンプルに選びやすいですよね。
最新モデルが1種類出ているだけなのでカラーを選ぶだけです。

「アップルはかなり有名なメーカーだし、iPhoneでいいや!」ってなる気持ちがとても分かります。私も家電とかで迷ったときに、高くて有名なメーカーのものを選ぶことが多いです。

Androidスマホを選ぶメリットは?

逆にAndroidスマホでは、めちゃくちゃ沢山のモデルが販売されています。各メーカーが、各シリーズ、各カラーで販売していますからね。

たくさんの端末が販売されているので、差別化のためそれぞれの端末に特徴があります。
カメラ性能が優れているモデル、動作性能が優れているモデル、格安モデル、コストパフォーマンスに優れたモデル、デザイン性の高いモデルなどなど。

「カメラ性能だけ優れているけど、他はしょぼくて良い!代わりに価格が安いほうがいい!」なんていうピンポイントなものを探している方はiPhoneでは見つけることが出来ませんが、Androidスマホなら可能性があります。

自分なりのこだわりがあるのならAndroidスマホで、自身の好みに合った物探して購入しましょう。
そういったものが煩わしいのであればiPhoneを選んでおけば問題ないでしょう。

またAndroidスマホにはiPhoneが対応していない3つの機能に対応しています。それらも最後に紹介しておきます。

Androidスマホだけが対応している3つの機能

まずはおサイフケータイです。
iPhoneもアップルペイがあるのでSuica、iD、 QUICPayを利用することは可能です。AndroidスマホではEdyにも対応しているのでかなり多くの場面で利用することが出来ます。
【2018年最新】おサイフケータイ対応のSIMフリースマホ比較!

次に外部ストレージの搭載です。
外部ストレージはSDカードを挿入することによって増設出来る容量のことです。
iPhoneでは外付けタイプしか利用することが出来ないのでかなり不便です。一方のAndroidスマホでは最新のモデルだと256GBとか400GBもの追加容量を得ることが出来るのでかなり便利です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

最後にデュアルSIMの搭載です。
スマホはSIMカードと呼ばれる情報の入ったチップを接続することで回線を利用出来ます。
Androidスマホの一部のモデルではこのSIMカードを2枚利用することが出来るデュアルSIM機能を搭載しています。
DSDSやDSDVと言った機能に対応していればドコモの電話回線、auのデータ回線、みたいな感じで2つの回線を1台で利用することも出来ます。
この辺りは少し知識が必要なので、こちらの記事を参考に。
【2020年最新】DSDS(3G+4Gデュアルスタンバイ)のおすすめスマホは?

まとめると

圧倒的なブランド力と、すべてにおいて最低限のラインをクリアしている万能なiPhone。
多くのメーカーが競い合っている、自由度の高いAndroid。

どちらも決定的な弱点があるわけではありませんが、最後に記載した3つのポイントだけは事前に理解しておきましょう。
iPhoneを購入した後に容量がもっと欲しい!とか2枚のSIMで運用したい!なんてことになった場合に取り返しがつきませんからね。

そしてAndroidはAndroidで、すごく多くの端末が販売されています。
自分の好みのものを上手く見つけることが出来ない場合に、期待はずれの端末を選んでしまうこともあります。
スマホの選び方 -はじめてスマホを選ぶ方に
こちらの記事に記載していますが、スペック表の重要な項目の意味さえ一度理解すればはじめてスマホを買うときも、これからスマホを買い換えるときにも役立つと思います。

期間限定前回売り切れだらけのスマホ投売りセールが再びやってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。