3キャリアから「iPhone XS Max」が登場!スペックや価格・発売日は?

ドコモ・ソフトバンク・auの3キャリアから、「 iPhone XS Max 」が登場しました。
iPhone XS Maxは「iPhone X」の後続モデルとして登場したiPhone XSに、さらに大型ディスプレイを搭載したモデル。

発売日は、
2018年9月14日16時01分予約受付が開始し、
2018年9月21日より発売とのことです。

アップルストア価格は、
64GBモデルが124,800円(税抜)、
256GBモデルが141,800円(税抜)、
512GBモデルが164,800円(税抜)
とのことです。

iPhone XS Maxの詳細スペック

名称 iPhone XS Max
メーカー アップル
キャリア ドコモ
ソフトバンク
au
発売時期 2018年9月
OS iOS 12
CPU A12 Bionic
RAM 不明
ROM 64 GB
256 GB
512 GB
カードスロット 非搭載
液晶サイズ 6.5 インチ
解像度 2688 x 1242
背面カメラ 1200万画素(広角F1.8)
1200万画素(望遠F2.4)
前面カメラ 700万画素(F2.2)
バッテリー容量 – mAh
連続待受時間 インターネット利用:最大25時間
連続通話時間 ワイヤレス:最大13時間
SIMカード nanoSIM
eSIM
Wifi IEEE802.11
a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver 5.0
生体認証 顔認証
防水防塵 IP68
機種サイズ(縦幅) 約157.5 mm
機種サイズ(横幅) 約77.4 mm
機種サイズ(厚み) 約7.7 mm
機種重量 約208 g
カラー名称 ゴールド
スペースグレイ
シルバー

iPhone XS Maxの関連グッズを探す

発売後に記載

iPhone XS Maxの公式サイトをチェック

参考 iPhone XS - 仕様Apple(日本)

Amazonベストセラー「ワイヤレスイヤホン」

QCY Bluetooth イヤホン QY19
QCY
(Amazon/楽天市場/Yahoo!)

参考価格:
3,000円前後

タイプ:
Bluetoothイヤホン

購入方法:
Amazon商品ページ
楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す

こちらはBluetooth接続のワイヤレスイヤホンです。
長らくQY8を使用しておりましたが、2台目が壊れたのをきっかけにQY19を購入してみました!
音楽や動画の視聴はもちろんですが、スマホとのペアリングが可能なので、
内蔵マイクによって長時間の通話にかなりのオススメです!
防水・防滴にも対応しているので私のようにランニングや散歩時に使うことも出来ます。
(私は単純に線が邪魔なのでワイヤレスイヤホンが欲しかっただけですが^^;)
海外の製品なので抵抗のある方は遠慮ください。

容量が足らない方に必須の外部ストレージ

Kingston microSDXCカード
キングストン
(Amazon/楽天市場/Yahoo!)

参考価格:
1,042円~14,520円

タイプ:
microSDカード

購入方法:
Amazon商品ページ
楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す

スマホで音楽・画像・動画を管理する方に必須のアイテムです。
外部ストレージは最近本当に安くなりました。
16GBですら1,000円程度で購入出来たりします。
長くAmazonのTranscendのmicroSDカードを使用しておりましたが、最近の端末で対応している128GBや256GBが販売されていないので最近はこちらのメーカーのmicroSDカードを使用しています。
16GBから256GBまで各端末に合わせて購入する事が出来る上に、
レビュー評価も高く価格も安くてオススメのメーカーです。
microSDカードを購入する際にはいくつか注意点があります。
購入する前にこちらをチェックしてみて下さい。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

持ち運びに特化したスティック型モバイルバッテリー

cheero Power Plus 3 stick 3350mAh
cheero
(Amazon/楽天市場/Yahoo!)

参考価格:
1,500円~

タイプ:
モバイルバッテリー

購入方法:
Amazon商品ページ
楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す

こちらは最早モバイルバッテリーの王道メーカーと言っても過言ではないcheeroの製品です。
その知名度はモバイルバッテリーを購入した事のある方なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。今回紹介しているモバイルバッテリーはスティック型のモバイルバッテリーになります。スティック型の最大の特徴はそのコンパクトさから持ち運びに便利ですし、重量がとても軽いので邪魔になりません。ポケットに入るのも良い所のひとつです。
もちろんその分容量が削られていますが、それでも3000mAhを超えているので一日中出掛けるとしても十分な容量です。
カラーバリエーションが全4色(白、青、黄、ピンク)なのですがAmazonでは常に何色かは売り切れているほどの人気製品。
スティック型モバイルバッテリーでもうひとつの人気製品AnkerのPowerCore+ miniよりも10グラム近くも軽いので個人的にはcheeroの方がオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。