jetfonとRAIJINはどちらが良いのか違いを比較!

FREETEL(MAYA SYSTEM)のスマホ「jetfon」「RAIJIN」はどちらが良いのかスペックの違いを比較してみました!
jetfonはクラウドSIMテクノロジーの搭載が最大の特徴です。今回は同じくMAYA SYSTEMから販売されている他のモデルとの比較になります。どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

jetfonとRAIJINの比較

スペック比較表
名称 jetfon RAIJIN
画像
メーカー MAYA SYSTEM
FREETELブランド
発売時期 2018年8月 2016年12月
OS Android 7.1 Android 7.0
CPU Snapdragon 652
オクタコア
1.8GHz
MT6750T
オクタコア
1.5GHz
1.0GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大256GB 最大128GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.5 インチ
画面解像度 1920×1080
FHD
1920×1080
FHD
背面カメラ 1300万画素 1600万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 2900mAh 5000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n
DSDS 対応 対応
USB microUSB USB Type-C
指紋認証 対応 対応
防水防塵
機種サイズ
(縦幅)
153.6 mm 153 mm
機種サイズ
(横幅)
75.8 mm 76 mm
機種サイズ
(厚み)
7.9 mm 8.7 mm
機種重量 180 g 146 g
カラー グラファイトブラック
シャンパンゴールド
シルバー
マットブラック
マットネイビー
参考価格 39,800円 29,800円

jetfonとRAIJINの価格比較

jetfonの
「 37,980円 」に対して、
RAIJINは
「 29,800円 」になります。

jetfonとRAIJINの違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

jetfonの
「 Snapdragon 652 」に対して、
RAIJINは
「 MT6750T 」になります。

CPUはスマホの動作面に影響を与える最も重要なパーツです。
jetfonではクアルコム社のスナドラ652が搭載されており、Antutuのベンチマークスコアは10万前後とのことです。
一方のREI 2 DualではMediaTek社のチップセットが搭載されており、こちらはAntutuスコアが55000前後です。
ベンチマークスコア差を見れば分かるように、動作性能ではjetfonの方が優れています。

jetfonとRAIJINの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

jetfonの
「 最大256GB 」に対して、
RAIJINは
「 最大128GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

jetfonとRAIJINの違いを比較「カメラ」

単純な背面カメラの画素数にも違いがあります。

jetfonの
「 1300万画素 」に対して、
RAIJINは
「 1600万画素 」になります。

単純な画素数ではRAIJINの方が上です。

jetfonとRAIJINの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

jetfonの
「 2900mAh 」に対して、
RAIJINは
「 5000mAh 」になります。

バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、
単純な容量ではRAIJINの方が上回っています。

jetfonとRAIJINの違いを比較「USBポート」

USBポートの規格にも違いがあります。

jetfonの
「 microUSB 」に対して、
RAIJINは
「 USB Type-C 」になります。

USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。
スマホの「microUSB」と「USB Type-C」の違いとは?

h3 class=”news_headline2″>jetfonとRAIJINの違いを比較「クラウンドSIMテクノロジー」

jetfonでは クラウドSIMテクノロジーが搭載 されております。
以下公式サイトの引用です。

jetfonは、現在の位置情報をもとに、最適な現地通信会社を選択し、
自動接続する新しい通信技術「クラウドSIMテクノロジー」を搭載しています。
すべて自動で通信が切り替わるので、日本国内での通信と同じ感覚で、データ通信が可能です。

まとめると

クラウドSIMテクノロジーがjetfonの最大の特徴となっておりますので、クラウドSIMテクノロジーにメリットを感じる方はjetfonがオススメです。
一方のRAIJINはMediaTek社のチップセットが搭載されていることもあって価格がかなり抑えられており、それでもAntutuスコアが55000前後を記録しているのである程度の動作に期待出来ます。
また特長として5000mAhと言う大容量バッテリーが搭載されているので扱いやすいかと思われます。

当サイトでRAIJINを実際に開封したときのレビュー記事があるので、
興味のある方はそちらも合わせてご閲覧下さい!
FREETEL RAIJIN(雷神)開封レビュー!DSDSや大容量バッテリー搭載でコスパ高!

端末をお探しの方は

どちらもSIMフリーモデルなので各量販店にて購入が可能です。

Amazon「jetfon」で検索する
楽天市場「jetfon」で検索する
Yahoo!ショッピング「jetfon」で検索する Amazon「RAIJIN」で検索する
楽天市場「RAIJIN」で検索する
Yahoo!ショッピング「RAIJIN」で検索する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。