nova lite 3が3,480円、Mate 20 Proが52,800円!OCNの神セール開催中【8月5日まで】

格安で買える!おすすめの安い白ロムスマホ9選

白ロムスマホを選ぶメリットと言えば「価格の安さ」があります。
今回は中でもとくに安い型落ちモデルをまとめてみたので、安い白ロムスマホをお探しの方は是非ご参考を^^

そもそも白ロムスマホとは?

SIMカードが挿入されていない解約済みのスマートフォンのことです。
本来の意味合いからは少し変化しておりますが、白ロムスマホは既に解約されている中古スマホのことを指します。

白ロムスマホの使い道は?

白ロムスマホはSIMカードを差し込むことによって、普通のスマホとして利用することが出来ます。
キャリアで新品を契約するよりも型落ちの安い中古を購入したいと言う方もいるというわけですね。もちろん未使用品も出回っているので中古に抵抗のある方は新品や未使用品を選びましょう。

白ロムスマホは安いのでオススメ!

キャリアの投売り(期間限定の格安で購入出来るキャンペーンなど)が過去にあった端末はめちゃくちゃ相場が安くなります。それによってスペックに見合わない「コスパの良い」端末となります。
古いモデルや状態の悪いものほど安くなりますし、タイミング次第ではありえないほど安く販売されていることがあります。

白ロムスマホのメリットは?

SIMフリースマホと比較すると「おサイフケータイ」や「防水防塵」などの機能に対応したモデルが多いことや、先ほども記載したように投売りが過去にあった端末など暴落した価格で購入出来る場合があることです。

白ロムスマホの購入方法は?

白ロムスマホは基本的には中古での購入となります。もちろん購入してすぐに出品される未開封品や新品、動作確認だけ行われた未使用品なども販売されておりますが、どちらにしても一度は人の手に渡った中古品と言う扱いになります。


ひとつ注意しておきたいのが白ロムスマホの入手経路です。オークションやフリマ、ショップ等で販売されていますが、商品状態の程度や傷の大小等の認識は売り手の判断となっております。


そういった理由もあるので、専門店での購入がオススメです。
専門店だと個人出品のオークションやフリマよりは高くなりがちですが、専門業者が状態の判断をしている分、ある程度は安全に取引が出来ます。

おすすめの安い白ロムスマホ

ムスビー/中古ケータイ・スマホ専門サイトムスビーにて公開されている白ロムスマホの売れ筋ランキングやYahoo!ショッピングのランキングを参考に価格の安いモデルをピックアップ。

AQUOS sense SH-01K/SHV40

メーカー  シャープ
発売時期  2017年11月
CPU  Snapdragon 430
RAM  3GB
ROM  32GB
画面サイズ  5.0インチ
画面解像度  1920×1080(FHD)
背面カメラ  1310万画素
前面カメラ  500万画素
バッテリー  2700mAh
サイズ  144 x 72 x 8.6 mm
 148 g
カラー  オパールグリーン
 シルキーホワイト
 ミスティピンク
 ベルベットブラック
機能  おサイフケータイ
 防水防塵
発売時の価格  32,400円
こちらはムスビーのランキングで2018年代で何度も首位を獲っているシャープの「AQUOS sense」です。
と言っても実際に人気が高いのはドコモ版のSH-01Kです。SH-01Kはドコモの料金プランdocomo withの対象端末と言うこともあって非常に価格が安くなっております。
それに伴ってau版のSHV40も価格は安くなっておりますし、Antutuスコアが6万前後なので普段使いの方にのみおすすめの端末です。
docomo withの対象端末は性能こそそこまで高くありませんが、価格がめちゃくちゃ安いので格安の白ロムスマホをお探しなのであれば大本命となります。

AQUOS sense2 SH-01L/SHV43

メーカー  シャープ
発売時期  2018年12月
CPU  Snapdragon 450
RAM  3GB
ROM  32GB
画面サイズ  5.5インチ
画面解像度  2160×1080(FHD+)
背面カメラ  1200万画素
前面カメラ  800万画素
バッテリー  2700mAh
サイズ  148 x 71 x 8.4 mm
 155 g
カラー   多種
機能  おサイフケータイ
 防水防塵
発売時の価格  31,752円
 32,400円
こちらはそんなAQUOS senseの後続モデル「AQUOS sense2」です。
SIMフリー版も販売されており、スナドラ450が搭載されていることもあってコスパには優れている端末です。AnTutuスコアは7万前後を記録しております。
こちらもまたdocomo withの対象端末と言うことでかなり安く入手出来ます。

LG style L-03K

メーカー  LGエレクトロニクス
発売時期  2018年6月
CPU  Snapdragon 450
RAM  4GB
ROM  64GB
画面サイズ  5.5インチ
画面解像度  2160×1080(FHD+)
背面カメラ  1620万画素
前面カメラ  800万画素
バッテリー  2890mAh
サイズ  144 x 69 x 8.7 mm
 146 g
カラー  Black
 White
 Blue
機能  おサイフケータイ
 防水防塵
発売時の価格  40,176円
こちらはドコモのLG製スマホ「LG style L-03K」です。
docomo with対象端末の中ではスペックが少し高めで、かつ価格も抑えられているのでAQUOS senseやsense2より少しでも性能が良い端末が欲しいと言う方にオススメ!CPUはsense2と同様にスナドラ450が搭載されているので、Antutuスコアは7万前後を記録しています。

ARROWS Be F-05J

メーカー  富士通
発売時期  2017年6月
CPU  Snapdragon 410
RAM  2GB
ROM  16GB
画面サイズ  5.0インチ
画面解像度  1280×720(HD)
背面カメラ  1310万画素
前面カメラ  500万画素
バッテリー  2580mAh
サイズ  144 x 72 x 7.8 mm
 141 g
カラー  レッド
 ブラック
 ホワイト
機能  おサイフケータイ
 防水防塵
 耐衝撃
発売時の価格  28,512円
そしてこちらもまたdocomo with対象端末の「arrows Be(第一弾)」です。
こちらはAQUOS senseよりも更に性能の低いスナドラ410が搭載されており、Antutuスコアは35000前後となっております。
さすがにここまで性能が低いと普段使いの方にもオススメとは言えませんが、端末価格がめちゃくちゃ安いのでむしろコスパで言えば高い部類かと思われます。
スマホ自体を電話やラインぐらいしか使わないと言う方やサブ機をお探しの方にはオススメです。

Xperia X Performance SO-04H

メーカー  ソニー
発売時期  2016年6月
CPU  Snapdragon 820
RAM  3GB
ROM  32GB
画面サイズ  5.0インチ
画面解像度  1920×1080(FHD)
背面カメラ  2300万画素
前面カメラ  1320万画素
バッテリー  2570mAh
サイズ  144 x 71 x 8.6 mm
 165 g
カラー  ホワイト
 グラファイトブラック
 ライムゴールド
 ローズゴールド
機能  おサイフケータイ
 防水防塵
価格  90,072円
そしてこちらはソニーのスタンダードモデル「Xperia X Performance」です。
こちらは2016年代の端末ですが、当時のフラグシップモデルと言うことでスナドラ820が搭載されています。Antutuスコアは14万前後とハイスコアを記録しています。
状態次第ではかなり安く販売されておりますが、バッテリー容量がそこまで多くないので出来れば状態が良いものを選びたいですね。

Xperia X Compact SO-02J

メーカー  ソニー
発売時期  2016年11月
CPU  Snapdragon 650
RAM  3GB
ROM  32GB
画面サイズ  4.6インチ
画面解像度  1280×720(HD)
背面カメラ  2300万画素
前面カメラ  510万画素
バッテリー  2700mAh
サイズ  129 x 65 x 9.5 mm
 135 g
カラー  ミストブルー
 ホワイト
 ユニバースブラック
 ソフトピンク
機能  おサイフケータイ
 防水防塵
発売時の価格  63,504円
こちらはソニーのコンパクトモデル「Xperia X Compact」です!
こちらはXperia Compactシリーズの2016年後半に登場したモデル。発売からそこそこ経っているので価格が安くておすすめ。画面サイズが4.6インチで端末サイズが129×65mmと言うコンパクトさ。

AnTuTuベンチマークスコアは、スナドラ650搭載と言うことで10万前後を記録しています。
コンパクトディスプレイでかつHDディスプレイなのでバッテリー持ちに定評がありますし、Antutuスコアもそれなりにあるのでオススメです。

Xperia Z5 Premium SO-03H

メーカー  ソニー
発売時期  2015年11月
CPU  Snapdragon 810
RAM  3GB
ROM  32GB
画面サイズ  5.5インチ
画面解像度  2160×3840(4K)
背面カメラ  2300万画素
前面カメラ  510万画素
バッテリー  3430mAh
サイズ  154 x 76 x 7.8 mm
 180 g
カラー  Chrome
 Black
発売時の価格  93,312円
こちらはドコモのソニー製スマホ「Xperia Z5 Premium SO-03H」です。
特徴はなんといっても4Kディスプレイ。数あるスマートフォンで4Kディスプレイを搭載したシリーズはXperia Premiumのみとなっており、かなり希少なモデルとなっております。
こちらは2015年代のモデルなので価格がかなり下がっているのでねらい目。さすがに新しいモデルだと価格がめちゃくちゃ高いです。CPUはスナドラ810搭載なのでAntutuスコアは10万前後を記録しております。

nova 2 HWV31

メーカー  HUAWEI
発売時期  2018年1月
CPU  Kirin 659
RAM  4GB
ROM  64GB
画面サイズ  5.0インチ
画面解像度  1920×1080(FHD)
背面カメラ  1200万+800万画素
前面カメラ  2000万画素
バッテリー  2950mAh
サイズ  142 x 69 x 6.9~7.6 mm
 143 g
カラー  オーロラブルー
 グラファイトブラック
 ローズゴールド
機能  -
発売時の価格  32,400円(税込)
そしてこちらはauから登場したHUAWEI製モデルの「nova 2 HWV31」です。
こちらはコスパにすぐれたミドルスペックで、カメラ機能が優れています。背面のデュアルに加えてセルフィーも高画素レンズが搭載されております。また5インチのコンパクトディスプレイが搭載されているので、横幅が69mmとなっております。Kirin659搭載とのことで、Antutuスコアは8万5000前後を記録しております。普段使いでかつある程度スペックのあるコンパクトモデルを探している方には是非オススメしたい端末です!

iPhone 6s

メーカー  APPLE
発売時期  2015年9月
CPU  Apple A9
RAM  2GB
ROM  32GB/128GB
画面サイズ  4.7インチ
画面解像度  1334×750
背面カメラ  1200万画素
前面カメラ  500万画素
バッテリー  1715mAh
サイズ  138.3 x 67.1 x 7.1 mm
 143 g
カラー  スペースグレイ
 シルバー
 ゴールド
 ローズゴールド
機能  -
参考価格  4万円前後(32GB)
こちらはお馴染みアップルのiPhoneシリーズの2015年モデル「iPhone 6s」です。
iPhoneシリーズは需要の高さもあって、中古ですらそれなりに価格が高いです。もちろん状態が悪ければ安く入手出来ますが。
そんな中でもiPhone6sは格安SIMやワイモバイル、docomo withの対象端末として未だに販売されているので流通数が多いのでオススメ。

まとめると

端末名 AnTuTu 白ロム相場
AQUOS sense SH-01K 6万 15,800円~21,800円
AQUOS sense SHV40 6万 13,800円~18,800円
AQUOS sense2 SH-01L 7万 20,800円~23,800円
AQUOS sense2 SHV43 7万 20,800円~25,800円
LG style L-03K 7万 25,000円前後
ARROWS Be F-05J 3.6万 9,980円~17,800円
Xperia X Performance SO-04H 14万 25,000円前後
Xperia X Compact SO-02J 10万 16,800円~24,800円
Xperia Z5 Premium SO-03H 10万 21,800円~48,800円
nova 2 HWV31 10万 20,000円前後
iPhone 6s(docomo) 15万 30,000円前後
iPhone 6s(au) 15万 20,000円~40,000円
iPhone 6s(softbank) 15万 30,000円前後
iPhone 6s(SIMfree) 15万 30,000円前後

イオシスのAランク~未使用品を参考

Antutuスコアと価格を考えると、Xperia X Performance SO-04Hnova 2iPhone 6sのコスパがやや高めです。と言ってもどのぐらいの価格で入手出来るかによってコスパにはかなり差が出そうです。流通の多いiPhone 6sなんかは安いものを入手出来そうに思えますが、需要も高いのでそういった商品はすぐに売れてしまいます。そう考えるとnova2やXperia Z5 Premiumなんかは人によって好みが分かれる端末なので、もしかすると安く販売されている可能性もありますね。

後はやはりdocomo with系の端末です。上記の表で言えばARROWS Beまでの端末です。Antutuスコアではソニー端末やnova2やiPhoneと比べると少し劣りますが、発売も新しいですし、何よりも状態の良いものが安く入手出来るのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。