スマートフォンの基本的な使い方からオススメカバーや売れ筋ランキング、料金比較など色々詳しく解説してます

「docomo with」LG styleとAQUOS senseはどちらが良いのか違いを比較!


NTTドコモのキャンペーン「docomo with」対象端末であるLGエレクトロニクス製「LG style L-03K」とシャープ製「AQUOS sense SH-01K」はどちらが良いのかスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

LG style L-03KとAQUOS sense SH-01Kのスペック比較

スペック比較表
名称 LG style L-03K AQUOS sense SH-01K
画像
メーカー LG シャープ
キャリア NTTドコモ
発売時期 2018年6月 2017年11月
OS Android 8.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 450
オクタコア
Snapdragon 430
オクタコア
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大400GB 最大256GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.0 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
1920×1080
FHD
背面カメラ 1620万画素 1310万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 2890mAh 2700mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
防水 対応 対応
防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応 対応
ハイレゾ 対応
生体認証 指紋
指紋
機種サイズ
(縦幅)
144 mm 144 mm
機種サイズ
(横幅)
69 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
8.7 mm 8.6 mm
機種重量 146 g 148 g
カラー ホワイト
ブラック
ブルー
シャンパーニュゴールド
シルキーホワイト
フロストラベンダー
ベルベットブラック

LG styleとAQUOS senseの価格比較

どちらもライトモデルなので端末価格自体もキャリアスマホの中では安い方です。

LG styleの
「 40,176円 」に対して、
AQUOS senseは
「 30,456円 」になります。

あくまで端末代金です。もちろん「docomo with」が適用されるので実質負担金ではもっと安くなります。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

LG styleの
「 Android 8.1 」に対して、
AQUOS senseは
「 Android 7.1 」になります。

あくまで出荷時のバージョンとなりますが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。
そして8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

LG styleの
「 Snapdragon 450 」に対して、
AQUOS senseは
「 Snapdragon 430 」になります。

どちらもクアルコム社のエントリーモデル向けSoCスナドラ4xxシリーズが採用されております。
AQUOS senseのスナドラ430はエントリーモデルからミドルロー辺りの端末に多く採用されており、Antutuのベンチマークスコアでは55000前後を記録しています。
そしてLG styleのスナドラ450はその後続モデルとなっており、Antutuのベンチマークスコアでは70000前後とスナドラ430よりもハイスコアとなります。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

LG styleの
「 4GB 」に対して、
AQUOS senseは
「 3GB 」になります。

RAMは同時動作に影響を与えると言われているので、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「ROM」

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

LG styleの
「 64GB 」に対して、
AQUOS senseは
「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

LG styleの
「 最大400GB 」に対して、
AQUOS senseは
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

LG styleの
「 5.5インチ 」に対して、
AQUOS senseは
「 5.0インチ 」になります。

LG styleでは従来の縦横比16:9のディスプレイではなく、18:9の縦長のディスプレイが搭載されております。一方のAQUOS senseでは従来のタイプとなっており、サイズも5.0インチとコンパクトです。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

LG styleの
「 2160×1080(FHD+) 」に対して、
AQUOS senseは
「 1920×1080(FHD) 」になります。

画面解像度はざっくり言えば画面の縦横の点の数のことで、この点の数に色が入って画面を映します。
先ほども記載しましたが、LG styleでは縦横比18:9の縦長ディスプレイが採用されています。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「カメラ」

カメラの画素数にも違いがあります。まず背面カメラが、

LG styleの
「 1620万画素 」に対して、
AQUOS senseは
「 1310万画素 」になります。

また前面カメラの画素数にも違いがあります。

LG styleの
「 800万画素 」に対して、
AQUOS senseは
「 500万画素 」になります。

単純な画素数では背面前面共にLG styleの方が上です。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

LG styleの
「 2890mAh 」に対して、
AQUOS senseは
「 2700mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではLG styleの方が上となります。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「Wi-Fi」

LG styleでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
AQUOS senseのように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電との混線があるので注意しましょう。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「ハイレゾ」

LG styleでは ハイレゾに対応 しております。
ハイレゾ音源はより原音に近いクオリティを再現し、最近では対応端末が増えています。

LG styleとAQUOS senseの違いを比較「顔認証」

LG styleでは 顔認証に対応 しております。
顔認証は賛否両論あるものの、好みのユーザーにとっては欠かせない機能です。ちなみにAQUOS senseも指紋認証には対応しています。

まとめると

価格差もあって、単純な動作スペックではLG styleの方が優れています。
CPUではスナドラ430の後続モデル450が搭載されておりますし、RAMに加えて内部ストレージや外部ストレージの対応数もLG styleの方が上です。

またディスプレイ関係で言えば、LG styleはトレンドでもある縦横比18:9の縦長ディスプレイとベゼルレス設計が採用されています。
これによってAQUOS senseよりも5インチもディスプレイが大きい割には、縦幅はほぼ同じで横幅も3ミリしか違いません。

そして機能面でもLG styleの方が万能です。
「Wi-Fi5GHzの対応」「ハイレゾ」「顔認証」とAQUOS senseにはない機能が搭載されています。

と言ったようにほとんどの部分でLG styleの方が優れています。
一方のAQUOS senseを選ぶメリットはやはり価格の安さでしょう。
「docomo with」を利用する以上は少しでもコストを抑えたいはずです。

AQUOS senseもAntutuベンチマークスコアが55000前後はありますし、重いアプリを使わない普段使いのみであればむしろ快適なはずです。

今回記載したLG styleを選ぶメリットにそこまで魅力を感じないのであればAQUOS senseを選んでも問題ないでしょう。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

Follow site

follow us in feedly

ピックアップ!