「docomo with」LG styleとMONO MO-01Kはどちらが良いのか違いを比較!

NTTドコモのキャンペーン「docomo with」対象端末であるLGエレクトロニクス製「LG style L-03K」とZTE製「MONO MO-01K」はどちらが良いのかスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

LG style L-03KとMONO MO-01Kのスペック比較

スペック比較表
名称 LG style L-03K MONO MO-01K
画像
メーカー LG ZTE
キャリア NTTドコモ
発売時期 2018年6月 2017年12月
OS Android 8.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 450
オクタコア
Snapdragon 435
オクタコア
RAM 4GB 3GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大400GB 最大256GB
画面サイズ 5.5 インチ 5.0 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
1280×720
HD
背面カメラ 1620万画素 1320万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 2890mAh 2800mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
防水 対応 対応
防塵 対応 対応
おサイフケータイ 対応
ハイレゾ 対応 対応
生体認証 指紋
機種サイズ
(縦幅)
144 mm 142 mm
機種サイズ
(横幅)
69 mm 69 mm
機種サイズ
(厚み)
8.7 mm 8.9 mm
機種重量 146 g 153 g
カラー ホワイト
ブラック
ブルー
ホワイト
グレイブラック

LG styleとMONO MO-01Kの価格比較

どちらもライトモデルなので端末価格自体もキャリアスマホの中では安い方です。

LG styleの
「 40,176円 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 25,272円 」になります。

あくまで端末代金です。もちろん「docomo with」が適用されるので実質負担金ではもっと安くなります。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

LG styleの
「 Android 8.1 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 Android 7.1 」になります。

あくまで出荷時のバージョンとなりますが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。
そして8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

LG styleの
「 Snapdragon 450 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 Snapdragon 435 」になります。

どちらもクアルコム社のエントリーモデル向けSoCスナドラ4xxシリーズが採用されております。
MONOのスナドラ435はエントリーモデルからミドルロー辺りの端末に多く採用されており、Antutuのベンチマークスコアでは60000前後を記録しています。
そしてLG styleのスナドラ450はその後続モデルとなっており、Antutuのベンチマークスコアでは70000前後とスナドラ435よりもハイスコアとなります。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

LG styleの
「 4GB 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 3GB 」になります。

RAMは同時動作に影響を与えると言われているので、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「ROM」

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

LG styleの
「 64GB 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

LG styleの
「 最大400GB 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

LG styleの
「 5.5インチ 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 5.0インチ 」になります。

LG styleでは従来の縦横比16:9のディスプレイではなく、18:9の縦長のディスプレイが搭載されております。一方のMONOでは従来のタイプとなっており、サイズも5.0インチとコンパクトです。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

LG styleの
「 2160×1080(FHD+) 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 1280×720(HD) 」になります。

画面解像度はざっくり言えば画面の縦横の点の数のことで、この点の数に色が入って画面を映します。
先ほども記載しましたが、LG styleでは縦横比18:9の縦長ディスプレイが採用されています。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「カメラ」

カメラにも違いがあります。背面の画素数では、

LG styleの
「 1620万画素 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 1320万画素 」になります。

また前面カメラの画素数にも違いがあります。

LG styleの
「 800万画素 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 500万画素 」になります。

単純な画素数では背面前面共にLG styleの方が上です。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

LG styleの
「 2890mAh 」に対して、
MONO MO-01Kは
「 2800mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではLG styleの方が上となります。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「Wi-Fi」

LG styleでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
MONOのように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電との混線があるので注意しましょう。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「おサイフケータイ」

LG styleでは おサイフケータイに対応 しております。
MONOは対応していないので、利用しようと思っている方は注意しましょう。

LG styleとMONO MO-01Kの違いを比較「生体認証」

LG styleでは 指紋認証+顔認証を搭載 しております。
MONOでは非搭載となっておりますが、LG styleでは指紋・顔共に対応しているのでセキュリティ面も安心です。

まとめると

LG styleとAQUOS senseの比較記事とほとんど同じような結果に。

まず価格差もあって、動作スペックではLG styleの方が優秀です。
CPU、RAM、ROM、外部ストレージでは全て上回っており、
ディスプレイではトレンドでもある縦横比18:9の縦長ディスプレイとベゼルレス設計が採用、
カメラの単純な画素数では背面前面共に勝っております。

さらに加えて機能面でも「Wi-Fi5GHzの対応」「おサイフケータイの対応」「生体認証の対応」と言う重要な昨日に対応しています。

一方のMONOを選ぶメリットはやはり価格の安さでしょう。
単純な端末価格では15,000円ほど差がありますし、もし上記に記載したLG styleのメリットに魅力を感じないのであればMONOを選んでも問題ありません。
実際にベンチマークスコアも1万ほどしか違わないですし、MONOも60000前後を記録しているので普段使いであれば快適に動きます。

それでもやはり多くの部分でLG styleが優れています。ざっくりまとめると、
「CPU」「RAM」「ストレージ」などの基本性能、
ディスプレイのトレンド「ワイドディスプレイ+ベゼルレス」の組み合わせ、
「Wi-Fi5GHz」「おサイフケータイ」「生体認証」などのMONOには無い機能面の充実さ、
この辺りの一つでも魅力を感じると言う方は無難にLG styleを選んでおいた方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。