「Mate 20 lite」と前作「Mate 10 lite」のスペックの違いを比較!

HUAWEI製SIMフリースマホ「Mate 20 lite」とその前作にあたる「Mate 10 lite」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

Mate 20 liteとMate 10 liteのスペック比較

スペック比較表
名称 Mate 20 lite Mate 10 lite
画像
メーカー HUAWEI
発売時期 2018年11月 2017年12月
OS Android 8.1 Android 7.0
CPU Kirin 710
2.2GHz
1.7GHz
Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
1.7GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 6.3 インチ 5.9 インチ
画面解像度 2340×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 2000万画素
200万画素
1600万画素
200万画素
前面カメラ 2400万画素
200万画素
1300万画素
200万画素
バッテリー 3750mAh 3340mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
DSDS 対応
DSDV

au VoLTEに対応予定
USB USB Type-C microUSB
指紋認証 対応 対応
防水防塵
おサイフケータイ
通信(3G) Band1
Band5
Band6
Band8
Band19
Band1
Band6
Band8
Band19
通信(4G) Band1
Band3
Band5
Band7
Band8
Band19
Band28
Band38
Band40
Band41
Band1
Band3
Band8
Band19
Band28
Band41
機種サイズ
(縦幅)
158.3 mm 156.2 mm
機種サイズ
(横幅)
75.3 mm 75.2 mm
機種サイズ
(厚み)
7.6 mm 7.5 mm
機種重量 172 g 164 g
カラー サファイアブルー
ブラック
オーロラブルー
グラファイトブラック
参考価格 39,800円 42,800円

Mate 20 liteとMate 10 liteの価格比較

まずは発売時の価格に違いがあります。

Mate 20 liteの
「 39,800円 」に対して、
Mate 10 liteは
「 42,800円 」になります。

あくまで定価なのでキャンペーンや発売時期によって価格は下がります。
Mate 20 liteはビックカメラ系列の専売モデルとなっているので価格が安く設定されています。

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「OS」

プリインストールされているOSに違いがあります。

Mate 20 liteの
「 Android 8.1 」に対して、
Mate 10 liteは
「 Android 7.0 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

Mate 20 liteの
「 Kirin 710 」に対して、
Mate 10 liteは
「 Kirin 659 」になります。

どちらの端末もハイシリコン社のチップセットが搭載されております。
前作ではKirin 659が搭載されており、Antutuのベンチマークスコアでは87000前後を記録しております。
今作のMate20 liteではKirin 710が搭載されており、Antutuのベンチマークスコアでは13万5000前後を記録しております。
Kirin710がこの価格でこれだけのスコアを記録しているので、2019年代は国内でも搭載機が増えるかもしれませんね。

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「画面サイズ」

また画面サイズにも違いがあります。

Mate 20 liteの
「 6.3インチ 」に対して、
Mate 10 liteは
「 5.9インチ 」になります。

どちらの端末もワイドディスプレイ+ベゼルレス設計の組み合わせが採用されております。
今作のMate 20 liteでは上部にノッチデザインが採用されています。それによってアスペクト比が前作の18:9に対して、今作では19.5:9となっております。

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。まず背面の画素数が、

Mate 20 liteの
「 2000万+200万画素 」に対して、
Mate 10 liteは
「 1600万+200万画素 」になります。

どちらの端末も背面に2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様が採用されております。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

Mate 20 liteの
「 2400万+200万画素 」に対して、
Mate 10 liteは
「 1300万+200万画素 」になります。

背面全面共にメインの画素数が向上しております。
Mate 20 liteの公式サイトには、
背面カメラが「AI機能が22の被写体やシーンを識別することで、難しい設定なしでもプロのような写真が撮れる。」
前面カメラが「AIが8種類のシーンを識別し、適切な撮影方法を自動で設定。」
との記載があり、AI機能が特徴として取り上げられています。

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

Mate 20 liteの
「 3750mAh 」に対して、
Mate 10 liteは
「 3340mAh 」になります。

単純なバッテリー容量では前作から410mAh増量しています。

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「USB」

USBポートの規格にも違いがあります。

Mate 20 liteの
「 USB Type-C 」に対して、
Mate 10 liteは
「 microUSB 」になります。

USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。
スマホの「microUSB」と「USB Type-C」の違いとは?

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「Wi-Fi」

Mate 20 liteでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
前作のMate 10 liteのように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。
スマホWi-Fiの2.4GHzと5GHzの違いとは?a/b/g/n/ac?

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「DSDV」

Mate 20 liteでは デュアルSIMデュアルVolTE(DSDV)に対応 しております。
3G+4Gの同時待受が可能なデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)とは違って、DSDVでは4G+4Gの同時待受が可能です。
「DSDV」のメリットとは?まだまだ少ない対応端末の比較!

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「サイズ」

Mate 20 liteの
「 158.3 × 75.3 × 7.6 mm / 172 g 」に対して、
Mate 10 liteは
「 156.2 × 75.2 × 7.5 mm / 164 g 」になります。

画面サイズがアップしたこともあって、前作の方が端末サイズはわずかにコンパクトです。

Mate 20 liteとMate 10 liteの違いを比較「カラー」

Mate 20 lite Mate 10 lite
ブラック グラファイトブラック
サファイアブルー オーロラブルー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。