【日本発売決定】Mi Note 10 Liteのスペックレビュー!Mi Note 10のカメラと価格を抑えた廉価モデル

Xiaomiから日本向けスマホ第2弾として、「Mi Note 10 Lite」「Redmi Note 9S」の発売が発表されました!

どちらもグローバルモデルとして既に販売されている大人気スマホです。Redmi Note 9Sはスマ情で購入時のレビュー記事があるので、興味のある方はそちらもぜひ参考にしてみて下さい!

【Redmi Note 9S実機レビュー】2万円台でAnTuTuベンチマーク25万は、もはや反則レベルでしょ!

この記事では、Mi Note 10 Liteのスペックや特長、発売日や価格情報などをまとめてみました!

Mi Note 10 Liteの価格と主な特長

  • Mi 10 Liteの廉価版
  • Snapdragon 730G搭載で高性能
  • メイン6400万画素のクアッドカメラ搭載
  • 6.47インチの有機ELディスプレイ搭載
  • 5260mAhの大容量バッテリー搭載
  • 30Wの急速充電対応

海外モデルの価格が約35,000円なので、日本向けモデルは4万円前後ぐらいが予想されます。

3万円台で買えるとしたら、コスパかなり良さげ!

blankイッテツ

Mi Note 10 Liteのスペック

名称 Mi Note 10 Lite
画像 Mi Note 10 Lite
メーカー Xiaomi
キャリア SIMフリー
発売時期 2020年6月以降
OS MIUI 11
(Android 10)
CPU Snapdragon 730G
RAM 6GB
8GB
ROM 64GB
128GB
カードスロット 非対応
ディスプレイ 6.47インチ 有機EL
画面解像度 2340×1080
FHD+
アスペクト比 19.5:9
画面占有率 91.4%
背面カメラ 6400万画素
800万画素
500万画素
200万画素
前面カメラ 1600万画素
バッテリー容量 5260mAh
通信 5G:非対応
4G:B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
3G:B1/2/4/5/6/8/19
Wi-Fi a/b/g/n/ac
USB USB Type-C
生体認証 指紋
防水防塵
機種サイズ 74.2 × 157.9 × 9.67 mm
機種重量 約204 g
カラー名称 グレイシャーホワイト
ミッドナイトブラック
ネビュラパープル

Snapdragon 730G搭載でAnTuTu27万超え

Snapdragon 730G搭載でAnTuTu27万超え

Mi Note 10 liteは、Snapdragon 730G搭載でAnTuTuベンチマークスコアが27万超えを記録しています。さらにRAMは6GBか8GBを選ぶことが出来ます。

価格がいくらになるか分かりませんが、ミドルレンジの中でもかなり高性能な方です。Redmi Note 9S(Snapdragon 720G)が25万スコアだったので、それよりもわずかに上回っています。

blank Redmi Note 9Sの実機ベンチマークスコア【AnTuTu v8】【Battery life】

メイン6400万画素のクアッドカメラ搭載

メイン6400万画素のクアッドカメラ搭載

Mi Note 10の劣化版とは言え、カメラ性能は抜群に良さそう。Mi Note 10が1億800万画素とかいう意味不明なレンズを搭載しておりましたが、Mi Note 10 liteではメインに6400万画素レンズを搭載。

背面には4つのレンズが搭載されており、それぞれ役割が異なります。

  • 6400万画素のメインレンズ
  • 800万画素の超広角レンズ
  • 500万画素の深度レンズ
  • 200万画素のマクロレンズ

Mi Note 10 Liteでは高画素なメインレンズに加えて、超広角レンズ、深度レンズ、マクロレンズの計4レンズを搭載したクアッドカメラ仕様が採用されております。前面カメラは1600万画素。Mi Note 10と比べると劣るかもしれませんが、十分「カメラスマホ」と言えるレンズ仕様。

画面占有率91%の有機ELディスプレイ搭載

画面占有率91%の有機ELディスプレイ搭載

Mi Note 10 liteは有機ELディスプレイが搭載されており、上部中央には水滴型ノッチが採用されております。有機ELディスプレイは黒色の発色や視野角の広さにメリットがあります。詳しい情報は下記の記事にて記載。興味のある方は軽く覗いてみて下さい。

blank 【2020年最新】有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホまとめ

また左右が曲面になっている「3D curved AMOLED Display」が採用されているので、水滴型ノッチの割に画面占有率は91%超えと高め。

5260mAhの大容量バッテリー搭載

Mi Note 10 Liteでは52600mAhの大容量バッテリーが搭載されております。最近の中国スマホは大容量バッテリーを搭載しているモデルばかりです。

まとめ

Mi Note 10 liteはMi Note 10からカメラがグレードダウンしたそうですが、それでもメインは6400万画素の高画素レンズを搭載。しっかりと広角やマクロレンズなども搭載されているので、むしろカメラ目的でスマホを探している方にオススメのモデルです。残念ながらSDカードが非搭載なので、カメラでガンガン撮影すると言う方は注意。できれば128GBモデルを選びましょう。

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。