Moto G6とMoto E5はどちらが良いのか違いを比較!

モトローラからSIMフリースマホとして「Moto G6」「Moto E5」が登場しました!今回は両端末のスペックの違いを比較してみました。
どちらかの購入を検討している方は是非最後までご参考下さい^^
名称 Moto G6 Moto E5
画像
メーカー モトローラ
キャリア SIMフリー
発売時期 2018年6月 2018年6月
OS Android 8.0 Android 8.0
CPU Snapdragon 450
オクタコア
1.8GHz
Snapdragon 425
クアッドコア
1.4GHz
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 16GB
外部ストレージ 最大128GB 最大128GB
画面サイズ 5.7 インチ 5.7 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
1440×720
HD+
背面カメラ 1200万画素
500万画素
1300万画素
前面カメラ 1600万画素 500万画素
バッテリー 3000mAh 4000mAh
Wi-Fi a/b/g/n b/g/n
DSDS 対応 対応
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
153.8 mm 154.4 mm
機種サイズ
(横幅)
72.3 mm 72.2 mm
機種サイズ
(厚み)
8.3 mm 8.9 mm
機種重量 162.5 g 173 g
カラー ディープインディゴ ファインゴールド
フラッシュグレー
価格 28,800円 18,500円


価格を比較

Moto G6の
「 28,800円 」に対して、
Moto E5は
「 18,500円 」になります。

Moto G6も税抜で3万円以下となっており、かなり安いです。しかし、Moto E5はエントリーモデルと言うだけあって2万円以下の格安モデルとなっております。

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

まず搭載されているCPUに違いがあります。

Moto G6の
「 Snapdragon 450 」に対して、
Moto E5は
「 Snapdragon 425 」になります。

どちらもクアルコム社のチップセットが採用されております。
Moto G6ではエントリー~ミドルクラスに多く採用されている4xxシリーズのスナドラ450が搭載されており、こちらはAntutuベンチマークスコアで72000前後です。
一方のMoto e5ではスナドラ450の古いモデルにあたるスナドラ425が搭載されており、こちらはAntutuベンチマークスコアで35000前後です。
単純なベンチマークスコア差が倍以上あるので、動作面の快適さはMoto G6の方がかなり優れています。

RAMの違い

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

Moto G6の
「 3GB 」に対して、
Moto E5は
「 2GB 」になります。

RAMは同時動作に影響を与えると言われているので、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

ROMの違い

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

Moto G6の
「 32GB 」に対して、
Moto E5は
「 16GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

画面解像度の違い

また画面解像度にも違いがあります。

Moto G6の
「 2160×1080(FHD+) 」に対して、
Moto E5は
「 1440×720(HD+) 」になります。

画面解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入って画面を映します。サイズにもよりますが基本的には高解像度であるほど、より細かいところまで表現することが出来ます。
どちらも縦横比18:9の縦長ディスプレイが採用されておりますが、単純な縦横のドット数はMoto G6の方が高解像度になります。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。

Moto G6の
「 1200万+500万画素 」に対して、
Moto E5は
「 1300万画素 」になります。

Moto G6ではサブレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

Moto G6の
「 1600万画素 」に対して、
Moto E5は
「 500万画素 」になります。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

Moto G6の
「 3000mAh 」に対して、
Moto E5は
「 4000mAh 」になります。

Moto E5では4000mAhもの大容量バッテリーが搭載されています。

機能面やデザインの違いを比較

Wi-Fi5GHz帯の対応

Moto G6では Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
Moto E5のように2.4GHz帯のみの対応だと他家電との混線があるので注意です。

端末サイズや重量の違い

画面サイズは同じですが、端末サイズ自体はMoto G6の方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

Moto G6の開催キャンペーン

現在Moto G6のキャンペーンは開催されていません。

Moto E5の開催キャンペーン

BIGLOBE SIM
端末価格:17,760円
(Youtube見放題!)
今なら3GB以上の音声SIM契約で、通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料になります!また初期費用3,394円も0円に!
2019年12月1日までの期間限定なのでお早めに。

結局どちらが良いのか

どちらもSIMフリースマホとしてはかなり手の出しやすい価格帯です。
特にエントリーモデルのMoto E5は定価で2万円程度となのでキャンペーンなどのタイミング次第ではもっと安く入手出来るかもしれません。

両端末の違いとしては、「CPU」「RAM」「ROM」「解像度」「カメラ」「バッテリー」「Wi-Fi」「サイズ」となっており、かなりの項目に違いがあります。

まず動作面やストレージ面「CPU」「RAM」「ROM」では純粋にMoto G6の方が優れています。ベンチマークスコア差が倍以上あるので動作の快適さは間違いなくMoto G6の方が上です。

そして「解像度」では、どちらも従来の16:9ではなく18:9の縦長になっています。縦長ディスプレイとベゼルレス設計によって端末サイズ自体はコンパクトに抑えることが出来ます。

「カメラ」ではMoto G6がデュアルカメラ仕様となっているので、ボケ効果などに期待出来ます。

「バッテリー」では唯一Moto E5が優れている項目で、単純なバッテリー容量では1000mAhもの差があります。

「Wi-Fi」ではMoto G6が5GHz帯に対応しているので人によってはかなり大きなメリットです。

かなり多くの部分でMoto G6の方が優れていますが、
Moto E5を選ぶメリットとしてはやはり「価格の安さ」です。それに加えて「大容量バッテリー」が搭載されているので、
普段使いのみで、たまにネットをする程度ならMoto E5を選んだ方が安く済むのでオススメです。

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。