Moto G6 Plusと前作Moto G5s Plusの違いを比較!

モトローラからSIMフリースマホとして「Moto G6 Plus」が登場しました。前作にあたる「Moto G5s Plus」からどの様な進化を遂げたのかスペックの違いを比較してみました!
どちらかの購入を検討している方は是非最後までご参考下さい^^

Moto G6 Plusと前作G5S Plusのスペック比較

スペック比較表
名称 Moto G6 Plus Moto G5S Plus
画像
メーカー モトローラ
キャリア SIMフリー
発売時期 2018年6月 2017年10月
OS Android 8.0 Android 7.1
CPU Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
Snapdragon 625
オクタコア
2.0GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 32GB
外部ストレージ 最大128GB 最大128GB
画面サイズ 5.93 インチ 5.5 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
1920×1080
FHD
背面カメラ 1200万画素
500万画素
1300万画素
1300万画素
前面カメラ 1600万画素 800万画素
バッテリー 3200mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n a/b/g/n
DSDS 対応 対応
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
159.9 mm 153.5 mm
機種サイズ
(横幅)
75.5 mm 76.2 mm
機種サイズ
(厚み)
8.1 mm 8.04 mm
機種重量 165 g 170 g
カラー ディープインディゴ ルナグレー
ブラッシュゴールド
ニンバスブルー
価格 38,800円 38,800円

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの価格比較

どちらの端末も定価は「 38,800円 」になります。

前作モデルにあたるMoto G5sは発売からかなり経っているので価格が下がっています。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作Moto G5s Plusの
「 Android 7.1 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 Android 8.0 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUが変更されています。

前作Moto G5s Plusの
「 Snapdragon 625 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 Snapdragon 630 」になります。

どちらもクアルコム社のチップセットが採用されており、今作では前作のスナドラ625からスナドラ630へとアップグレードされています。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「ROM」

またROMの容量も変更されています。

前作Moto G5s Plusの
「 32GB 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 64GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで、端末本体の容量のことです。前作の32GBから倍の64GBへと増量しています。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズも変更されています。

前作Moto G5s Plusの
「 5.5インチ 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 5.93インチ 」になります。

画面サイズは0.43インチも大きくなりましたが、前作とは違って縦長のディスプレイが搭載されています。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「画面解像度」

画面解像度も変更されています。

前作Moto G5s Plusの
「 1920×1080(FHD) 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 2160×1080(FHD+) 」になります。

先ほども記載しましたが、今作Moto G6 Plusでは縦長ディスプレイが搭載されています。
前作では従来の縦横比16:9ディスプレイとなっておりましたが、今作Moto G6では縦横比が18:9となっております。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「カメラ」

画面解像度も変更されています。

前作Moto G5s Plusの
「 1300万+1300万画素 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 1200万+500万画素 」になります。

今作でもデュアルカメラ仕様となっておりますが、単純な画素数は下がりました。

Moto G5s Plusの公式サイトによると、

1300万画素+1300万画素で高精細・高コントラスト撮影。さらに背景をぼかしたり、モノクロにしたり楽しめる!

との記載があります。

Moto G6 Plusの公式サイトによると、

低光量に強い、デュアルカメラで、おもむきある1枚。モノを認識、情報とつながるスマートカメラ

との記載があります。

画素数は下がりましたがF値では、
前作Moto G5s Plusの
「 1300万(2.0/F)+1300万(2.0/F) 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 1200万(1.7/F)+500万(2.2/F) 」になります。

また今作ではデュアルピクセル技術による高速AFにも対応とのことです。

インカメラの画素数も変更されています。

前作Moto G5s Plusの
「 800万画素 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 1600万画素 」になります。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

前作Moto G5s Plusの
「 3000mAh 」に対して、
今作Moto G6 Plusは
「 3200mAh 」になります。

単純なバッテリー容量は200mAh増量されています。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「サイズ」

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体は前作の方が縦幅は短くて厚みが薄くなっております。
しかしベゼルレス設計によって今作では横幅が狭く軽量となっております。

Moto G6 Plusと前作G5S Plusの違いを比較「カラー」

今作Moto G6 Plusカラーバリエーションはコストの都合かディープインディゴのみとなっております。

まとめると

様々な部分が進化しております。
動作面ではCPUが後続モデルへアップグレードされていたり、内部ストレージが32GBから64GBへと変更されています。
そして縦横比18:9の縦長ディスプレイ+ベゼルレス設計や、明るめのレンズが採用されているデュアルカメラ仕様などのトレンドにも対応した進化となっております。
また前作から引き続きDSDSに対応しておりますが、今作Moto G6 Plusではトリプルスロットにも対応とのことです。

端末をお探しの方は

Moto G6 Plus キャンペーン情報
IIJmio実質価格30,800円
IIJmio スマホ大特価キャンペーン開催中!
Moto G6 Plus(35,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2019年1月31日までの期間限定なのでお早めに。

nuro mobile実質価格27,000円
月額利用料金1,000円引きキャンペーン開催中!Moto G6 Plus(38,000円)を音声通話付きプラン(Mプラン又はLプラン)で契約した場合、ご利用開始翌月~11ヵ月間 毎月1,000円の割引が適用されます。
2018年12月1日~2018年12月31日までの期間限定なのでお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。