ついにきた!前回 在庫切れ続出のスマホ投売りセール

moto g8 powerと前作moto g7 powerの違いを比較!

モトローラ製スマホ「moto g8 power」「moto g7 power」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は参考にしてみて下さい^^

名称 moto g8 power moto g7 power
画像 moto g8 power 小さい画像 moto g7 power 小さい画像
メーカー モトローラ
発売時期 2020年4月 2019年5月
OS Android 10.0 Android 9.0
CPU Snapdragon 665
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz
Snapdragon 632
オクタコア
1.8GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大512GB 最大512GB
ディスプレイ 6.36 インチ 6.2 インチ
画面解像度 2300×1080
FHD+
1520×720
HD+
画面占有率 88.0% 78.3%
アスペクト比 19:9 19:9
背面カメラ 1600万画素
800万画素
800万画素
200万画素
1200万画素
前面カメラ 1600万画素 800万画素
バッテリー 5000mAh 5000mAh
急速充電 18W 15W
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi b/g/n b/g/n
DSDS DSDV DSDS
トリプルスロット 対応
生体認証 指紋
指紋
防水防塵 撥水 撥水
おサイフケータイ
通信(4G) B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20 / 28 / 38 / 40 / 41
通信(3G) B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 158 mm 159.4 mm
機種サイズ (横幅) 75.9 mm 75.3 mm
機種サイズ (厚み) 9.6 mm 9.3 mm
機種重量 197 g 193 g
カラー スモークブラック
カプリブルー
セラミックブラック
参考価格 32,800円 25,800円

価格を比較

moto g8 power moto g7 power
32,800円 25,800円

発売時の価格にも違いがあります。あくまで発売時の価格なので時期やキャンペーン次第で変動します。

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

moto g8 power moto g7 power
Snapdragon 665
オクタコア
2.0GHz
1.8GHz
Snapdragon 632
オクタコア
1.8GHz

スマホのCPU(SoC・チップセット)は、スマホの動作性能に最も影響を与えるパーツです。

moto g8 powerはクアルコム社のSnapdragon 655が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは16万前後を記録しております。

一方のmoto g7 powerはSnapdragon 632が搭載されており、AnTuTu7のベンチマークスコアでは10万前後(Ver8のスコアは少し上)を記録しております。

どちらの端末も様々なスマホに搭載されている定番メーカー「クアルコム社」のチップセットが採用されており、ミドルクラスに向けた6xxシリーズが搭載されております。今作のmoto g8 powerの方が後続モデルが搭載されているので、性能が上です。

moto g8 power ベンチマークスコア

ちなみにmoto g8 powerは実機ベンチマークスコアを測定結果があるので貼っておきます。他のベンチマークスコアも測定しているので、気になる方は下記をチェックしてみて下さい。

moto g8 powerの実機ベンチマークスコア【5つのアプリで計測】

ディスプレイの違い

moto g8 power moto g7 power
6.36インチ,2300×1080(FHD+),19:9,画面占有率88% 6.2インチ,1520×720(HD+),19:9,画面占有率78.3%

スマホのディスプレイは、種類やサイズなど仕様がそれぞれ異なります。とくに「ディスプレイサイズ」はスマホを選ぶ上で重要な比較ポイントです。迫力のある動画を楽しみたい方は大型ディスプレイ、持ち運びや片手操作を好む方は小型ディスプレイを選ぶようにしましょう。

moto g8 powerでは6.36インチのディスプレイが搭載されており、moto g7 powerの6.2インチから0.16インチだけサイズアップしています。またHD+からFHD+へと解像度が高く変更されています。

さらにmoto g8 powerはディスプレイ上部にパンチホール型ノッチが搭載されておりますが、前作のmoto g7 powerは台形型の通常ノッチが搭載されていました。パンチホールの採用によって、より画面占有率が高くなっております。
参考:ノッチデザインのスマホとは?メリットや形状の違いまとめ

カメラの違い

moto g8 power moto g7 power
1600万画素(F1.7)
800万画素(F2.2/超広角118°)
800万画素(F2.2/望遠)
200万画素(F2.2/接写)
1200万画素
1600万画素(F2.0) 800万画素

ひと昔前は出かけるときにデジカメを持ち歩いている方が多かったですが、最近ではその役割をスマホが担っています。スマホのカメラで高画質な写真を撮影出来るのは、人によっては大きなメリットとなります。

前作のmoto g7 powerではシングルレンズとなっておりましたが、今作のmoto g8 powerでは3つのレンズを搭載するトリプルカメラが採用されております。

moto g8 powerは、マクロ撮影や広角撮影に対応しております。

moto g8 powerのマクロ撮影
標準レンズだとピントが合わない マクロ撮影でピントが合う

moto g8 powerはレビュー記事にて、実際に撮影した写真があるので、興味のある方は参考にしてみて下さい。

【moto g8 power実機レビュー】注目のコスパスマホに弱点やデメリットはあるのか?

機能面やデザインの違いを比較

同時待ち受けの対応

前作のmoto g7 powerはDSDS(3G+4Gの同時待ち受け)に対応しておりましたが、今作のmoto g8 powerはDSDV(4G+4Gの同時待ち受け)に対応しております。

トリプルスロットの対応

どちらの端末も同時待ち受けに対応しておりますが、moto g7 powerではトリプルスロットにも対応しております。トリプルスロットは、デュアルSIMとは別にSDカード用のスロットが用意されている仕様のことで、DSDVやDSDSで運用する人にとっては重要な機能です。moto gシリーズでは対応端末が多かったのですが、なぜか今回moto g8シリーズでは不採用に。
参考:DSDS・DSDV使うならトリプルスロットがオススメ!【容量不足が解決】

スピーカーの違い

前作moto g7 powerの大きな弱点となっていた「モノラルスピーカー」ですが、今作のmoto g8 powerでは「ステレオスピーカー」へと変更されました。

対応Bandの違い

moto g8 power moto g7 power
4G B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20 / 28 / 38 / 40 / 41
3G B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19
各キャリアの周波数チェック!
docomo(4G LTE):B1/B3/B19/B21/B28/B42
docomo(3G W-CDMA):B1/B6/B19
Softbank(4G LTE):B1/B3/B8/B11/B28/B42
Softbank(3G W-CDMA):B1/B8/B9
au(4G LTE):B1/B11/B18/B26/B28/B42
au(3G CDMA2000):BC0/BC6

上記すべてに対応している必要はありませんが、ドコモは「1/3/19」、auは「1/18/26」、ソフトバンクは「1/3/8」の対応が重要です。こちらの記事で各バンドの役割をまとめてあるので、参考にしてみて下さい。
参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

端末サイズや重量の違い

moto g8 power moto g7 power
158 × 75.9 × 9.6 mm
197 g
159.4 × 75.3 × 9.3 mm
193 g
moto g8 powerとmoto g7 powerの比較画像

カラーバリエーションの違い

moto g8 power スモークブラックスモークブラック Moto G7 Power セラミックブラックセラミックブラック
moto g8 power カプリブルーカプリブルー

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

SIMフリースマホは、「格安SIM」のセット販売キャンペーンを使えばお得に購入出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。

「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」

たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。現在開催中のキャンペーン情報を載せておくので、moto g8 powerやmoto g7 powerを購入する予定の方は、一度キャンペーンをチェックしてみて下さい!

moto g8 powerの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:20,100円
(乗り換えがお得!)
moto g8 power(20,100円)を他社からの乗り換えで購入すると、5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:27,800円
(特典多数!)
音声SIMとセットでギフト券プレゼントキャンペーン!
moto g8 power(27,800円)を音声SIMで契約した場合、選べるe-GIFT券3,000円分が貰えます!また「初期費用が1円」「誰とでも10分通話定額オプションが7か月間0円」「乗り換えで6,000円キャッシュバック(サイト限定)」も同時開催!
2020年6月30日までの期間限定なのでお早めに。

moto g7 powerの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:1円
(投売り特価!)
moto g7 power(13,300円)を期間中に音声SIMで購入すると、13,299円割引が適用される超お買い得セールです!
2020年6月15日までの期間限定なのでお早めに。

moto g8 powerのレビュー記事

今回取り上げたmoto g8 powerは、実際に購入して開封したときのレビュー記事があるので、興味のある方はぜひそちらも参考にしてみて下さい!

【moto g8 power実機レビュー】注目のコスパスマホに弱点やデメリットはあるのか?

期間限定前回売り切れ続出のスマホ投売りセールがまた来た…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。