「Moto Z3 Play」と前作「Moto Z2 Play」のスペックの違いを比較!

モトローラ製スマホ「Moto Z3 Play」とその前作にあたる「Moto Z2 Play」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

Moto Z3 PlayとMoto Z2 Playのスペック比較

スペック比較表
名称 Moto Z3 Play Moto Z2 Play
画像
メーカー モトローラ
発売時期 2018年10月 2017年6月
OS Android 8.1 Android 7.1
CPU Snapdragon 636
オクタコア
1.8GHz
Snapdragon 626
オクタコア
2.2GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大2TB 最大2TB
画面サイズ 6.01 インチ 5.5 インチ
画面解像度 2160×1080
FHD+
1920×1080
FHD
背面カメラ 1200万画素
500万画素
1200万画素
前面カメラ 800万画素 500万画素
バッテリー 3000mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n
DSDS 対応 対応
USB USB Type-C USB Type-C
生体認証 対応 対応
防水防塵
おサイフケータイ
機種サイズ
(縦幅)
156.5 mm 156.2 mm
機種サイズ
(横幅)
76.5 mm 76.2 mm
機種サイズ
(厚み)
6.75 mm 5.99 mm
機種重量 156 g 145 g
カラー ディープインディゴ ルナグレー
ファインゴールド
ニンバス
参考価格 56,800円 53,800円

Moto Z3 Playと前作の価格比較

Moto Z3 Playの
「 56,800円 」に対して、
前作Moto Z2 Playは
「 53,800円 」になります。

Moto Z3 Playと前作の違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

Moto Z3 Playの
「 Android 8.1 」に対して、
前作Moto Z2 Playは
「 Android 7.1 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

Moto Z3 Playと前作の違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUに違いがあります。

Moto Z3 Playの
「 Snapdragon 636 」に対して、
前作Moto Z2 Playは
「 Snapdragon 626 」になります。

どちらの端末もクアルコム社のチップセットが採用されており、
Moto Z3 Playではミドル~ミドルハイクラスに向けたスナドラ636が搭載されており、前作に搭載されているスナドラ626の後続モデルとなります。
AnTuTuのベンチマークスコアではスナドラ636が11万5000前後なのに対して、スナドラ626が8万前後となっております。
ベンチマークはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。スコア差を見れば分かるように今作Moto Z3 Playの方がハイスペックです。

Moto Z3 Playと前作の違いを比較「画面サイズ」

また画面サイズにも違いがあります。

Moto Z3 Playの
「 6.01 インチ 」に対して、
前作Moto Z2 Playは
「 5.5 インチ 」になります。

縦横比16:9のスタンダードディスプレイから縦横比18:9の縦長ディスプレイへと変更されており、サイズは0.5インチアップしています。

Moto Z3 Playと前作の違いを比較「画面解像度」

また画面解像度にも違いがあります。

Moto Z3 Playの
「 2160×1080(FHD+) 」に対して、
前作Moto Z2 Playは
「 1920×1080(FHD) 」になります。

解像度は画面の縦横の点の数のことで、この点に色が入る事によって画面が映ります。もちろん点の数が多い程より細かい所まで色を表現出来ます。
今作Moto Z3 Playでは縦横比18:9のワイドディスプレイ+ベゼルレス設計が採用されており、画面占有率も高く表示領域も広くなっております。

Moto Z3 Playと前作の違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。まず背面の画素数が、

Moto Z3 Playの
「 1200万+500万画素 」に対して、
前作Moto Z2 Playは
「 1200万画素 」になります。

前作ではシングルレンズが搭載されておりましたが、今作では2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様が採用されています。

またインカメラ性能にも違いがあります。

Moto Z3 Playの
「 800万画素 」に対して、
前作Moto Z2 Playは
「 500万画素 」になります。

前面カメラの画素数も向上しています。

Moto Z3 Playと前作の違いを比較「au回線」

今作ではauプラチナバンド・CDMA2000に対応しております。前作で未対応であったau回線に対応したので、au回線利用者にはありがたいですね。

Moto Z3 Playと前作の違いを比較「サイズ」

Moto Z3 Playの
「 156.5 × 76.5 × 6.75 mm / 156 g 」に対して、
前作Moto Z2 Playは
「 156.2 × 76.2 × 5.99 mm / 145 g 」になります。

画面サイズの違いがありますが、今作ではワイドディスプレイ+ベゼルレス設計が採用されているので端末サイズは抑えられています。
厚みや重量は前作の方が薄型で軽量となっております。

Moto Z3 Playと前作の違いを比較「カラー」

Moto Z3 Play Moto Z2 Play
ディープインディゴ ルナグレー
  ファインゴールド
  ニンバス

端末をお探しの方は

Moto Z3 Play キャンペーン情報
IIJmio実質価格49,800円
IIJmioサプライサービス 3周年記念キャンペーン!Moto Z3 Play(54,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、Amazonギフト券5,000円が貰えます!
2018年8月22日~2018年12月3日までの期間限定なのでお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。