「HUAWEI nova lite 3」と「AQUOS sense plus」のスペックの違いを比較!

HUAWEI製スマホ「HUAWEI nova lite 3」とシャープ製スマホ「AQUOS sense plus SH-M07」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

名称 HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
画像
メーカー HUAWEI シャープ
発売時期 2019年2月 2018年6月
OS Android 9.0 Android 8.0
CPU Kirin 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
RAM 3GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大512GB 最大400GB
画面サイズ 6.21 インチ 5.5 インチ
画面解像度 2340×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1300万画素
200万画素
1640万画素
前面カメラ 1600万画素 800万画素
バッテリー 3400mAh 3100mAh
USB microUSB USB Type-C
Wi-Fi b/g/n a/b/g/n/ac
DSDS DSDV
生体認証 対応 対応
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
機種サイズ
(縦幅)
155.2 mm 151 mm
機種サイズ
(横幅)
73.4 mm 71 mm
機種サイズ
(厚み)
7.95 mm 8.9 mm
機種重量 160 g 157 g
カラー オーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック
ブラック
ホワイト
ベージュ
参考価格 26,880円 45,000円前後


価格を比較

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
26,880円 45,000円前後

まず発売時の価格に違いがあります。あくまで発表時の価格なので、時期やキャンペーン次第で変動します。

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
Android 9.0 Android 8.0

またプリインストールされているOSのバージョンにも違いがあります。あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。Android 9.0ではホームボタンメニューの刷新や、ノッチデザインのレイアウト対応などを筆頭にさまざまな新機能や改善が行われています。

CPUの違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
Kirin 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz

また搭載されているCPUに違いがあります。CPUはスマホの動作性能に最も影響を与えるパーツです。

HUAWEI nova lite 3ではハイシリコン社のKirin710が搭載されており、
AnTuTuのベンチマークスコアでは13万5000前後を記録しております。

一方のAQUOS sense plusではクアルコム社のスナドラ630が搭載されており、
AnTuTuのベンチマークスコアでは8万5000前後を記録しております。

ベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。スコア差を見れば分かるように動作性能ではKirin710を搭載したHUAWEI nova lite 3の方が上となっております。

またHUAWEI nova lite 3では「GPU Turbo」が搭載されているので、ゲーム系のアプリも安心してプレイ出来ます。

先進のオクタコアCPU HUAWEI Kirin 710は、 12nmプロセス技術が効率的に省電力を実現しつつ、パフォーマンスを向上させます。また、GPU Turboの搭載によりグラフィック処理能力が 向上したことで、高負荷なスマートフォンゲームもより快適に。

ストレージの違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ
最大512GB
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ
最大400GB

外部ストレージの対応数にも違いがあります。外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。

ディスプレイの違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
6.21インチ,2340×1080(FHD+),19.5:9,画面占有率89% 5.5インチ,2160×1080(FHD+),18:9,IGZO,リッチカラーテクノロジーモバイル

どちらの端末もワイドディスプレイ+ベゼルレス設計の組み合わせが採用されておりますが、HUAWEI nova lite 3では上部に特徴的な水滴型ノッチが採用されております。

カメラの違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
1300万+200万画素,LEDフラッシュ,像面位相差+コントラストAF 1640万画素,CMOS 裏面照射積層型
1600万画素,FF 800万画素,CMOS 裏面照射型

HUAWEI nova lite 3では背面に2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様が採用されております。さらにAIカメラにも対応しており、公式サイトには以下のような記載があります。

新しいAI認識は22のカテゴリ―と、500のシナリオをリアルタイムで識別し最適化。1300万画素 + 200万画素のダブルレンズカメラは、色彩豊かで立体感のある写真や、味わいあるボケ感を演出。

AI搭載のインカメラは、セルフィー撮影時、8種類の背景を感知して、リアルタイムで写真を最適化。自撮りも簡単でキレイに。

バッテリーの違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
3400mAh 3100mAh

バッテリー容量にも違いがあります。バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではHUAWEI nova lite 3の方が上です。

機能面やデザインの違いを比較

USBポートの違いを

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
microUSB USB Type-C

USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。

DSDVの対応

HUAWEI nova lite 3はDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しております。3G+4Gの同時待受が可能なデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)とは違って、DSDVでは4G+4Gの同時待受が可能です。

Wi-Fi5GHz帯の対応

AQUOS sense plusはWi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応しております。2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。

防水防塵の対応

AQUOS sense plusでは防水防塵に対応しております。こちらはキャリアスマホでは多く採用されておりますが、SIMフリースマホでは対応端末が少ないのでメリットとなります。

おサイフケータイの対応

AQUOS sense plusではおサイフケータイに対応しております。こちらもまたSIMフリースマホでは対応端末が少ない機能となっております。

対応Bandの違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
4G 1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19 / 41 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 8 / 19 / 26 / 28 / 41
3G 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
各キャリアの周波数チェック!
docomo(4G LTE):B1/B3/B19/B21/B28/B42
docomo(3G W-CDMA):B1/B6/B19
Softbank(4G LTE):B1/B3/B8/B11/B28/B42
Softbank(3G W-CDMA):B1/B8/B9
au(4G LTE):B1/B11/B18/B26/B28/B42
au(3G CDMA2000):BC0/BC6

端末サイズや重量の違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
155.2 × 73.4 × 7.95 mm
160 g
151 × 71 × 8.9 mm
157 g

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はAQUOS sense plusの方がコンパクトかつ軽量です。厚みではHUAWEI nova lite 3の方が薄型となっております。

カラーバリエーションの違い

HUAWEI nova lite 3 AQUOS sense plus
ミッドナイトブラック ブラック
オーロラブルー ホワイト
コーラルレッド ベージュ

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

nova lite 3の開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:14,800円
(乗り換えがお得!)
nova lite 3(14,800円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用!

UQモバイル
実質価格:20,760円

サイト限定キャッシュバック特典! nova lite 3(23,760円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:2,880円~14,880円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でnova lite 3(26,880円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

BIGLOBE SIM
端末価格:26,880円
(Youtube見放題!)
今なら3GB以上の音声SIM契約で、通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料になります!また初期費用3,394円も0円に!
2019年12月1日までの期間限定なのでお早めに。

AQUOS sense plusの開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:0円~8,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS sense plus(32,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

結局どちらが良いのか

nova lite 3の最大の特徴はコスパの良さです。Kirin710(Antutuスコア13万超え)を搭載しながらも3万円以下で購入出来ると言うのはこれまでの端末の中でもトップクラスです。価格の安さの理由として、nova liteシリーズは格安SIMの専売として取り扱われます。前作のnova lite2もそうでしたが、今作のnova lite3も専売モデルとして登場しております。前作のnova lite2のときもそうでしたけど、しばらくすると端末単体で出回ります。はじめはSIM契約が条件なのでかなりハードルは高いです。乗り換えに問題のない方や丁度格安SIMを探していると言う方には是非オススメしたい端末です。


一方のAQUOS sense plusはおサイフケータイ・防水防塵の対応が最大の特徴です。個人的には後続モデルとして登場しているAQUOS sense2の方が安く入手出来る上に、様々な格安SIMにてセット購入出来るのでオススメです。


先ほども記載したように、nova lite3は専売モデルなので何らかのSIMとセット購入する必要があります。もちろん多くの格安SIMサービスが取り扱うので、キャンペーン次第ではかなり安く入手出来ます。
端末代金の安さが有名なOCN モバイル ONEOCNモバイルONEも取り扱っているのでそちら経由がオススメ。というのもOCNは端末代金が安くて有名ですが、SIMセットが条件の格安SIMサービスです。今回のような専売モデルだと丁度良いですし、キャンペーンが絡めばめちゃくちゃ安く入手出来る場合も。ちなみにAQUOS sense plusも取り扱われているので、こちらもまたセット購入がお得です。

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。