またまた投売り!nova 3が14,800円で買えるOCNの限定セール開催!

「nova lite 3」と「ROG Phone」のスペックの違いを比較!

HUAWEI製スマホ「HUAWEI nova lite 3」とASUS製スマホ「ROG Phone ZS600KL」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

スペック比較表
名称 nova lite 3 ROG Phone
画像
メーカー HUAWEI ASUS
発売時期 2019年2月 2018年11月
OS Android 9.0 Android 8.1
CPU Kirin 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Snapdragon 845
オクタコア
2.96GHz
RAM 3GB 8GB
ROM 32GB 512GB
外部ストレージ 最大512GB
画面サイズ 6.21 インチ 6.0 インチ
有機EL
画面解像度 2340×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1300万画素
200万画素
1200万画素
800万画素
前面カメラ 1600万画素 800万画素
バッテリー 3400mAh 4000mAh
USB microUSB USB Type-C
Wi-Fi b/g/n a/b/g/n/ac/ad
DSDS DSDV DSDV
生体認証 対応 対応
防水防塵 対応
おサイフケータイ
機種サイズ
(縦幅)
155.2 mm 158.8 mm
機種サイズ
(横幅)
73.4 mm 76.1 mm
機種サイズ
(厚み)
7.95 mm 8.3 mm
機種重量 160 g 200 g
カラー オーロラブルー
コーラルレッド
ミッドナイトブラック
ブラック
参考価格 26,880円 119,500円

価格を比較

nova lite 3 ROG Phone
26,880円 119,500円

まず発売時の価格に違いがあります。あくまで発表時の価格なので、時期やキャンペーン次第で変動します。

OSバージョンの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
Android 9.0 Android 8.1

プリインストールされているOSのバージョンにも違いがあります。あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。Android 9.0ではホームボタンメニューの刷新や、ノッチデザインのレイアウト対応などを筆頭にさまざまな新機能や改善が行われています。

CPUの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
Kirin 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Snapdragon 845
オクタコア
2.96GHz

また搭載されているCPUに違いがあります。CPUはスマホの動作性能に最も影響を与えるパーツです。

nova lite 3ではハイシリコン社のKirin710が搭載されており、
AnTuTuのベンチマークスコアでは13万5000前後を記録しております。

一方のROG Phoneではクアルコム社のスナドラ845が搭載されており、クロックアップによって動作クロック数が最大2.96GHzまで引き上げられております。
AnTuTuのベンチマークスコアでは30万前後と言うハイスコアを記録しております。

ベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。スコア差を見れば分かるように動作性能ではスナドラ845を搭載したROG Phoneの方が上となっております。

RAMの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
3GB 8GB

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

ストレージの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
内部ストレージ:
32GB
外部ストレージ
最大512GB
内部ストレージ:
512GB
外部ストレージ
非搭載

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

また外部ストレージの対応数にも違いがあります。外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。ROG Phoneはスロット自体が非搭載となっております。

ディスプレイの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
6.21インチ,2340×1080(FHD+),19.5:9,画面占有率89% 6.0インチ,AMOLED,2160×1080(FHD+),18:9,Corning Gorilla Glass 6

どちらの端末もワイドディスプレイ+ベゼルレス設計の組み合わせが採用されておりますが、nova lite 3は上部に水滴型ノッチが採用されております。そしてROG Phoneは有機ELディスプレイが搭載されております。

カメラの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
1300万+200万画素,LEDフラッシュ,像面位相差+コントラストAF 1200万+800万画素,広角,LEDフラッシュ
1600万画素,FF 800万画素

どちらの端末も背面に2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様が採用されており、AIカメラ機能が搭載されております。

バッテリーの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
3400mAh 4000mAh

バッテリー容量にも違いがあります。バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではROG Phoneの方が上です。

USBポートの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
microUSB USB Type-C

USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。

ROG PhoneはWi-Fi5GHz帯に対応

ROG PhoneはWi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応しております。2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。ちなみにROG Phoneは60GHz帯(ad)にも対応しております。

ROG Phoneは防水に対応

ROG Phoneでは防水に対応しております。等級はIPX4なのでそこまで性能が良くはありませんが、それでも対応しているだけで嬉しい機能です。

ROG Phoneは冷却機能が優秀

冷却性能を高める革新的な3Dベイパーチェンバーと銅製ヒートスプレッダー、カーボン製冷却パッドを組み合わせたROG Phone独自のGame Coolシステムと着脱可能なAeroActive Coolerが、白熱のバトル中でも本体を冷やし続け高フレームレートを保つ

ROG Phoneはゲームに最適化

手になじむ設計の本体ボディーには独自のサイドマウントポートと、超音波センサーで応答するAirTriggerを搭載。強化された独自の操作性でゲーム操作がより快適になる。

ROG Phoneはサウンドにもこだわり

激しいゲームアクションで敵よりも一歩先を行こうと思えば、すばらしく鮮明で没入感のあるサウンドが必要となります。ROG Phoneは、非常に強力なフロントフェイススピーカーを搭載。音量を最大まで上げても歪みを最小限に抑えるスマートアンプによる駆動で、驚くほど没入感のある音声を実現します。

ROG Phoneはドッキングシステムが搭載

ROG Phoneでは専用アクセサリーが販売されております。

デュアルスクリーンゲーミングドック「TwinView Dock」を使えば2つのモニター、2つのアプリを使用することが出来ます。

デスクトップスタイル「Mobile Desktop Dock」を使えばキーボード・マウス・モニターを接続してPCスタイルでプレイ出来ます。

ゲームコントローラー「Gamevice」では物理のハードキーでROG Phoneを操作することが出来ます。

対応Bandの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
4G 1 / 2 / 3 / 8 / 17 / 18 / 19 / 41 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 28 / 29 / 32 / 34 / 38 / 39 / 40 / 41 / 46
3G 1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
各キャリアの周波数チェック!
docomo(4G LTE):B1/B3/B19/B21/B28/B42
docomo(3G W-CDMA):B1/B6/B19
Softbank(4G LTE):B1/B3/B8/B11/B28/B42
Softbank(3G W-CDMA):B1/B8/B9
au(4G LTE):B1/B11/B18/B26/B28/B42
au(3G CDMA2000):BC0/BC6

端末サイズや重量の違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
155.2 × 73.4 × 7.95 mm
160 g
158.8 × 76.1 × 8.3 mm
200 g

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はnova lite 3の方がコンパクトかつ薄型軽量です。

カラーバリエーションの違いを比較

nova lite 3 ROG Phone
ミッドナイトブラック ブラック
オーロラブルー  
コーラルレッド  

結局どちらが良いのか?

ROG PhoneはASUSのゲーミング特化のROGシリーズのスマートフォンとして登場しており、ハイスペックな仕様だけでなくゲームに最適化した機能をいくつも搭載しております。その分コストがかかっているので端末価格はかなりの高価格。

一方のnova lite 3を選ぶメリットはコスパの良さです。Kirin710(Antutuスコア13万超え)を搭載しているにも関わらず発売時の価格は3万円以下と言う低価格に設定されております。理由としてnova lite 3は格安SIMの専売モデルなので入手するにはSIMセットが条件となっており、その分端末代金が安く設定されているというわけですね。OCN モバイル ONE楽天モバイル楽天モバイルなどが取り扱っており、キャンペーンが絡めば安く入手することが出来ます。

価格の安い端末を探しているのであればnova lite 3を、予算に余裕があるという方や重い3D系のゲームをプレイすると言う方はROG Phoneをオススメします!

端末の購入方法や開催中のキャンペーン

nova lite 3の開催キャンペーン
楽天モバイル楽天モバイル
端末価格:9,780円

ダブル元年記念スマホ割引キャンペーン開催中!
nova lite 3(26,880円)をキャンペーン期間中に通話SIMで購入した場合、17,100円割引が適用!
2019年5月9日までの期間限定なのでお早めに。

OCN モバイル ONE
端末価格:14,800円

対象オプションの同時加入で3,000円割引が適用!

IIJmio(みおふぉん)
実質価格:19,800円

シェアNo1記念キャンペーン開催中! nova lite 3(22,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券3,000円が貰えます!さらに同時開催キャンペーンにて「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」が適用されます。 2019年5月8日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:14,300円~24,300円

サイト限定キャッシュバック特典! nova lite 3(29,300円)をSIM契約した場合、各プランに応じた特典あり!最大13,000円キャッシュバック!
ROG Phoneの開催キャンペーン
IIJmio(みおふぉん)
実質価格:109,500円

シェアNo1記念キャンペーン開催中! ROG Phone(119,500円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券10,000円が貰えます!さらに同時開催キャンペーンにて「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」が適用されます。 2019年5月8日までの期間限定なのでお早めに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。