OCNでnova lite3やAQUOS sense2が800円で買える限定セール開催!【9月30日まで】

OCNモバイルONE(goo Simseller)のおすすめ機種ランキング

格安SIMサービス「OCNモバイルONE」はNTTコミュニケーションズ提供の老舗サービスです。
今回はそんなOCNモバイルONEが取り扱っているスマホをまとめてみました。OCNモバイルONEのスマホでどれを買えばいいか分からない方は是非読んでみて下さい^^
端末のオンラインショップgoo Simsellerでも購入することが出来ます。

OCNモバイルONE端末のラインナップ

FLEAZ BEAT 6,800円
ZenFone Live(L1) 8,800円
AQUOS sense lite 14,800円
P20 lite 18,800円
AQUOS sense 2 21,800円
AQUOS sense plus 29,800円
nova 3 34,800円
ZenFone 5 39,800円
Mate 20 Pro 84,800円

OCNモバイルONE端末を価格で比較

OCNモバイルONEのラインナップはそこまで豊富ではありませんが、評判の良いコスパ良端末ばかり集まっている印象です。
おすすめできるモデルはいくつかありますが、まずは価格別で紹介してみます。OCNモバイルONEはセット販売が条件となっているので他の格安SIMサービスよりも端末価格がかなり安く設定されているので、その点は間違わないように注意しましょう。

低価格でおすすめ機種は?

  • Covia FLEAZ BEAT
  • ASUS ZenFone Live(L1)

OCNモバイルONEが取り扱っている低価格のエントリーモデルは2機種です。どちらもDSDS及びトリプルスロットに対応している格安モデルで、動作性能にも大きな差がないのでかなり類似した端末となります。

チップセットの種類で言えば、
FLEAZ BEATではMediaTek社のMT6750搭載でAnTuTuスコアが50000前後を記録、
ZenFone Live(L1)がクアルコム社のSnapdragon 430搭載で5万5000前後を記録しております。

AnTuTuのベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールとなっており、わずかにZenFone Live(L1)の方が優れています。

両端末の違いで言えば、アスペクト比16:9のディスプレイを搭載しているFLEAZ BEATに対して、ZenFone Live(L1)はアスペクト比18:9のワイドディスプレイが搭載されています。
これによってZenFone Live(L1)はFLEAZ BEATの5.0インチよりも大きい5.5インチが採用されているにも関わらず端末サイズがほとんど同じになっています。2018年以降ではワイドディスプレイが主流になっているのでトレンドを取り入れたいと言う方はZenFone Live(L1)の方がオススメです。

一方のFLEAZ BEATを選ぶメリットは、もちろんまず価格の安さで、ZenFone Live(L1)より2,000円も安いです。他にもWi-Fiがa/b/g/n対応なので低価格ながらに5GHz帯を利用することが出来ます。

OCN モバイル ONE

中価格でおすすめ機種は?

  • SHARP AQUOS sense lite
  • HUAWEI P20 lite
  • SHARP AQUOS sense 2
  • SHARP AQUOS sense plus

中価格と言う括りに分ければ、OCNモバイルONEでは上記の4機種がラインナップ。ほとんどがシャープ端末となっており、シャープ端末は国内ではお馴染みのメーカーと言うこともあって何気に人気です。しかもおサイフケータイや防水防塵に対応しているモデルがほとんどなので、そういった機能面でもシャープ端末を選ぶ人が多いです。

そして2018年代からSIMフリースマホの様々なランキングで首位を獲っているHUAWEIのP20 liteもこの価格帯にあります。もし防水防塵やおサイフケータイの対応に興味がないのであれば、P20 liteを選んでおいて間違いないです。

動作性能で言えば、

AQUOS sense liteがクアルコム社のスナドラ430搭載で、AnTuTuベンチマークスコアが5万5000前後を記録、
AQUOS sense 2がクアルコム社のスナドラ450搭載で、7万5000前後を記録、
P20 liteがハイシリコン社のKirin659搭載で、8万5000前後を記録、
AQUOS sense plusがクアルコム社のスナドラ630搭載で、8万5000前後を記録しております。

P20 liteはAnTuTuスコアが同等のAQUOS sense plusよりも1万円安いので、コストパフォーマンスがかなり優れているのが分かります。

OCN モバイル ONE

高価格でおすすめ機種は?

  • HUAWEI nova 3
  • ASUS ZenFone 5
  • HUAWEI Mate 20 Pro
ミドルクラスを多く採用しているOCNモバイルONEですが、ハイスペックモデルも3機種ラインナップに。
nova3やZenFone5は捉え方によってはハイスペックよりワンランク下のミドルハイクラスとも呼ばれますが、OCNモバイルONE端末の並びで言えばハイスペックと考えても良いでしょう。

動作性能では、
ZenFone 5がスナドラ636搭載で、AnTuTuスコアが13万5000前後を記録、
nova 3がKirin970搭載で、20万前後を記録、
Mate 20 ProがKirin980搭載で、30万超えを記録しております。

もちろん価格の高いMate 20 Proが最も高性能で、且つライカレンズのトリプルカメラ搭載と言うことでカメラ性能も飛びぬけて良いです。お金がかかっても良いと言う方はMate 20 Proを選べば間違いないと思いますが、皆が皆こんな高価格モデルを買えるわけもありません。

筆者の個人的なおすすめはnova 3です。こちらはZenFone 5よりも価格が安いのにAnTuTuスコアではむしろ上回っています。ちなみにそんなZenFone 5も全体的に見れば「コスパが良い」部類に入ります!つまりnova 3だけコスパが異常に良いと言うことです。

nova 3の特徴は、Kirin970の搭載とコスパの良さだけでなく、背面前面共にデュアルカメラが搭載されていたり、3750mAhの大容量バッテリーが搭載されていたり、オススメ出来るポイントがめちゃくちゃ多いです!

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONE端末を対応機能で比較

予算を決めてスマホを選ぶのも良いですが、自分にとって必須の機能があればそれに対応したモデルの中から選ぶという方法もあります。

おサイフケータイ対応モデル

AQUOS sense lite 14,800円
AQUOS sense 2 21,800円
AQUOS sense plus 29,800円

おサイフケータイは人によっては欠かせない機能です。電子決済が当たり前になっている方にとっては、対応していないと不便に感じてしまいます。
OCNモバイルONEの対応端末ではシャープの3機種が対応しています。画面サイズやアスペクト比などにも違いがあるので自身の好みの端末を選びましょう。コストパフォーマンスで選ぶのであれば、一番新しいAQUOS sense 2がオススメです。

防水防塵対応モデル

AQUOS sense lite 14,800円
AQUOS sense 2 21,800円
AQUOS sense plus 29,800円
Mate 20 Pro 84,800円

防水防塵の対応モデルは、先ほどのおサイフケータイ対応モデルにMate 20 Proを加えた4機種です。防水防塵は対応が必須と言う方は少ないかもしれませんが、対応していればどんなユーザーも嬉しい機能です。

OCN モバイル ONE

ワンセグ対応モデル

残念ながら今回取り上げたモデルの中にはワンセグ対応モデルはありません。

最近のSIMフリースマホでは対応端末自体がほとんどありません。
年々ワンセグ機能の需要は下がっており、今後も市場的に動画配信サイトやアベマTVのような独自コンテンツを配信する場所が増えると思います。もしかするとワンセグ機能はそのうち無くなってしまうかもしれませんね^^;

どうしてもワンセグが必要だという方は自分で端末を単品で入手してきて、OCNモバイルONEの格安SIM単体契約をする必要があります。

女性向けカラーがあるモデル

ZenFone Live(L1) ローズピンク 8,800円
P20 lite サクラピンク 18,800円
AQUOS sense plus ベージュ 29,800円

意外と軽視しがちなのがスマホの本体カラーです。と言うのも最近ではスマホケースの種類が豊富で、いろんなデザインのケースが販売されているからです。
それでもやはりクリア系のケースが未だに人気なこともありますし、本体カラーにこだわりがある方もいるはずなので女性向けカラーのあるモデルをピックアップしてみました。大人気のP20 liteも「サクラピンク」と言う女性向けカラーがバリエーションにあるのでオススメです。

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONE端末おすすめランキング

OCNモバイルONEが取り扱っているスマートフォンで、個人的におすすめできる機種をランキング形式で紹介します。

1位「nova 3」

nova 3 34,800円

個人的に最もおすすめしたいのはHUAWEIの「nova 3」です。
記事中にもオススメポイントをたくさん書きましたが、復習に。

・Kirin970(AnTuTu20万スコア)
・背面前面共デュアルカメラ
・3750mAhの大容量バッテリー

これだけの性能・特徴がありながらもOCNモバイルONE経由での購入は34,800円と言う破格の安さ。コストパフォーマンスで言えばガチでトップクラスです。

2位「P20 lite」

P20 lite 18,800円

そしておすすめ端末のランキングと言うことで外せないのがHUAWEIの「P20 lite」です。
こちらはnova 3と違ってKirin659搭載なのでAnTuTuスコアは8万5000前後とミドルクラス。特徴はやはり「コスパ」です。nova 3とどちらが上かと言われたら個人的にはnova 3ですが、世間の評価はどうなのでしょうか?もしかするとP20 liteが選ばれる可能性もありますね。

nova 3もP20 liteもサブ機として運用していた時期があるのですが、どちらも問題点が一切無かったので本当にオススメです。これからもしばらく人気は続くでしょう。

3位「AQUOS sense 2」

AQUOS sense 2 21,800円

おサイフケータイ対応モデルをお探しの方はシャープ製スマホ「AQUOS sense 2」がオススメ。筆者はショップでしか触っていないので、実際の操作性や動作の快適さは分かりませんが、おサイフケータイ対応モデルの中では新し目の端末ですし、この価格帯だとスナドラ450(AnTuTuスコア:7万5000前後)を搭載しているので動作性能は十分かと思います。

2台目のサブ機、ライトユーザー、スマホデビューなどにオススメ。

番外編「Mate 20 Pro」

Mate 20 Pro 84,800円

そして順位は付けていませんが、筆者が最も欲しい端末はもちろんHUAWEIの「Mate 20 Pro」です。
Kirin980と言う化け物の搭載だけでなく、ライカレンズを使ったトリプルカメラ仕様に非常に興味があります。しかも目立っていないだけでQHD+の高解像度有機ELディスプレイ、4200mAhの大容量バッテリー、防水対応など他にも選ぶメリットがあります。

しかもこちらの端末は大手キャリアのソフトバンクも取り扱いを決定しており、キャリアスマホとしてもどうなるのか今度の評判が気になる端末です。

OCN モバイル ONE

まとめ

OCNモバイルONEはラインナップが豊富ではないものの評判の良いモデルがほとんどですね。珍しいのは格安モデルの「FLEAZ BEAT」と「ZenFone Live(L1)」が採用されていることぐらいですかね。
どの端末を選んでもハズレは無いと思いますし、セット販売が条件とは言え端末価格がめちゃくちゃ安いのでどの端末で契約してもオトクです。

個人的に首位に選んだnova 3は、価格.comのレビュー評価でも★4.5を超える高評価を得ています。オススメしたい一番の理由は何度も記載してきましたが、ハイスペックな割に価格が抑えられている「コスパの良さ」です。ハイスペックモデルを探している方も、コスパの良いモデルを探している方も、こだわりがない方にもオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。