またまた投売り!nova 3が14,800円で買えるOCNの限定セール開催!

HUAWEI P20と前作P10の違いを比較してみました!

HUAWEIから人気シリーズの2018年夏モデル「P20」が登場しました。今回は前作にあたるHUAWEIの「P10」からどの様な部分が進化したのかスペックの違いを比較してみました!

スペック比較表

名称 P20 P10
画像
メーカー HUAWEI
発売時期 2018年6月 2017年6月
OS Android 8.1 Android 7.0
CPU Kirin 970
オクタコア
2.36GHz
1.8GHz
Kirin 960
オクタコア
2.4GHz
1.8GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 128GB 64GB
外部ストレージ 非搭載 最大256GB
画面サイズ 5.8 インチ 5.1 インチ
画面解像度 2244×1080
FHD+
1920×1080
FHD
背面カメラ 1200万画素
2000万画素
1200万画素
2000万画素
前面カメラ 2400万画素 800万画素
バッテリー 3400mAh 3200mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS 対応(DSDV) 対応
USB USB Type-C USB Type-C
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
149.1 mm 145.3 mm
機種サイズ
(横幅)
70.8 mm 69.3 mm
機種サイズ
(厚み)
7.65 mm 6.98 mm
機種重量 165 g 145 g
カラー ミッドナイトブルー
ブラック
ピンクゴールド
ダズリングブルー
プレステージゴールド
ミスティックシルバー
グラファイトブラック
価格 69,800円 65,800円

価格を比較

前作P10の
「 65,800円 」に対して、
今作P20は
「 69,800円 」になります。

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

前作P10の
「 Android 7.0 」に対して、
今作P20は
「 Android 8.1 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

CPUの違い

搭載されているCPUにも違いがあります。

前作P10の
「 Kirin 960 」に対して、
今作P20は
「 Kirin 970 」になります。

どちらもハイシリコン社のハイスペック向けSoCを搭載。前作のKirin960の後続モデルがP20に搭載されているKirin970です。
Kirin970ではAI対応のNPUが搭載されたチップセットで、様々なAI機能に対応します。

ROMの違い

搭載されているROMの容量も変更されています。

前作P10の
「 64GB 」に対して、
今作P20は
「 128GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数も変更されています。

前作P10の
「 最大256GB 」に対して、
今作P20は
「 非搭載 」になります。

今作P20ではSDカードスロットが用意されていないので注意しましょう。付属のUSB接続用のリーダーを使えば一応接続は出来ます。

画面サイズの違い

ディスプレイ関係は大きく変更されています。まず画面サイズは、

前作P10の
「 5.1インチ 」に対して、
今作P20は
「 5.8インチ 」になります。

従来の16:9の5.1インチディスプレイを搭載しているP10から大きく変更されており、
今作のP20では縦横比18.7:9の縦長ディスプレイとベゼルレス設計が取り入れられています。
これによって画面サイズは大きくても端末サイズ自体はコンパクトに抑えることが出来ます。
縦長ディスプレイは一般的に縦横比が18:9が多いですが、P20ではノッチ(切り欠き)部分があるため18.7:9となっております。

画面解像度の違い

それに伴いディスプレイの画面解像度も変更されています。

前作P10の
「 1920×1080(FHD) 」に対して、
今作P20は
「 2244×1080(FHD+) 」になります。

先ほども記載しましたが、P20では縦横比18.7:9の縦長ディスプレイが搭載されております。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。背面カメラではどちらもライカレンズのデュアル仕様で、
「 1200万+2000万画素 」になります。
モノクロ+カラーセンサーの組み合わせとなっており、画素数こそ同じですが、前作からF値が少し変更されています(F2.2→F1.8+F1.6)

またインカメラの画素数も変更されています。

前作P10の
「 800万画素 」に対して、
今作P20は
「 2400万画素 」になります。

P20では2400万画素と言うかなり高画素レンズがインカメラにも搭載されているのが特徴的です。

バッテリーの違い

バッテリー容量も変更されています。

前作P10の
「 3200mAh 」に対して、
今作P20は
「 3400mAh 」になります。

どちらも急速充電に対応しておりますが、P20では新たにHUAWEI SuperChargeに対応しました。
専用のケーブルとACアダプターによって、より早い充電が可能となります。

機能面やデザインの違いを比較

DSDVの対応

P10もDSDSには対応しておりますが、P20では DSDVに対応 しております。
DSDVはデュアルSIMデュアルVoLTEの略で、4G+4Gの同時待ち受けが可能になります。

機種サイズや重量の違い

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体は前作P10の方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。
P20もベゼルレス設計によって画面サイズの割にはコンパクトに抑えられています。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

P20の開催キャンペーン
IIJmio(みおふぉん)
実質価格:49,800円

シェアNo1記念キャンペーン開催中! P20(54,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、ギフト券5,000円が貰えます!さらに同時開催キャンペーンにて「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」が適用されます。 2019年5月8日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
端末価格:64,680円

ダブル元年記念スマホ割引キャンペーン開催中!
P20(69,800円)をキャンペーン期間中に通話SIMで購入した場合、5,120円割引が適用!
2019年5月9日までの期間限定なのでお早めに。

まとめると

スペックを見る限りはかなり順当な進化と言えます。
CPUやROMの強化、ディスプレイの大幅な変更、デュアルカメラのF値やインカメラの強化、DSDVの対応などなど。

なかでもノッチデザインのワイドディスプレイ+ベゼルレス仕様であったり、デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)は、2018年夏時点では対応端末が増え始めておりトレンド機能とも言えます。

Antutuのベンチマークスコアも20万超えを記録しておりますし、評判の良いライカのデュアルカメラも強化されています。

ハイスペックモデルや高性能なカメラ機能のモデルを探している方にはオススメの端末です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。