P20とP20 liteはどちらが良いのか違いを比較!

HUAWEIから2018年夏のSIMフリースマホとしてP20シリーズが登場しました!
最上位モデルのP20 Proはドコモからの販売のみとなっておりますので、今回はスタンダードモデルにあたる「P20」と下位モデルにあたる「P20 lite」のスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^
名称 P20 P20 lite
画像
メーカー HUAWEI
発売時期 2018年6月 2018年6月
OS Android 8.1 Android 8.0
CPU Kirin 970
オクタコア
2.36GHz
1.8GHz
Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 128GB 32GB
外部ストレージ 非搭載 最大256GB
画面サイズ 5.8 インチ 5.8 インチ
画面解像度 2244×1080
FHD+
2280×1080
FHD+
背面カメラ 1200万画素
2000万画素
1600万画素
200万画素
前面カメラ 2400万画素 1600万画素
バッテリー 3400mAh 3000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS 対応(DSDV)
USB USB Type-C USB Type-C
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
149.1 mm 148.6 mm
機種サイズ
(横幅)
70.8 mm 71.2 mm
機種サイズ
(厚み)
7.65 mm 7.4 mm
機種重量 165 g 145 g
カラー ミッドナイトブルー
ブラック
ピンクゴールド
クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック
価格 69,800円 31,980円


価格を比較

P20の
「 69,800円 」に対して、
P20 liteは
「 31,980円 」になります。

P20 liteはライトモデルと言うことで手の出しやすい価格帯となっております。一方のP20はスタンダードモデルながらにかなりの高価格となっております。
両端末には4万円近い価格差があるので、この価格差を埋めるメリットがP20にあるのかどうかが比較する上で重要になります。

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

P20の
「 Android 8.1 」に対して、
P20 liteは
「 Android 8.0 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

CPUの違い

また搭載されているCPUにも違いがあります。

P20の
「 Kirin 970 」に対して、
P20 liteは
「 Kirin 659 」になります。

どちらもハイシリコン社のKirinシリーズが採用されており、P20ではAI対応のハイスペックモデルKirin 970が搭載されております。Antutuのベンチマークスコアで20万超えを記録しています。
一方のP20 liteではKirin 659が搭載されており、こちらはnova lite2やMate10 liteにも採用されているコストパフォーマンスに優れたモデルとなります。Antutuのベンチマークスコアは85000前後となっております。

ROMの違い

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

P20の
「 128GB 」に対して、
P20 liteは
「 32GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

P20の
「 非搭載 」に対して、
P20 liteは
「 最大256GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
P20では端末内にSDカードスロットがありません。

ディスプレイの違い

どちらも画面サイズは大よそ「 5.8インチ 」になります。

そしてワイドディスプレイ+ベゼルレス仕様となっております。解像度は、
P20の
「 2244×1080 」に対して、
P20 liteは
「 2280×1080 」になります。

どちらの端末もトレンドとなっている上部ノッチデザインが採用されています。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。

P20の
「 1200万+2000万画素 」に対して、
P20 liteは
「 1600万+200万画素 」になります。

どちらも2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
P20の公式サイトによると、

HUAWEIとLeicaとのパートナーシップが、カメラファンたちをスマートフォンでの撮影に夢中にさせました。 新世代Leicaダブルカメラは、さらに鮮明で本格的なスマートフォンでの撮影はさらにカメラファンを夢中にさせます。

との記載があります。

一方のP20 liteの公式サイトによると、

HUAWEI P20 liteは、新設計の高精細で広角のフロントカメラを搭載。約1600万画素、ピクセルサイズ1.0μm、画角約78°のワイドアングル。 F値2.0の明るいレンズと、インテリジェント・マッピングによる顔面認識で、光と影を調整する3Dレタッチ機能を使用すれば、友人や家族を美しく撮影でき、撮影したポートレート写真やクローズアップ写真が、あなたのSNSを美しく飾ります。

との記載があります。

そしてインカメラの性能にも違いがあります。
P20の
「 2400万画素 」に対して、
P20 liteは
「 1200万画素 」になります。

P20ではインカメラにも2400万画素と言う高画素なレンズが搭載されています。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

P20の
「 3400mAh 」に対して、
P20 liteは
「 3000mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではP20の方が上です。

機能面やデザインの違いを比較

生体認証の対応

どちらも指紋認証センサーが搭載されておりますが、その配置に違いがあります。

P20の
「 前面下部 」に対して、
P20 liteは
「 背面上部 」になります。

センサーの配置は人によって好みが分かれますが、HUAWEI端末では背面上部が多い気がします。

DSDVの対応

P20ではDSDV(DualSim DualVoLTE)に対応 しております。
3G+4Gの同時待ち受けが可能なDSDSよりも更に便利な4G+4Gの同時待ち受けが可能です。

端末サイズや重量の違い

画面サイズがどちらも5.8インチと言うこともあって、端末サイズでは縦幅・横幅共にほとんど同じサイズになります。
厚みや重量ではP20 liteの方が薄型で軽量となっております。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

P20の開催キャンペーン

現在P20のキャンペーンは開催されていません。

P20 liteの開催キャンペーン

UQモバイル
実質価格:28,680円

サイト限定キャッシュバック特典! P20 lite(31,680円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!

結局どちらが良いのか

どちらも前作シリーズが人気だっただけに2018年夏モデルとしては注目の端末です。
両端末の違いと言う意味ではやはり価格差があるのでP20の方が様々な面で優れています。

大きな違いとしてはまず P20ではCPUにKirin970が搭載 されている点です。
こちらはAntutuのベンチマークスコアが20万超えのハイスペックモデルで、NPU搭載のAI対応のSoCです。
カメラ機能や電力消費などに連携したAI機能に期待出来ます。

他にも DSDVに対応 しています。
こちらは4G+4Gの同時待ち受けが可能な機能で、2018年夏モデルで言えばZenFone5でも対応している新たなトレンド機能となりそうです。
人によってはDSDVの対応が端末を選ぶ決定打になる場合もあるかもしれません。それほど使い方次第では便利な機能となります。

他にもライカレンズの搭載やバッテリー容量などP20側のメリットはいくつかあります。

一方のP20 liteを選ぶメリットとしてはやはり コストパフォーマンスの高さ でしょう。
こちらは3万円前後のミドルレンジモデルとしてはかなりパフォーマンスが優れています。前作のP10 liteや少し前に登場した格安SIM専売モデルのnova lite2に次ぐ「コスパ良スマホ」となりそうです。
3D系の重いアプリ以外は全く問題なく動くと思いますので、もしP20側のメリットに魅力を感じないのであればP20 liteを選んでおいて間違いないです!

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。