P30 liteが12,800円の投げ売り特価!OCNモバイルONEで販売開始

HUAWEI P20とZenFone 5Zはどちらが良いのか違いを比較!

HUAWEIから人気シリーズの2018年夏モデル「P20」が登場しました。今回は同じく2018年夏のASUS製「ZenFone 5Z ZS620KL」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

名称 P20 ZenFone 5Z
画像
メーカー HUAWEI ASUS
発売時期 2018年6月 2018年5月
OS Android 8.1 Android 8.0
CPU Kirin 970
オクタコア
2.36GHz
1.8GHz
Snapdragon 845
オクタコア
2.8GHz
RAM 4GB 6GB
ROM 128GB 128GB
外部ストレージ 非搭載 最大2TB
画面サイズ 5.8 インチ 6.2 インチ
画面解像度 2244×1080
FHD+
2246×1080
FHD+
背面カメラ 1200万画素
2000万画素
1200万画素
800万画素
前面カメラ 2400万画素 800万画素
バッテリー 3400mAh 3300mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS 対応(DSDV) 対応(DSDV)
USB USB Type-C USB Type-C
指紋認証 対応 対応
機種サイズ
(縦幅)
149.1 mm 153 mm
機種サイズ
(横幅)
70.8 mm 75.6 mm
機種サイズ
(厚み)
7.65 mm 7.7 mm
機種重量 165 g 165 g
カラー ミッドナイトブルー
ブラック
ピンクゴールド
シャイニーブラック
スペースシルバー
価格 69,800円 69,800円

価格を比較

P20の
「 69,800円 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 69,800円 」になります。

P20は楽天モバイル楽天モバイルが取り扱っているので、2年縛りや3年縛りの契約で実質負担金をかなり安くすることが出来ます。

主なスペックの違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

P20の
「 Android 8.1 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 Android 8.0 」になります。

あくまで出荷時のバージョンですが一応紹介。
Android 8.1では「電源メニュー」「Bluetoothデバイスのバッテリー残量表示」など便利な機能が追加されています。

CPUの違い

また搭載されているCPUにも違いがあります。

P20の
「 Kirin 970 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 Snapdragon 845 」になります。

CPUはスマホの動作に影響を与える最も重要なパーツです。
P20ではハイシリコン社のKirinシリーズが採用されており、Kirin970はAI特化のNPUを搭載したハイスペック向けSoCとなります。
一方のZenFone5Zはクアルコム社のスナドラシリーズが採用されており、スナドラ845は2018年夏時点ではトップクラスのハイスペックモデルです。
どちらも非常に高性能で、AntutuスコアではKirin970が20万超えを記録しており、スナドラ845はさらに脅威の27万超えを記録しています。

RAMの違い

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

P20の
「 4GB 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 6GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

P20の
「 非搭載 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 最大2TB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
P20では外部ストレージが非搭載となっているので注意しましょう。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

ディスプレイの違い

画面サイズにも違いがあります。

P20の
「 5.8 インチ 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 6.2 インチ 」になります。

どちらもワイドディスプレイが搭載されており、画面解像度はFHD+です。
またどちらも上部がノッチ(切り欠き)になっており、より画面占有率が高くなっております。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。
どちらも2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
背面の画素数は、

P20の
「 1200万+2000万画素 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 1200万+800万画素 」になります。

P20の公式サイトによると、

HUAWEIとLeicaとのパートナーシップが、カメラファンたちをスマートフォンでの撮影に夢中にさせました。 新世代Leicaダブルカメラは、さらに鮮明で本格的なスマートフォンでの撮影はさらにカメラファンを夢中にさせます。

画期的なワイドアパーチャレンズを通る光の流れ、それは1.55マイクロのピクセルサイズの大きな画像センサーに当たる。光はセンサーに吸収され、光が多くなればなるほど、暗い場所でも、明瞭で詳細で優れた品質の写真が撮影できます。

AI手振れ補正によって、強力に手振れを制御するので、夜景の撮影でも三脚はもう必要ありません。夜景モードではコントラストと光のバランスを調整し、かんたんに美しい夜景が撮影できます。

などの記載があり、ライカレンズの搭載やAI機能などカメラ性能に力が入っています。

一方のZenFone 5Zの公式サイトによると、

ZenFone 5ZのインテリジェントなAIデュアルカメラシステムはあなたの代わりに最適な答えを出してくれます。撮影者の好みの写真を導き出してくれる高度なAI機能により、いつでも理想的な写真を簡単に撮影することができます。ZenFone 5Zはシンプルに、スマートに、心揺さぶる一瞬を捉えます。

ZenFone 5Zの背面デュアルレンズカメラは、最新のハードウェアによりいつでもどのような条件でも最も明瞭で鮮やかな写真を撮影でき、スマートフォンでの撮影をより感動的に映し出します。高感度のメインカメラ、120°広角のセカンドカメラで広大な景色、太陽が降り注ぐビーチ、情緒的なナイトショット、家族の集合写真、自撮りまで、どのようなシーンでもZenFone 5Zなら美しい世界をより鮮やかに捉えます。

などの記載があり、サブに広角レンズが搭載されており、こちらもまたAI機能も対応しております。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

P20の
「 2400万画素 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 800万画素 」になります。

P20では2400万画素と言う高画素なレンズが搭載されています。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

P20の
「 3400mAh 」に対して、
ZenFone 5Zは
「 3300mAh 」になります。

P20の方が100mAh上回っております。どちらもAI機能による省エネ効果に期待出来ます。

端末サイズや重量の違い

画面サイズの違いもあって、端末サイズではP20の方がコンパクトかつ薄型となっております。
ZenFone 5Zもベゼルレス設計が採用されているので、画面サイズの割にかなりコンパクトです。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

P20の開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:54,800円
(特典あり!)
スマホ代月額300円キャンペーン開催!
P20(54,800円)をキャンペーン期間中に「音声通話機能付きSIM」と同時に契約した場合、「3ヶ月間、月額1,300円割引」「1年間、データ量1GB増量」「初期費用1円」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年7月3日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:35,800円~57,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でP20(69,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

ZenFone 5Zの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:49,800円
(投売り特価!)
夏トク!人気スマホ大幅割引!
ZenFone 5Z(64,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、15,000円割引が適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。
新規で契約した場合は「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」の特典あり!こちらも2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

結局どちらが良いのか

どちらの端末も特徴が似ています。
AI機能に対応したハイスペックSoCの搭載、AI対応のデュアルカメラの搭載、上部ノッチのワイドディスプレイ+ベゼルレス設計の採用、DSDVの対応などなど。

両端末の比較としては、まず「CPU」のKirin970よりもスナドラ845の方が勝っています。どちらもハイスペックなのは間違いありませんし、Kirin970もAI特化のNPUの搭載などコスト的にはめちゃくちゃ高いモデルになります。それでもやはりAntutuのベンチマークスコアで7万もの差が付いているので動作スペックではスナドラ845の方が上と言っても良いでしょう。

次に「RAM」の数値がZenFone 5Zの方が2GBほど上回っております。パソコンを普段使う方なら分かるかもしれませんが、メモリーの違いは非常に大きいです。不足してしまうとカクつきますし、高い数値の方が安心です。
スマホの場合では、よっぽどの事が無い限り4GBあれば全く問題ないほど高い数値ですが、もちろん高いほど良いですね。

次に「外部ストレージ」の違いも大きいです。
「P20では外部ストレージが非搭載な分、内部ストレージが128GBもの大容量です」と説明してきましたが、今回比較しているZenFone 5ZではROM128GBな上に外部ストレージも対応しており、さらに対応数も2TBと現状の上限となっております。

またどちらもノッチデザインのワイドディスプレイ+ベゼルレスによって画面占有率が非常に高くなっております。
いわゆる「フルビューディスプレイ」と言われている仕様で、確かに迫力はありますが、まだまだ賛否が分かれている段階です。
単純なディスプレイサイズでは0.4インチ差があります。その分の端末サイズの違いも人によっては比較ポイントになります。

「カメラ」機能では、どちらもAI対応が見所のデュアルカメラ仕様です。
P20ではモノクロ+カラーセンサーのライカレンズが搭載されており、ZenFone 5Zではサブに広角レンズが搭載されているのが特徴的です。
どちらも高い水準なのは間違いないですが、個人的にはブランド力もあって評判も良いライカレンズを搭載したP20が間違いなさそうです。
ちなみにP20のインカメラは2400万画素と言う高画素レンズが搭載されているので、インカメラをよく使う方にはこちらも選ぶメリットになります。

個人的に思うP20の見所は「ライカのデュアルレンズ+高画素インカメラ」です。
そしてZenFone 5Zの見所は「スナドラ845の搭載」と「大容量の内部ストレージ+外部ストレージ」です。

カメラ性能に興味が無いのであれば、安定のスナドラ845と大容量ストレージを搭載しているZenFone 5Zの方が実用性は高そうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。