R17 Proが38,000円の大割引!IIJmioがお得な夏キャンペーン開催

P20 liteとAQUOS sense liteはどちらが良いのか違いを比較!

HUAWEIから人気シリーズの2018年夏モデル「P20 lite」が登場しました。今回は多くの格安SIMで採用されているシャープ製スマホ「AQUOS sense lite SH-M05」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

P20 liteとAQUOS sense liteのスペック比較

スペック比較表
名称 P20 lite AQUOS sense lite
画像
メーカー HUAWEI シャープ
発売時期 2018年6月 2017年12月
OS Android 8.0 Android 7.1
CPU Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
Snapdragon 430
オクタコア
1.4GHz
RAM 4GB 3GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 5.84 インチ 5.0 インチ
画面解像度 2280×1080
FHD+
1920×1080
FHD
背面カメラ 1600万画素
200万画素
1310万画素
前面カメラ 1600万画素 500万画素
バッテリー 3000mAh 2700mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
DSDS
防水防塵 対応
おサイフケータイ 対応
USB USB Type-C USB Type-C
生体認証 指紋
指紋
機種サイズ
(縦幅)
148.6 mm 144 mm
機種サイズ
(横幅)
71.2 mm 72 mm
機種サイズ
(厚み)
7.4 mm 8.5 mm
機種重量 145 g 147 g
カラー クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック
ブラック
ホワイト
ゴールド
ターコイズ
ピンク
レッド
ブルー
価格 31,980円 33,000円

P20 liteとAQUOS sense liteの価格比較

[amazonjs asin=”B07CZFVVVV” locale=”JP” title=”Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー ※クリアケース、イヤホンマイク付属※【日本正規代理店品】”][amazonjs asin=”B0776PCRHG” locale=”JP” title=”シャープ AQUOS sense lite SH-M05 (ホワイト)5.0インチ SIMフリースマートフォン SH-M05-W”]

P20 liteの
「 31,980円 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 33,000円 」になります。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「OS」

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

P20 liteの
「 Android 8.0 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 Android 7.1 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「CPU」

また搭載されているCPUにも違いがあります。

P20 liteの
「 Kirin 659 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 Snapdragon 430 」になります。

nova lite2ではハイシリコン社のKirinシリーズが搭載されており、コスパの良さに定評があります。一方のAQUOS sense liteではキャリアスマホに多く採用されているクアルコム社のスナドラシリーズが搭載されています。
スナドラ4xxシリーズなので、エントリー向けのチップセットとなっております。
nova lite2(Kirin 659)とZenFone4 Max(Snapdragon 430)のベンチマークスコアがあったので貼っておきます。

nova lite2
(Kirin 659)
ZenFone4 Max
(Snapdragon 430)

あくまでスコアは同CPUを搭載したnova lite2とZenFone4 Maxなので参考程度に。
ベンチマークスコアは動作面の性能をスコア化するツールとなっており、圧倒的にnova lite2の方が優れているのが分かります。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

P20 liteの
「 4GB 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 3GB 」になります。

先ほど紹介したCPUが最も動作面に影響を与えるパーツとなっておりますが、RAMもまた動作面に影響を与える重要なパーツです。特に同時動作に影響を与えると言われており、もちろん高ければ高いほど性能は高くなります。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「画面サイズ」

画面サイズに大きな違いがあります。

P20 liteの
「 5.84 インチ 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 5.0 インチ 」になります。

従来の16:9の5.0インチディスプレイを搭載しているAQUOS sense liteとは異なり、
P20 liteでは縦横比19:9の縦長ディスプレイとベゼルレス設計が取り入れられています。
これによって画面サイズは大きくても端末サイズ自体はコンパクトに抑えることが出来ます。
縦長ディスプレイは一般的に縦横比が18:9が多いですが、P20 liteではノッチ(切り欠き)部分があるため19:9となっております。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

P20 liteの
「 2280×1080(FHD+) 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 1920×1080(FHD) 」になります。

先ほども記載しましたが、P20 liteでは縦横比19:9の縦長ディスプレイが搭載されております。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。

P20 liteの
「 1600万+200万画素 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 1310万画素 」になります。

P20 liteでは2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
公式サイトによると、

HUAWEI P20 liteのダブルレンズカメラの イメージセンサーのピクセルサイズ1.12μm、F値2.2の約1600万画素のレンズは、より多くの光を取り込みながら、奥行きも読み取る設計。いつでもすぐに鮮明な写真が撮れます。 組み合わされた約200万画素のレンズが、プロフェッショナルなボケ味を出す。2つレンズの組み合わせにより、被写体と背景を正確にとらえて美しい写真の撮影を可能にしました。

との記載があるので、ぼかし効果に期待出来ます。

またインカメラの画素数も変更されています。

P20 liteの
「 1600万画素 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 500万画素 」になります。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

P20 liteの
「 3000mAh 」に対して、
AQUOS sense liteは
「 2700mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではP20 liteの方が上回っています。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「Wi-Fi」

P20 liteでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
AQUOS sense liteのように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「防水防塵」

AQUOS sense liteでは 防水防塵に対応 しております。
SIMフリースマホでは防水防塵に対応しているモデルはかなり少ないです。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「おサイフケータイ」

AQUOS sense liteでは おサイフケータイに対応 しております。
こちらもSIMフリースマホには珍しい仕様で、国産モデルならではですね。

P20 liteとAQUOS sense liteの違いを比較「サイズ」

画面サイズにかなりの違いがありますが、
P20 liteのベゼルレスによって端末サイズ自体はそこまで大きく差はありません。
むしろ横幅、厚み、重量ではP20 liteの方がコンパクトです。

まとめると

P20 liteは前作が非常に人気が高く、SIMフリーモデルではトップクラスのコストパフォーマンスとなっておりました。
その後続モデルにあたるP20 liteも価格は抑えられており、コストパフォーマンスを維持したまま、トレンドでもある縦長ディスプレイ+ベゼルレス(上部ノッチ)の仕様を取り入れております。
もしこだわりがないのであればP20 liteを選んでおけば問題ないです。

一方のAQUOS sense liteを選ぶメリットとしては、国産モデルならではのおサイフケータイの対応、また防水防塵の対応となります。
これらは実用性に長けている機能なので、スマホをあまり使わない普段使いの方にオススメです!

どちらも多くの格安SIMにて取り扱われているので、キャンペーンと絡めば更に安く入手出来るでしょう。

端末をお探しの方は

P20 liteの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:4,800円
(投売り特価!)
夏トク!人気スマホ大幅割引!
P20 lite(19,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、15,000円割引が適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。
新規で契約した場合は「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」の特典あり!こちらも2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:15,900円~23,900円

サイト限定キャッシュバック特典! P20 lite(28,900円)をSIM契約した場合、各プランに応じた特典あり!最大13,000円キャッシュバック!

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:7,980円~19,980円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でP20 lite(31,980円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

AQUOS sense liteの開催キャンペーン

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:5,800円~17,800円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS sense lite(29,800円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。