P20 liteとMoto E5はどちらが良いのか違いを比較!

HUAWEIから人気シリーズの2018年夏モデル「P20 lite」が登場しました。今回はモトローラの2018年夏モデルでエントリーモデルの「Moto E5」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

P20 liteとMoto E5のスペック比較

スペック比較表
名称 P20 lite Moto E5
画像
メーカー HUAWEI モトローラ
発売時期 2018年6月 2018年6月
OS Android 8.0 Android 8.0
CPU Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
Snapdragon 425
クアッドコア
1.4GHz
RAM 4GB 2GB
ROM 32GB 16GB
外部ストレージ 最大256GB 最大128GB
画面サイズ 5.84 インチ 5.7 インチ
画面解像度 2280×1080
FHD+
1440×720
HD+
背面カメラ 1600万画素
200万画素
1300万画素
前面カメラ 1600万画素 500万画素
バッテリー 3000mAh 4000mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
DSDS 対応
USB USB Type-C microUSB
生体認証 指紋
指紋
機種サイズ
(縦幅)
148.6 mm 154.4 mm
機種サイズ
(横幅)
71.2 mm 72.2 mm
機種サイズ
(厚み)
7.4 mm 8.9 mm
機種重量 145 g 173 g
カラー クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック
ファインゴールド
フラッシュグレー
価格 31,980円 18,500円

P20 liteとMoto E5の価格比較

[amazonjs asin=”B07CZFVVVV” locale=”JP” title=”Huawei 5.84インチ P20 lite SIMフリースマートフォン クラインブルー ※クリアケース、イヤホンマイク付属※【日本正規代理店品】”][amazonjs asin=”B07CSS1XSW” locale=”JP” title=”モトローラ SIM フリー スマートフォン Moto E5 2GB/16GB フラッシュグレー 国内正規代理店品 PACH0011JP/A”]

P20 liteの
「 31,980円 」に対して、
Moto E5は
「 18,500円 」になります。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「CPU」

まず搭載されているCPUに違いがあります。

P20 liteの
「 Kirin 659 」に対して、
Moto E5は
「 Snapdragon 425 」になります。

P20 liteではハイシリコン社のKirin659が搭載されており、こちらはMate10 liteやnova lite2にも搭載されているモデルです。Antutuのベンチマークスコアは87000前後とのこと。
一方のMoto E5ではクアルコム社のスナドラ425が搭載されており、こちらはAntutuが45000前後となっているので、単純な動作性能ではP20 liteの方が勝っています。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「RAM」

また搭載されているRAMの数値にも違いがあります。

P20 liteの
「 4GB 」に対して、
Moto E5は
「 2GB 」になります。

RAMはCPUに次ぐ動作面に影響を与えるパーツです。
主に同時動作に影響を与えると言われており、高ければ高い程快適な動作に期待出来ます。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「ROM」

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

P20 liteの
「 32GB 」に対して、
Moto E5は
「 16GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「外部ストレージ」

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

P20 liteの
「 最大256GB 」に対して、
Moto E5は
「 最大128GB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「画面サイズ」

画面サイズにも違いがあります。

P20 liteの
「 5.84 インチ 」に対して、
Moto E5は
「 5.7 インチ 」になります。

どちらもトレンドである縦長ディスプレイが搭載されております。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「画面解像度」

画面解像度にも違いがあります。

P20 liteの
「 2280×1080(FHD+) 」に対して、
Moto E5は
「 1440×720(HD+) 」になります。

どちらも縦長ディスプレイ+ベゼルレス設計の組み合わせとなっておりますが、
解像度はP20 liteの方がより高解像度となっております。
またディスプレイの上部がノッチになっているのも特徴的です。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「カメラ」

カメラ性能にも違いがあります。

P20 liteの
「 1600万+200万画素 」に対して、
Moto E5は
「 1300万画素 」になります。

P20 liteでは2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
P20 liteの公式サイトによると、

HUAWEI P20 liteのダブルレンズカメラの イメージセンサーのピクセルサイズ1.12μm、F値2.2の約1600万画素のレンズは、より多くの光を取り込みながら、奥行きも読み取る設計。いつでもすぐに鮮明な写真が撮れます。 組み合わされた約200万画素のレンズが、プロフェッショナルなボケ味を出す。2つレンズの組み合わせにより、被写体と背景を正確にとらえて美しい写真の撮影を可能にしました。

との記載があり、ボケ効果に期待出来ます。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

P20 liteの
「 1600万画素 」に対して、
Moto E5は
「 500万画素 」になります。

P20 liteではインカメラにも高画素レンズが搭載されています。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「バッテリー」

バッテリー容量にも違いがあります。

P20 liteの
「 3000mAh 」に対して、
Moto E5は
「 4000mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではMoto E5の方が上回っています。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「Wi-Fi」

P20 liteでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
Moto E5のように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電と混線する場合があります。

P20 liteとMoto E5の違いを比較「DSDS」

Moto E5では デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応 しております。
DSDS対応スマホの一覧と比較!おすすめ端末や組み合わせは?

P20 liteとMoto E5の違いを比較「サイズ」

どちらもベゼルレス設計によって端末サイズはコンパクトに抑えられています。
ノッチデザインによる画面占有率の関係でP20 liteの方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。

まとめると

価格差もあって動作性能はP20 liteの方が優れています。
CPU、RAMはどちらもP20 liteの方が優れており、ベンチマークスコア差は4万ほど離れております。
ストレージ面でも内部・外部共にP20 liteの方が上回っています。

さらにディスプレイ関係にも大きな違いがあります。
どちらも縦長ディスプレイとベゼルレスの組み合わせが採用されておりますが、
P20 liteではトレンドでもあるノッチデザインが採用されています。
その関係もあって縦横比ではP20 liteが18.7:9なのに対してMoto E5は18:9となっております。
画面サイズはP20 liteの方が0.14インチ大きいですが、端末サイズ自体はP20 liteの方がコンパクトです。

そして更にP20 liteでは2つのレンズを搭載する背面のデュアルカメラ仕様に加えてインカメラにも高画素レンズが搭載されています。
カメラ面でもMoto E5より優れていると考えてよいでしょう。

一方のMoto E5を選ぶメリットは第一に「価格の安さ」です。
エントリーモデルだけあって2万円以下で購入出来るのは非常に大きなメリットです。それだけでライトユーザーの有力候補になりますからね。

P20 liteと比べて勝っているところは「バッテリー容量」と「DSDS」「トリプルスロット」の対応です。
バッテリー容量では単純に1000mAhも上回っており、ディスプレイもHD+なので電池持ちもかなり良いのではないでしょうか。

そして「DSDS」は3G+4Gの同時待ち受けを可能にする機能で、2017年代の端末から搭載端末が増えております。
もちろん「DSDS」対応の端末を探しているのであればP20 liteではなくMoto E5を選ぶ必要があります。

またモトローラ端末の代名詞でもあった「トリプルスロット」にも今作から再度対応しました。2つのSIMとSDカードスロットが別で用意されているので同時利用が可能になります。

基本的には前評判もコスパも良いP20 liteがオススメですが、

「DSDS」対応のエントリーモデルを探している方にはMoto E5がオススメです!

端末をお探しの方は

P20 liteの開催キャンペーン

UQモバイル
実質価格:28,680円

サイト限定キャッシュバック特典! P20 lite(31,680円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!

Moto E5の開催キャンペーン

BIGLOBE SIM
端末価格:17,760円
(Youtube見放題!)
今なら3GB以上の音声SIM契約で、通信量を気にせずにYoutubeが見放題になる「エンタメフリーオプション」が6か月無料になります!また初期費用3,394円も0円に!
2019年12月1日までの期間限定なのでお早めに。

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。