nova lite 3が3,480円、Mate 20 Proが52,800円!OCNの投げ売りセール開催中【8月5日まで】

P20 liteとZenFone 5Qはどちらが良いのか違いを比較!

HUAWEIから人気シリーズの2018年夏モデル「P20 lite」が登場しました。今回は同じく2018年夏のASUS製「ZenFone 5Q ZC600KL」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較表

名称 P20 lite ZenFone 5Q
画像
メーカー HUAWEI ASUS
発売時期 2018年6月 2018年5月
OS Android 8.0 Android 7.1
CPU Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
Snapdragon 630
オクタコア
2.2GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 32GB 64GB
外部ストレージ 最大256GB 最大2TB
画面サイズ 5.84 インチ 6.0 インチ
画面解像度 2280×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1600万画素
200万画素
1600万画素
800万画素
前面カメラ 1600万画素 2000万画素
800万画素
バッテリー 3000mAh 3300mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS 対応
USB USB Type-C microUSB
生体認証 指紋
指紋
機種サイズ
(縦幅)
148.6 mm 160.5 mm
機種サイズ
(横幅)
71.2 mm 76 mm
機種サイズ
(厚み)
7.4 mm 7.7 mm
機種重量 145 g 168 g
カラー クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック
ルージュレッド
ムーンライトホワイト
ミッドナイトブラック
価格 31,980円 39,800円


価格を比較

P20 liteの
「 31,980円 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 39,800円 」になります。

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

P20 liteの
「 Android 8.0 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 Android 7.1 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。

CPUの違い

また搭載されているCPUにも違いがあります。

P20 liteの
「 Kirin 659 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 Snapdragon 630 」になります。

P20 liteではハイシリコンのKirin659が搭載されており、一方のZenFone 5Qではクアルコム社のスナドラ630が搭載されております。
どちらもAntutuのベンチマークスコアは87000前後とのことです。

ROMの違い

また搭載されているROMの容量にも違いがあります。

P20 liteの
「 32GB 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 64GB 」になります。

ROMは内部ストレージのことで端末本体の容量のことです。スマホで何らかのファイルを管理する方には大容量が必要になります。

外部ストレージの違い

外部ストレージの対応数にも違いがあります。

P20 liteの
「 最大256GB 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 最大2TB 」になります。

外部ストレージはSDカードによって増設出来る追加容量のことです。端末それぞれ対応数が異なるので注意が必要です。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

ディスプレイの違い

画面サイズにも違いがあります。

P20 liteの
「 5.84 インチ 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 6.0インチ 」になります。

どちらも縦長ディスプレイ+ベゼルレス設計の組み合わせですが、P20 liteでは画面上部にノッチ部分があります。

ちなみにこのノッチ部分は非表示にすることが可能です。

このノッチ部分の関係で解像度にも違いがあります。

P20 liteの
「 2280×1080(FHD+) 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 2160×1080(FHD+) 」になります。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。

P20 liteの
「 1600万+200万画素 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 1600万+800万画素 」になります。

どちらも2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
P20 liteの公式サイトによると、

HUAWEI P20 liteのダブルレンズカメラの イメージセンサーのピクセルサイズ1.12μm、F値2.2の約1600万画素のレンズは、より多くの光を取り込みながら、奥行きも読み取る設計。いつでもすぐに鮮明な写真が撮れます。 組み合わされた約200万画素のレンズが、プロフェッショナルなボケ味を出す。2つレンズの組み合わせにより、被写体と背景を正確にとらえて美しい写真の撮影を可能にしました。

ZenFone 5Qの公式サイトによると、

ZenFone 5Qには、写真の雰囲気を手軽に変えることができる8種類のカメラフィルターをはじめ、写真撮影がもっと楽しくなるさまざまなモードを搭載しています。たとえば超解像モードを使えば、複数の露出値で撮影を行い、それを6500万画素の1枚の超高解像度写真にすることができます。パノラマモードでは、風景などを270度の超広角で撮影でき、ほかにもGIFアニメーションモードやスローモーションモード、低速度撮影モードなどを搭載しています。

との記載があります。

またインカメラの性能にも違いがあります。単純な画素数では、

P20 liteの
「 1600万画素 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 2000万+800万画素 」になります。

ZenFone 5Qは前面にも2つのレンズが搭載されており、公式サイトによると、

ZenFone 5Qは、高い前面カメラ性能を実現しました。前面メインカメラに2,000万画素の高解像度に対応するSONY製のイメージセンサーを使用し、今までにない最高の前面カメラ品質を実現しています。ソフトLEDフラッシュを使えば被写体をハッキリと映し出しながら、後ろの風景まで自然に残せます。

との記載があります。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

P20 liteの
「 3000mAh 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 3300mAh 」になります。

単純なバッテリー容量ではZenFone 5Qの方が上回っております。

機能面やデザインの違いを比較

USBポートの違い

USBポートの規格にも違いがあります。

P20 liteの
「 USB Type-C 」に対して、
ZenFone 5Qは
「 microUSB 」になります。

最近の端末に多いType-CがP20 liteでも採用されています。
Type-Cはシンメトリー形状となっているので、どちら向きでも接続することが出来るのでかなり便利です。
スマホの「microUSB」と「USB Type-C」の違いとは?

DSDSの対応

ZenFone 5Qでは デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応 しております。

端末サイズや重量の違い

画面サイズの違いもあって、端末サイズ自体はP20 liteの方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

P20 liteの開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:800円
(投売り特価!)
人気スマホセール開催!
P20 lite(18,800円)をスマホセットで購入した場合、18,000円割引が適用されます。
さらに対象オプション加入で最大3,000円割引が適用されます。
また同時に2年間 毎月320円割引のキャンペーンも開催中!
2019年8月5日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:9,800円
(新規がお得!)
夏トク!キャンペーン開催!
P20 lite(19,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、10,000円割引が適用されます。
2019年7月31日までの期間限定なのでお早めに。
新規で契約した場合は「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」の特典あり!こちらは2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:15,900円~23,900円

サイト限定キャッシュバック特典! P20 lite(28,900円)をSIM契約した場合、各プランに応じた特典あり!最大13,000円キャッシュバック!

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:7,980円~19,980円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でP20 lite(31,980円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

ZenFone 5Qの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:34,800円
(特典あり!)
夏トク!キャンペーン開催!
ZenFone 5Q(34,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券3,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

結局どちらが良いのか

どちらもシリーズのライトモデルとのことですが、価格はZenFone 5Qの方がやや高めです。
動作スペックはベンチマークスコアがほとんど同じだったのですが、クアルコム社のスナドラシリーズを搭載しているZenFone 5Qの方がわずかに優れているかもしれませんね。

両端末の違いと言う意味では、
どちらの端末も縦長ディスプレイ+ベゼルレスの組み合わせとなっておりますが、P20 liteでは更にトレンドでもあるノッチ部分があります。これによって画面占有率はさらに高くなっております。

そしてカメラ性能ではどちらもデュアルカメラ仕様ですが、ZenFone 5Qでは前面にも高画素レンズ+広角レンズのデュアル仕様が採用されています。

また機能面ではP20 liteがType-Cの搭載、ZenFone 5QがDSDSの搭載、と人によって選ぶメリットが変わります。

どちらもそこまで高いモデルではないのですが、この価格帯でこれだけベンチマークスコアが出ていればコスパで言えば良い部類でしょう。
とくにP20 liteはそんなZenFone 5Qよりも価格が安いのでより一層コスパには優れています。

ZenFone 5Qの優れている部分(前面デュアルカメラ、DSDSなど)に魅力を感じない方はP20 liteを選んでおいたほうが無難です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。