P20 liteとZenFone Max Plus(M1)はどちらが良いのか違いを比較!

HUAWEIから人気シリーズの2018年夏モデル「P20 lite」が登場しました。今回はいくつかの格安SIMで採用されているASUSの大容量バッテリー搭載モデル「ZenFone Max Plus(M1)」とのスペックの違いを比較してみました!
どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^
名称 P20 lite ZenFone Max Plus
画像
メーカー HUAWEI ASUS
発売時期 2018年6月 2018年2月
OS Android 8.0 Android 7.0
CPU Kirin 659
オクタコア
2.36GHz
MT6750T
オクタコア
RAM 4GB 4GB
ROM 32GB 32GB
外部ストレージ 最大256GB 最大256GB
画面サイズ 5.84 インチ 5.7 インチ
画面解像度 2280×1080
FHD+
2160×1080
FHD+
背面カメラ 1600万画素
200万画素
1600万画素
800万画素
前面カメラ 1600万画素 800万画素
バッテリー 3000mAh 4130mAh
Wi-Fi a/b/g/n/ac b/g/n
DSDS 対応
USB USB Type-C microUSB
生体認証 指紋
指紋
機種サイズ
(縦幅)
148.6 mm 152 mm
機種サイズ
(横幅)
71.2 mm 73 mm
機種サイズ
(厚み)
7.4 mm 8.8 mm
機種重量 145 g 160 g
カラー クラインブルー
サクラピンク
ミッドナイトブラック
ディープシーブラック
アズールシルバー
サンライトゴールド
価格 31,980円 29,800円

価格を比較

P20 liteの
「 31,980円 」に対して、
ZenFone Max Plusは
「 29,800円 」になります。

主なスペックや動作性能の違いを比較

OSバージョンの違い

まずプリインストールされているOSのバージョンに違いがあります。

P20 liteの
「 Android 8.0 」に対して、
ZenFone Max Plusは
「 Android 7.0 」になります。

あくまでプリインストールのバージョンですが一応紹介。
Android 8.0では新機能「ピクチャーインピクチャー」を筆頭に通知機能の改善や設定のUIの改善が行われています。

CPUの違い

また搭載されているCPUにも違いがあります。

P20 liteの
「 Kirin 659 」に対して、
ZenFone Max Plusは
「 MT6750T 」になります。

P20 liteではハイシリコン社のKirin 659が採用されており、こちらはMate10 liteやnova lite2でも搭載されているSoCです。Antutuのベンチマークスコアは85000超えを記録しています。
一方のZenFone Max Plusはコストの安いMediaTek社のチップセットが搭載されており、こちらはベンチマークスコアが55000前後となっております。

ディスプレイの違い

画面サイズにも違いがあります。

P20 liteの
「 5.84 インチ 」に対して、
ZenFone Max Plusは
「 5.7 インチ 」になります。

どちらも縦長ディスプレイ+ベゼルレス設計の組み合わせが採用されておりますが、
P20 liteではiPhone Xでお馴染みの上部がノッチデザインになっています。

カメラの違い

カメラ性能にも違いがあります。

P20 liteの
「 1600万+200万画素 」に対して、
ZenFone Max Plusは
「 1600万+800万画素 」になります。

どちらも2つのレンズを搭載するデュアルカメラ仕様となっております。
P20 liteの公式サイトによると、

HUAWEI P20 liteのダブルレンズカメラの イメージセンサーのピクセルサイズ1.12μm、F値2.2の約1600万画素のレンズは、より多くの光を取り込みながら、奥行きも読み取る設計。いつでもすぐに鮮明な写真が撮れます。 組み合わされた約200万画素のレンズが、プロフェッショナルなボケ味を出す。2つレンズの組み合わせにより、被写体と背景を正確にとらえて美しい写真の撮影を可能にしました。

との記載がありますので、ぼかし効果に期待が出来ます。

一方のZenFone Max Plusの公式サイトによると、

先進のデュアルカメラシステムを搭載したZenFone Max Plusは、スマートフォンの写真を新たな高みに引き上げます。1,600万画素のメインカメラには、F値2.0の大口径レンズが搭載され、より鮮明な写真撮影が可能です。セカンドカメラには120°の広角カメラを搭載し、旅先の風景や友達を全てフレームの中に収めることができます。

との記載がありますので、広角撮影に対応しています。

またインカメラの画素数にも違いがあります。

P20 liteの
「 1600万画素 」に対して、
ZenFone Max Plusは
「 800万画素 」になります。

バッテリーの違い

バッテリー容量にも違いがあります。

P20 liteの
「 3000mAh 」に対して、
ZenFone Max Plusは
「 4130mAh 」になります。

ZenFone Max Plusはシリーズのコンセプトでもある大容量バッテリーが搭載されています。

機能面やデザインの違いを比較

USBポートの違い

USBポートの規格にも違いがあります。

P20 liteの
「 USB Type-C 」に対して、
ZenFone Max Plusは
「 microUSB 」になります。

P20 liteのType-Cではシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。
スマホの「microUSB」と「USB Type-C」の違いとは?

Wi-Fi5GHz帯の対応

P20 liteでは Wi-Fi5GHz帯(a/ac)に対応 しております。
ZenFone Max Plusのように2.4GHz帯(b/g/n)のみの対応だと他家電との混線があります。

DSDSの対応

ZenFone Max Plusでは デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応 しております。
DSDS対応スマホの一覧と比較!おすすめ端末や組み合わせは?

端末サイズや重量の違い

画面サイズの違いはありますが、P20 liteはノッチ部分も含めて画面占有率が高くなっております。
端末サイズではP20 liteの方がコンパクトかつ薄型軽量となっております。

購入方法

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

P20 liteの開催キャンペーン

UQモバイル
実質価格:28,680円

サイト限定キャッシュバック特典! P20 lite(31,680円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!

ZenFone Max Plusの開催キャンペーン

現在ZenFone Max Plusのキャンペーンは開催されていません。

結局どちらが良いのか

P20 liteでは2018年時点で言えばコスパがトップクラスの端末です。
もしこの価格帯で少しでもコスパの良い端末をお探しなのであればP20 liteを選べば間違いないでしょう。

一方のZenFone Max Plusを選ぶメリットとしては、
まずシリーズの子宣布とでもある大容量バッテリーの搭載です。4130mAhと言う大容量バッテリーによって電池持ちはかなり良いはずです。
そしてP20 liteが対応していない機能で「DSDS」があります。こちらは3G+4Gの同時待ち受けが可能な機能となっており、2017年代の端末から対応している端末がとても増えました。
もしこの辺りに魅力を感じるのであればZenFone Max Plusを選びましょう!

注目機種コスパ最強のOPPO A5 2020を買ったので早速開封してみた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。