OCNでnova lite3やAQUOS sense2が800円で買える限定セール開催!【9月30日まで】

「P30 lite」と「AQUOS zero」のスペックの違いを比較!

HUAWEI製スマホ「P30 lite」とシャープ製スマホ「AQUOS zero SH-M10」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較

名称 P30 lite AQUOS zero
メーカー HUAWEI シャープ
発売時期 2019年5月 2019年3月
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Kirin 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Snapdragon 845
オクタコア
2.6GHz
1.7GHz
RAM 4GB 6GB
ROM 64GB 128GB
外部ストレージ 最大512GB
画面サイズ 6.15 インチ 6.2 インチ
有機EL
画面解像度 2312×1080
FHD+
2992×1440
WQHD+
背面カメラ 2400万画素
800万画素
200万画素
2260万画素
前面カメラ 2400万画素 800万画素
バッテリー 3340mAh 3130mAh
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS DSDV
トリプルスロット
生体認証 対応 対応
防水防塵 IP68
おサイフケータイ 対応
対応Band(4G) B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 41 B1 / 2 / 3 / 4 / 8 / 11 / 12 / 17 / 19 / 26 / 28 / 41 / 42
対応Band(3G) B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 4 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 152.9 mm 154 mm
機種サイズ (横幅) 72.7 mm 73 mm
機種サイズ (厚み) 7.57 mm 8.8 mm
機種重量 159 g 146 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
アドバンスドブラック
参考価格 32,800円 90,000円前後

動作性能の違い

P30 lite

P30 liteではAndroid 9.0がプリインストールされており、ハイシリコン社のKirin 710が搭載されており、4GBRAMが搭載されています。AnTuTuのベンチマークスコアは13万前後を記録しております。

AQUOS zero

AQUOS zeroではAndroid 9.0がプリインストールされており、クアルコム社のSnapdragon 845が搭載されており、6GBRAMが搭載されています。AnTuTuのベンチマークスコアは28万前後を記録しております。

ストレージの違い

P30 lite

P30 liteの内部ストレージは64GBで、外部ストレージは最大512GBまで対応しております。

AQUOS zero

AQUOS zeroの内部ストレージは128GBで、外部ストレージは非搭載となっております。

ディスプレイの違い

P30 lite

P30 liteのディスプレイサイズは6.15インチで、画面解像度が2312×1080(FHD+)です。アスペクト比(縦横比率)は19.5:9です。上部に水滴型ノッチが採用されています。

AQUOS zero

AQUOS zeroのディスプレイサイズは6.2インチで、画面解像度が2992×1440(WQHD+)です。アスペクト比(縦横比率)は18.7:9です。有機ELディスプレイが搭載されています。

カメラの違い

P30 lite

P30 liteの背面カメラは2400万+800万+200万画素のトリプルレンズ構成です。前面カメラは2400万画素です。

AQUOS zero

AQUOS zeroの背面カメラは2260万画素です。前面カメラは800万画素です。

その他機能の違い

P30 lite

P30 liteのバッテリー容量は3340mAhです。USBポートはType-Cが採用されており、Wi-Fi:a/b/g/n/ac対応、DSDV対応、生体認証対応となっております。

AQUOS zero

AQUOS zeroのバッテリー容量は3130mAhです。USBポートはType-Cが採用されており、Wi-Fi:a/b/g/n/ac対応、生体認証対応、おサイフケータイ対応、防水防塵対応となっております。

どちらが優秀?

P30 liteを選ぶメリット
  • 外部ストレージが多い
  • 高画素のトリプルカメラを搭載
  • 高画素のインカメラを搭載
  • バッテリー容量が多い
  • 端末がコンパクト
  • DSDVに対応
  • 価格が安い
AQUOS zeroを選ぶメリット
  • 動作性能が高い(AnTuTuスコア28万)
  • 内部ストレージが多い
  • WQHD+有機ELディスプレイ搭載
  • 重量が軽い
  • 防水防塵に対応
  • おサイフケータイに対応

購入方法

発売当初の価格はP30 liteが32,800円、AQUOS zeroが90,000円前後です。あくまで発表時の価格なので、時期やキャンペーン次第で変動します。

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

P30 liteの開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:9,800円
(乗り換えがお得!)
衝撃のタックル価格セール!
P30 lite(12,800円)をスマホセットで購入すると3,000円割引が適用!さらに他社からの乗り換えで5,000円割引も適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:29,800円
(特典あり!)
夏トク!ギフト券プレゼントキャンペーン!
P30 lite(29,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

AQUOS Zeroの開催キャンペーン

OCN モバイル ONE
端末価格:42,800円
(投売り特価!)
衝撃のタックル価格セール!
AQUOS zero(77,800円)をスマホセットで購入すると35,000円割引が適用!さらに他社からの乗り換えで5,000円割引も適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:69,800円
(投売り特価!)
夏トク!人気スマホ大幅割引!
AQUOS zero(79,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、10,000円割引が適用されます。
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。
新規で契約した場合は「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」の特典あり!こちらも2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

楽天モバイル楽天モバイル
実質価格:65,980円~77,980円

スーパーホーダイ(2年縛り・3年縛り)でAQUOS zero(89,980円)契約した場合、2年間 月額1,000円~1,500円の割引が適用されます。

まとめ

P30 liteはミドルクラスながらに動作性能が優れており、トリプルカメラが搭載されており、DSDVやType-Cに対応しています。コスパだけで言えばトップクラスの端末で、発売後の評判も良いのでオススメです。

一方のAQUOS zeroはおサイフケータイと防水防塵に対応したハイスペックモデルで、シャープ製スマホとしては珍しく「有機ELディスプレイ」が搭載されております。また端末サイズの割に重量がとても軽いのも特徴の一つです。

ハイスペックモデルや防水防塵おサイフケータイ対応モデルをお探しなのであればAQUOS zeroの方がオススメですが、ミドルクラスでコスパの良い端末をお探しの方はP30 liteの方がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。