スマホの月額料金を7000円安くする方法

「P30 lite」と「Galaxy A7」のスペックの違いを比較!

HUAWEI製スマホ「P30 lite」とサムスン製スマホ「Galaxy A7」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は参考にしてみて下さい^^

名称 P30 lite Galaxy A7
画像 P30 lite 小さい画像 Galaxy A7 小さい画像
メーカー HUAWEI サムスン
発売時期 2019年5月 2019年10月
OS Android 9.0 Android 9.0
CPU Kirin 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Exynos 7885
オクタコア
2.2GHz
1.6GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
外部ストレージ 最大512GB 最大512GB
画面サイズ 6.15 インチ 6.0 インチ
有機EL
画面解像度 2312×1080
FHD+
2220×1080
FHD+
背面カメラ 2400万画素
800万画素
200万画素
2400万画素
800万画素
500万画素
前面カメラ 2400万画素 2400万画素
バッテリー 3340mAh 3400mAh
USB USB Type-C microUSB
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS DSDV
トリプルスロット
生体認証 指紋
指紋
防水防塵
おサイフケータイ
対応回線 ドコモ
au
ドコモ
au
機種サイズ (縦幅) 152.9 mm 159.8 mm
機種サイズ (横幅) 72.7 mm 76.8 mm
機種サイズ (厚み) 7.57 mm 7.5 mm
機種重量 159 g 168 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
ブルー
ゴールド
ブラック
参考価格
(楽天モバイル)
36,168円(税込) 41,800円(税込)

価格を比較

P30 lite Galaxy A7
36,168円 41,800円

まず発売時の価格に違いがあります。あくまで発表時の価格なので、時期やキャンペーン次第で変動します。上記は楽天モバイルの税込み価格となっております。単純な端末代金はP30 liteの方が安く設定されています。

主なスペックや動作性能の違いを比較

主なスペックや動作性能の違いを比較
※イメージ画像

CPUの違い

P30 lite Galaxy A7
Kirin 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Exynos 7885
オクタコア
2.2GHz
1.6GHz

P30 liteはハイシリコン社のKirin 710が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは12万前後を記録しております。

一方のGalaxy A7は自社開発のExynos 7885が搭載されており、AnTuTuのベンチマークスコアでは11万前後を記録しております。

スマホのCPU(SoC・チップセット)は、スマホの動作性能に最も影響を与えるパーツです。

ハイシリコン社のKirinシリーズは、HUAWEI端末にのみ搭載されるチップセットです。そしてサムスン社のExynosシリーズはサムスン端末にのみ搭載されるチップセットです。
参考:スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説

両端末ではAnTuTuのベンチマークスコア差が1万だけ開いています。AnTuTuのベンチマークスコアはスマホの動作性能をスコア化してくれるツールです。AnTuTuのスコアだけで言うと、動作性能ではわずかにP30 liteの方が優れていると言う事になります。

ディスプレイの違い

P30 lite Galaxy A7
6.15インチ,TFT,2312×1080,19.5:9 6.0インチ,AMOLED,2220×1080,18.5:9

スマホのディスプレイは、種類やサイズなど仕様がそれぞれ異なります。とくに「ディスプレイサイズ」はスマホを選ぶ上で重要な比較ポイントです。迫力のある動画を楽しみたい方は大型ディスプレイ、持ち運びや片手操作を好む方は小型ディスプレイを選ぶようにしましょう。

P30 liteの画面サイズは6.15インチですが、一方のGalaxy A7の画面サイズは6.0インチです。

P30 liteではTFT液晶ディスプレイが採用されておりますが、Galaxy A7では有機ELディスプレイが搭載されています。
有機ELディスプレイはコストがかかっているものの、「消費電力の少なさ」や「薄さ」にメリットがあります。
参考:【2019年最新】有機ELディスプレイ搭載SIMフリースマホの比較

カメラの違い

P30 lite Galaxy A7
2400万画素(広角)
800万画素(超広角)
200万画素(被写界深度)
2400万画素(広角)
800万画素(超広角)
500万画素(ボケ)
2400万画素 2400万画素

ひと昔前は出かけるときにデジカメを持ち歩いている方が多かったですが、最近ではその役割をスマホが担っています。スマホのカメラで高画質な写真を撮影出来るのは、人によっては大きなメリットとなります。

どちらの端末も背面に3つのレンズを搭載するトリプルカメラ仕様が採用されており、前面に2400万画素と言う高画素レンズが搭載されています。

トリプルカメラは価格の高いモデルに採用されていますが、今回のP30 liteとGalaxy A7では低価格ながらに搭載されています。実際に使える機能や特徴については各メーカーサイトを参考にして下さい。
HUAWEI P30 lite(HUAWEI japan)
Galaxy A7(楽天モバイル)

バッテリーの違い

P30 lite Galaxy A7
3340mAh 3400mAh

バッテリー容量にも違いがあります。バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純なバッテリー容量ではGalaxy A7の方がわずかに上です。
参考:スマホのバッテリーを長持ちさせる方法は?

機能面やデザインの違いを比較

機能面やデザインの違いを比較
※イメージ画像

USBポートの違い

USBポートの規格にも違いがあります。Galaxy A7ではmicroUSBが採用されておりますが、P30 liteはUSB Type-Cが採用されております。USB Type-Cはシンメトリー形状となっているので、上下どちら向きでも接続出来るのでオススメです。
参考:スマホの「microUSB」と「USB Type-C」の違いとは?

DSDVの対応

P30 liteはDSDV(デュアルVoLTE)に対応しております。
DSDVは2枚のSIMを4Gで同時に待ち受ける事が出来る機能のことです。
参考:DSDV対応スマホのメリットやデメリット【一覧表あり】

端末サイズや重量の違い

P30 lite Galaxy A7
152.9 × 72.7 × 7.57 mm
159 g
159.8 × 76.8 × 7.5 mm
168 g
P30 liteとGalaxy A7の比較画像

カラーバリエーションの違い

P30 lite Galaxy A7
P30 lite ミッドナイトブラックミッドナイトブラック Galaxy A7 ゴールドゴールド
P30 lite ピーコックブルーピーコックブルー Galaxy A7 ブルーブルー
P30 lite パールホワイトパールホワイト Galaxy A7 ブラックブラック

購入方法

購入方法
※イメージ画像

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

SIMフリースマホは、「格安SIM」のセット販売キャンペーンを使えばお得に購入出来ます。格安SIMは、契約などの事務的なこと、回線相性などの専門的なもの、何かと敷居が高そうに見えます。

しかし実際に契約してみると、手順はシンプルで凄くカンタンに利用する事ができます!

筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。

  1. ネット申し込みで端末とプランを選ぶ
  2. 端末とSIMカードが届く
  3. SIMカードを端末に挿入して利用開始

基本的にはこれだけの手順でサービスを利用することが出来ます。

もし狙っているSIMフリースマホが何かのキャンペーン中であれば、端末を安く入手するためにも格安SIMのセット販売を利用しましょう。

P30 liteの開催キャンペーン

OCN モバイル ONEOCNモバイルONE
端末価格:12,800円
(乗り換えがお得!)
P30 lite(12,800円)を他社からの乗り換えで購入すると5,000円割引が適用されます。

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:19,800円
(投売り・特典付き!)
みんなおトクに!人気スマホ999円キャンペーン!
P30 lite(29,800円)をキャンペーン期間中に音声SIMで契約した場合、10,000円割引が適用されます。
同時開催キャンペーンによって「初期費用1円」「3か月間 月額1,300円割引」「通信データ量3ヵ月間 SIM枚数分3GB増量」の特典あり!
2019年10月31日までの期間限定なのでお早めに。

UQモバイル
実質価格:28,680円

サイト限定キャッシュバック特典! P30 lite(31,680円)を購入した場合、3,000円キャッシュバック!

結局どちらが良いのか

結局どちらが良いのか
※イメージ画像

P30 liteもGalaxy A7も「トリプルカメラ」を搭載したミドルクラスと言う共通点があり、動作性能に関しても同等クラスとなっております。

単純に価格差を考えるとP30 liteの方がコスパは優れています。
Galaxy A7と違って「USB Type-C」や「DSDV」に対応していますからね。

しかし一方のGalaxy A7は「有機ELディスプレイ」を搭載していると言うメリットがあります。有機ELディスプレイはハイエンドモデルで採用端末が増えており、これからのトレンドと言われているディスプレイ種類です。メリットはいろいろとありますが、消費電力の少なさや画面の薄さ・軽さが特徴です。

どちらの端末もこの価格帯ではありえないほど優秀なスマホです。無難なのはUSB Type-Cに対応しているP30 liteですが、有機ELディスプレイに興味のある方はGalaxy A7を選びましょう。

人気記事スマホ料金が7,000円も安くなる!?確実に節約できる2つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。