nova lite 3が3,480円、Mate 20 Proが52,800円!OCNの神セール開催中【8月5日まで】

「P30 lite」と「R17 Neo」のスペックの違いを比較!

HUAWEI製スマホ「P30 lite」とOPPO製スマホ「R17 Neo」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は是非ご参考下さい^^

スペック比較

名称 P30 lite R17 Neo
メーカー HUAWEI OPPO
発売時期 2019年5月 2018年11月
OS Android 9.0 ColorOS 5.2
CPU Kirin 710
オクタコア
2.2GHz
1.7GHz
Snapdragon 660
オクタコア
2.2GHz
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 128GB
外部ストレージ 最大512GB 最大256GB
画面サイズ 6.15 インチ 6.4 インチ
有機EL
画面解像度 2312×1080
FHD+
2340×1080
FHD+
背面カメラ 2400万画素
800万画素
200万画素
1600万画素
200万画素
前面カメラ 2400万画素 2500万画素
バッテリー 3340mAh 3600mAh
USB USB Type-C microUSB
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS DSDV DSDV
トリプルスロット 対応
生体認証 対応 対応
防水防塵
おサイフケータイ
対応Band(4G) B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 41 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41
対応Band(3G) B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 152.9 mm 158.3 mm
機種サイズ (横幅) 72.7 mm 75.5 mm
機種サイズ (厚み) 7.57 mm 7.4 mm
機種重量 159 g 156 g
カラー ピーコックブルー
パールホワイト
ミッドナイトブラック
レッド
ブルー
参考価格 32,800円 36,100円

動作性能の違い

P30 lite

P30 liteではAndroid 9.0がプリインストールされており、ハイシリコン社のKirin 710が搭載されており、4GBRAMが搭載されています。AnTuTuのベンチマークスコアは13万前後を記録しております。

R17 Neo

R17 NeoではColorOS 5.2がプリインストールされており、クアルコム社のSnapdragon 660が搭載されており、4GBRAMが搭載されています。AnTuTuのベンチマークスコアは13万5000前後を記録しております。

ストレージの違い

P30 lite

P30 liteの内部ストレージは64GBで、外部ストレージは最大512GBまで対応しております。

R17 Neo

R17 Neoの内部ストレージは128GBで、外部ストレージは最大256GBまで対応しております。

ディスプレイの違い

P30 lite

P30 liteのディスプレイサイズは6.15インチで、画面解像度が2312×1080(FHD+)です。アスペクト比(縦横比率)は19.5:9です。上部に水滴型ノッチが採用されています。

R17 Neo

R17 Neoのディスプレイサイズは6.4インチで、画面解像度が2340×1080(FHD+)です。アスペクト比(縦横比率)は19:9です。上部に水滴型ノッチが採用されております。ディスプレイ種類は有機ELディスプレイが搭載されています。

カメラの違い

P30 lite

P30 liteの背面カメラは2400万+800万+200万画素のトリプルレンズ構成です。前面カメラは2400万画素です。

R17 Neo

R17 Neoの背面カメラは1600万+200万画素のデュアルレンズ構成です。前面カメラは2500万画素です。

その他機能の違い

P30 lite

P30 liteのバッテリー容量は3340mAhです。USBポートはType-Cが採用されており、Wi-Fi:a/b/g/n/ac対応、DSDV対応、生体認証対応となっております。

R17 Neo

R17 Neoのバッテリー容量は3600mAhです。USBポートはmicroUSBが採用されており、Wi-Fi:a/b/g/n/ac対応、DSDV対応、生体認証対応、トリプルスロット対応となっております。

どちらが優秀?

P30 liteを選ぶメリット
  • 外部ストレージが多い(最大512GB)
  • 高画素のトリプルカメラを搭載
  • USB Type-Cに対応
  • 端末サイズがコンパクト
  • 価格が安い
R17 Neoを選ぶメリット
  • 動作性能が高い(AnTuTuスコア13万5000)
  • 内部ストレージが多い(128GB)
  • 6.4型有機ELディスプレイを搭載
  • 高画素のインカメラを搭載
  • バッテリー容量が多い
  • トリプルスロットに対応
  • Color OSが独特
  • 厚みが薄くて重量が軽い

購入方法

発売当初の価格はP30 liteが32,800円、R17 Neoが36,100円です。あくまで発表時の価格なので、時期やキャンペーン次第で変動します。

端末をネットショッピングで探す

現在開催中のキャンペーン情報

格安SIMサービスのセット販売はキャンペーン次第で端末を安く入手することが出来ます。契約などの事務的な部分、回線相性などの専門的な部分、何かと敷居が高そうに見えますが、実際に契約してみると凄く簡単です。筆者はこれまで4つの格安SIMサービスを渡り歩いてきましたが、基本的な利用方法はすべて同じでした。
「ネット申し込みで端末とプランを選ぶ」⇒「端末とSIMカードが届く」⇒「SIMカードを端末に挿入して利用開始」たったこれだけでサービスを利用することが出来ます。

P30 liteの開催キャンペーン

IIJmio(みおふぉん)
端末価格:29,800円
(特典あり!)
夏トク!キャンペーン開催!
P30 lite(29,800円)を「音声SIM」で新規契約した場合「初期費用1円」「3か月間 月額1,000円割引」「ギフト券5,000円」の特典あり!
2019年9月30日までの期間限定なのでお早めに。

R17 Neoの開催キャンペーン

UQモバイル
実質価格:23,100円~31,100円

サイト限定キャッシュバック特典!R17 Neo(36,100円)をSIM契約した場合、各プランに応じた特典あり!最大13,000円キャッシュバック!

まとめ

どちらの端末もAnTuTuスコアが13万~14万前後のミドルレンジです。ひと昔前だと「準ハイスペック」と呼ばれるレベルではあるので、ある程度のゲーム系アプリも問題なくプレイ出来ます。もし重い3D系のゲームをプレイするのであればさらにランクの高いハイスペックモデルを選ぶようにしましょう。

P30 liteはトリプルカメラの搭載が特徴的で、ミドルレンジとしてはトップクラスに優秀な端末だと思います。価格もR17 Neoよりも安いので、とくにこだわりが無いのであればP30 liteを選べば問題ないと思います。

一方のR17 NeoはUQモバイルの専売モデルとして登場したスマホで、ミドルレンジながらに有機ELディスプレイの搭載が特徴です。機能面ではUSB Type-Cに非対応ではありますが、DSDV及びトリプルスロットに対応しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。