スマホ料金を安くする方法は結局【格安SIM】

HUAWEI P9とP9 liteの違いを比較してみました

SIMフリースマホの販売でお馴染みのHuaweiは先日新たなSIMフリースマホを発表、国内で「HUAWEI P9」と「HUAWEI P9 lite」の2機種が登場します。
MVNOサービス会社で多数採用される予定なので、セット販売の価格にも注目の両端末ですが、
基本的には2機種どちらも採用されているので実際に購入を検討している方は違いが気になるはずです。と言うことで今回は格安SIMとのセットで販売でこれから人気が出るであろう両端末の違いを比較してみました。

P9とP9 liteの違いを比較

スペック比較表
名称 P9 P9 lite
画像
メーカー Huawei
キャリア SIMフリー
発売時期 2016年6月 2016年6月
OS Android 6.0 Android 6.0
CPU Kirin 955
オクタコア
2.5GHz+1.8GHz
Kirin 650
オクタコア
2.0GHz+1.7GHz
RAM 3 GB 2 GB
ROM 32 GB 16 GB
外部ストレージ microSDXC
最大128GB
microSDXC
最大128GB
画面サイズ 5.2 インチ 5.2 インチ
画面解像度 1920×1080
FHD
1920×1080
FHD
背面カメラ 1200万画素×2 1300万画素
前面カメラ 800万画素 800万画素
バッテリー 3000mAh 3000mAh
連続待受時間 約566時間 約610時間
連続通話時間 約18時間 約18.9時間
Bluetooth Bluetooth 4.2 Bluetooth 4.1
Wifi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac IEEE 802.11 a/b/g/n
縦幅 145 mm 146.8 mm
横幅 70.9 mm 72.6 mm
厚み 6.95 mm 7.5 mm
重量 144 g 147 g

P9とP9 liteの価格比較

HUAWEI P9のライトバージョンとして登場したP9 liteですが、まず詳細を比較する前に知っておきたいのが価格です。
HUAWEI P9はKirin 955や3GBRAM、ダブルレンズなどのハイスペック仕様なだけあって税込64,584円と最近のHuawei端末の中ではかなり高額なモデル。一方でライトバージョンのHUAWEI P9 liteはスペック自体も抑えられながらも価格は税込32,378円とP9の半額と両機種にはかなりの価格差があります。

ようするに今回両機種の購入で迷っている方は、
この32206円の差以上のメリットをHUAWEI P9に感じるかどうかです。

HUAWEI P9とP9 liteの違いを比較「CPU」

スペック面ではまずCPUに大きな違いがあります。

HUAWEI P9の「 Kirin955 2.5GHz+1.8GHzオクタコア 」に対して、
HUAWEI P9 liteは「 Kirin650 2.0GHz+1.7GHzオクタコア 」になります。

P9とP9 liteのスペック差と言う意味では、まずはこのCPU性能の違いが大きいです。
スマホの速度を測る性能テストAnTuTu BenchmarkスコアがKirin 955の90000台に対して、Kirin650が50000台とかなりの差があります。

HUAWEI P9とP9 liteの違いを比較「RAM」

スペック面では次にメモリに違いがあります。

HUAWEI P9の「 3GB 」に対して、
HUAWEI P9 liteは「 2GB 」になります。

RAMは内臓メモリのことで、処理や同時動作に影響が出るCPUに次ぐ重要なパーツです。
1GBの差も分母が小さいだけにとても大きな差です。スマホの場合は基本的に増設ができないので、メモリが高いことは大きなメリットです。

HUAWEI P9とP9 liteの違いを比較「ROM」

内臓ストレージにも違いがあります。

HUAWEI P9の「 32GB 」に対して、
HUAWEI P9 liteは「 16GB 」になります。

ROMとはストレージのことで、ようするにファイルを保存できる容量になります。
両端末外部ストレージが128GBまで対応しているので後ほど増設することも可能です。
外部ストレージについてはこちらをご参考下さい。
スマホの外部メモリ「microSD」と「microSDHC」と「microSDXC」の違いとは?

HUAWEI P9とP9 liteの違いを比較「カメラ」

カメラ性能はCPUと同等レベルに大きな違いがあります。

HUAWEI P9の「 1200万画素×2 」に対して、
HUAWEI P9 liteは「 1300万画素 」になります。

ダブルレンズによる効果としては、デジタル一眼のような写真や本格的なモノクロ写真をカンタンに撮影出来るところや、
2つのレンズの視差を活かした「デプスフォーカス」による素早いピント合わせが可能なところ。
ダブルレンズについての賛否は以前同メーカーより登場したhonor6 plusがカメラ性能に良い意見が多かったこともあり、今作でも期待度が高いです。

HUAWEI P9とP9 liteの違いを比較「バッテリーやサイズ」

バッテリー容量に違いはありませんが、実際の連続使用時間ではわずかながらにHUAWEI P9 liteの方が優秀です。
これでP9 liteの方がコンパクトであれば文句ありませんがそうもいきません。機種サイズや重量は意外にもHUAWEI P9の方がコンパクトかつ軽量です。

デュアルSIMに注意

価格の高いHUAWEI P9はデュアルSIMに対応していないので注意。
一方で価格の安いHUAWEI P9 liteはデュアルSIM対応(nanoSIM×2)なので何気にアドバンテージです。

結局HUAWEI P9とP9 liteはどちらが良いのか

途中記載したように、32206円の差を埋める程のメリットがHUAWEI P9にあるのかどうかが大事です。
そのメリットはいくつかありますが中でも大きな違いとも言えるのが、
Kirin 955/3GBRAM/デュアルレンズ/コンパクトの4つです。
CPUとメモリに関しては動作面に大きな影響を与えるので、普段どのようにスマホを使うかどうかが重要です。そしてデュアルレンズは言うまでもなくカメラをよく使う方やデジタル一眼のような写真を撮影したい方には大きなメリットです。また機種サイズ・重量に関してもP9 liteと比べるとわずかながらではありますがコンパクトとなっているのも人によってはポイントに。

逆算すると上記の箇所がメリットとなっていない人は当然P9 liteの方を選ぶことになります。
具体的な例で言うと、SIMフリースマホを探しているがあまりに低スペックなモデルを避けたい方。つまりミドルクラスを探している方やコスパに優れている端末を探している方。

スペックはあまり必要ないがデュアルレンズに興味のある方は、honor6 Plusが3万円台で購入する事が出来るので選択肢に入ります。
[amazonjs asin=”B015E3OE2M” locale=”JP” title=”Huawei Huawei honor6 plus 32GB (PE-TL10) Gold 国内版 SIMフリー”]

とりあえず両端末を比較してみましたが、HuaweiのSIMフリースマホといえばやはりミドルからミドル上辺りまでの3万前後の端末が人気です。恐らくではありますが今回もHUAWEI P9 liteの方が人気となるのではないでしょうか。はたまたデュアルレンズと言う大きな特徴で予想を覆すことになるのか、これからの評価に期待です。

[amazonjs asin=”B01GCAN9CM” locale=”JP” title=”HUAWEI P9 SIMフリースマートフォン EVA-L09-GREY(グレー) 【日本正規代理店品】”][amazonjs asin=”B01GCAN5X0″ locale=”JP” title=”HUAWEI P9 LITE SIMフリースマートフォン VNS-L22-GOLD(ゴールド) 【日本正規代理店品】”]

人気記事スマホ料金を安くする方法は結局【格安SIM】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。