2020年春に買うならコレ!おすすめの格安スマホセット

「TCL PLEX」と「Mi Note 10 Pro」の違いを比較!

TCL製スマホ「TCL PLEX」とXiaomi製スマホ「Mi Note 10 Pro」のスペックの違いを比較してみました!

どちらの端末を購入するか迷っている方は参考にしてみて下さい^^

名称 TCL PLEX Mi Note 10 Pro
画像 TCL PLEX 小さい画像 Mi Note 10 Pro 小さい画像
メーカー TCL Xiaomi
発売時期 2019年12月 2019年12月
OS Android 9.0 MIUI V11
(Android 10ベース)
CPU Snapdragon 675
オクタコア
2.0GHz
1.7GHz
Snapdragon 730G
オクタコア
2.2GHz
RAM 6GB 8GB
ROM 128GB 256GB
外部ストレージ 最大256GB 非搭載
ディスプレイ 6.53 インチ 6.47 インチ
有機EL
画面解像度 2340×1080
FHD+
2340×1080
FHD+
画面占有率 90% 87%
アスペクト比 19.5:9 19.5:9
背面カメラ 4800万画素
1600万画素
200万画素
10800万画素(F値1.69)
1200万画素(F値2.0)
2000万画素(F値2.2)
500万画素(F値2.0)
200万画素(マクロ)
前面カメラ 2400万画素 3200万画素(F値2.0)
バッテリー 3820mAh 5260mAh
急速充電 9V2A(18W)
Quick Charge 3.0
30W
USB-PD
USB USB Type-C USB Type-C
Wi-Fi a/b/g/n/ac a/b/g/n/ac
DSDS DSDV DSDV
トリプルスロット
生体認証 指紋
指紋
防水防塵
おサイフケータイ
通信(4G) B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20 / 28 / 38 / 40 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40
通信(3G) B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 9 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
機種サイズ (縦幅) 162.2 mm 157.8 mm
機種サイズ (横幅) 76.56 mm 74.2 mm
機種サイズ (厚み) 7.6 mm 9.67 mm
機種重量 192 g 208 g
カラー オブシディアンブラック
オパールホワイト
ミッドナイトブラック
グレイシャーホワイト
オーロラグリーン
参考価格 30,000円前後 65,000円前後

価格を比較

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
30,000円前後 65,000円前後

まず発売時の価格に違いがあります。あくまで発表時の価格なので時期やキャンペーン次第で変動します。

主なスペックや動作性能の違いを比較

CPUの違い

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
Snapdragon 675
オクタコア
2.0GHz
1.7GHz
Snapdragon 730G
オクタコア
2.2GHz

スマホのCPU(SoC・チップセット)は、スマホの動作性能に最も影響を与えるパーツです。

TCL PLEXはクアルコム社のSnapdragon 675が搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは21万前後を記録しております。

一方のMi Note 10 ProはSnapdragon 730Gが搭載されており、AnTuTu8のベンチマークスコアでは25万前後を記録しております。

どちらの端末も様々なスマホに搭載されている定番メーカー「クアルコム社」のチップセットが採用されております。どちらもミドル~ミドルハイクラスに向けたモデルなっておりますが、730Gを搭載したMi Note 10 Proの方が高性能です。

クアルコム社のSnapdragon
※クアルコム社のSnapdragonシリーズ

参考:スマホのCPUとは?初心者に向けてカンタン解説

RAMの違い

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
6GB 8GB

RAMはスマホの動作面に影響を与えるパーツです。CPUが快適に処理するためのスペースを提供するのがRAMの役割です。RAMの数値が高ければ、CPUは同時に様々な処理を行うことが出来ます。

よく言われている例が「作業机の広さ」です。机が広ければ色んな物を置いたり、資料を広げたり、同時に色んな作業を行うことが出来ます。

作業机の広さ
※イメージ

処理を行うのはCPUですが、RAMが同時動作に影響を与えると言われている理由がこの役割によるところです。

RAMの数値が高いほど高性能と言うことになりますが、スマホの場合は4GBRAMあれば十分と言う意見もあります。その辺りはこちらの記事にてまとめてあるので、興味のある方はぜひ参考にしてみて下さい。
参考:スマホのRAM(メモリ)とは?ROMとの違いは?【4GBが最適】

ストレージの違い

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
内部ストレージ:
128GB
外部ストレージ
最大256GB
内部ストレージ:
256GB
外部ストレージ
非搭載

スマホで動画や音楽などと言ったファイルを管理すると言う方に重要な項目が「ストレージ」です。ようするにスマホのファイルを保存出来る容量のことです。ストレージは「ROM」と呼ばれる内部ストレージと、SDカードで増設出来る「外部ストレージ」の2種類に分かれています。

Mi Note 10 Proは外部ストレージが非搭載なので、SDカードを利用することが出来ません。

ディスプレイの違い

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
6.53インチ,2340×1080(FHD+),19.5:9,画面占有率90% 6.47インチ,有機EL,2340×1080,19.5:9,画面占有率87%

スマホのディスプレイは、種類やサイズなど仕様がそれぞれ異なります。とくに「ディスプレイサイズ」はスマホを選ぶ上で重要な比較ポイントです。迫力のある動画を楽しみたい方は大型ディスプレイ、持ち運びや片手操作を好む方は小型ディスプレイを選ぶようにしましょう。

TCL PLEXでは6.53インチのディスプレイが搭載されており、Mi Note 10 Proでは6.47インチのディスプレイが搭載されています。どちらの端末もかなり大きめのディスプレイが採用されております。またMi Note 10 Proでは有機ELディスプレイが採用されています。有機ELディスプレイはコストが高いかわりに「省エネ」「薄さ」などのメリットがあります。

そしてMi Note 10 Pro ではディスプレイ上部に水滴型ノッチが搭載されておりますが、TCL PLEXではインカメラの部分が穴あきになっているパンチホール型ディスプレイが搭載されております。これによって、より画面占有率が高くなっております。

カメラの違い

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
4800万画素(標準)
1600万画素(広角123度)
200万画素(低照度)
10800万画素(F値1.69)
1200万画素(ポートレート/F値2.0)
2000万画素(超広角117度/F値2.2)
500万画素(望遠/F値2.0)
200万画素(マクロ)
2400万画素 3200万画素(F2.0)

ひと昔前は出かけるときにデジカメを持ち歩いている方が多かったですが、最近ではその役割をスマホが担っています。スマホのカメラで高画質な写真を撮影出来るのは、人によっては大きなメリットとなります。

どちらの端末もカメラに力が入っており、様々な機能を利用する事が出来ます。

TCL PLEXは背面に3つのレンズを搭載するトリプルカメラ仕様が採用されており、サブレンズに広角レンズと低照度レンズが搭載されております。

一方のMi Note 10 Proは背面に5つのレンズを搭載するペンタカメラ仕様が採用されており、サブレンズにポートレート・超広角・望遠・マクロレンズが搭載されております。

それぞれのレンズは役割が異なりますが、単純な画素数やレンズ数だけで言うとMi Note 10 Proの方が上です。

公式サイトにてカメラ機能の詳細が載っているので、興味のある方はチェックしてみて下さい!
Xiaomi Japan

バッテリーの違い

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
3820mAh 5260mAh

バッテリー容量にも違いがあります。バッテリー容量がそのままバッテリー持ちの良さと言うわけではありませんが、単純な容量ではMi Note 10 Proの方が上です。

そしてTCL PLEXではQuick Charge 3.0に対応しており、Mi Note 10 ProではUSB-PDに対応しております。これによってどちらの端末も高速で充電ができます。

機能面やデザインの違いを比較

対応Bandの違い

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
4G B1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 19 / 20 / 28 / 38 / 40 B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 38 / 40
3G B1 / 2 / 5 / 6 / 8 / 9 / 19 B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
各キャリアの周波数チェック!
docomo(4G LTE):B1/B3/B19/B21/B28/B42
docomo(3G W-CDMA):B1/B6/B19
Softbank(4G LTE):B1/B3/B8/B11/B28/B42
Softbank(3G W-CDMA):B1/B8/B9
au(4G LTE):B1/B11/B18/B26/B28/B42
au(3G CDMA2000):BC0/BC6

上記すべてに対応している必要はありませんが、ドコモは「1/3/19」、auは「1/18/26」、ソフトバンクは「1/3/8」の対応が重要です。こちらの記事で各バンドの役割をまとめてあるので、参考にしてみて下さい。
参考:格安スマホ購入前に対応バンド(周波数帯)を確認しよう!

端末サイズや重量の違い

TCL PLEX Mi Note 10 Pro
162.2 × 76.56 × 7.6 mm
192 g
157.8 × 74.2 × 9.67 mm
208 g
TCL PLEXとMi Note 10 Proの比較画像

カラーバリエーションの違い

TCL PLEX オブシディアンブラックオブシディアンブラック Mi Note 10 Pro オーロラグリーンオーロラグリーン
TCL PLEX オパールホワイトオパールホワイト Mi Note 10 Pro ミッドナイトブラックミッドナイトブラック
Mi Note 10 Pro グレイシャーホワイトグレイシャーホワイト

購入方法

端末をネットショッピングで探す

おわりに

Mi Note 10 Proには1万2000円ほど安い「Mi Note 10」と言うモデルがあります。Mi Note 10は、RAMとROMとカメラがグレードダウンした下位モデルです。Mi Note 10 Proほどの性能が必要ないと言う方は、
Mi Note 10とMi Note 10 Proの比較記事を参考にしてみて下さい!

注目記事格安スマホセットで月額料金が大幅ダウン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。