nova lite 3が3,480円、Mate 20 Proが52,800円!OCNの神セール開催中【8月5日まで】

写真で見るPriori4の開封レビュー!6色のバックカバー付でこの価格は安い!

フリーテルの人気シリーズPrioriに最新モデルPriori4が登場しました。発売日は2017年1月27日で、バックカバー6色付で15,000円前後の低価格を実現。
上から更に耐衝撃にケースを付けるのも良し、カバーが壊れたら別カバーを使用すると言うスタイルも良しで、6色も付属品で付いているとテンションが上がりますね。
また低価格とバックカバーだけが特徴ではなく、Priori4は大容量バッテリーと言う最大のメリットがあります。
早速Priori4を購入してみたので、写真メインでレビューしていきます!

早速開封!Priori4のフォトレビュー!

箱がとても大きかったです。バックカバーが6つも入っているからでしょう。

箱を開けると早速ブラックのバックカバーの付いた本体が入っています。

かなりマットで安っぽさがありません。

正面には初期の保護シートが付いています。(保護フィルムではありません)

そして更に中にはバックカバーともう一つ箱が入っています。

バックカバーは全部6色。こうやって並べると安っぽいですが、実際はかなり高級感を意識した仕様です。アップで見ていきましょう。

まずはシルバー。(光の都合でゴールドっぽくなっちゃってますね^^;)

こちらはブルー。少しメタリックで良い感じ。

こちらはピンク。女性にはお馴染みのカラーですね。

こちらはパープル。公式サイトでは明るくてチープに見えましたが実際はかなりメタリックで良い感じです。

そして最後にグリーン。好みが分かれそうですね。

バックカバーは外すとこんな感じ。背面から見て左下に取り外し用の隙間があって簡単に着せ替え出来ます。着せ替えに関しては個人的にかなり好印象でした。凄く楽チンです。

せっかくなのでパープルに着せ替えてみました。なんか奇抜で良い感じ。笑

外で撮るとこんな感じ。私がパープルが好きなだけかもしれませんが格好良くないですか?笑

付属品を広げるとこうなります。本体、保証書と取り説、バックカバー、充電器とケーブル。

充電器とケーブルはホワイトでした。

初期画面。これからしばらくWifiで使っていこうと思います。

Priori4で撮影!カメラ性能をチェック!

全てオートで撮影してみました。

800万画素ですがそれなりに。

フォーカスは状況にもよりますがかなり悪く感じます。あくまでこの低価格モデルであることを忘れないように…。

Priori4のベンチマークスコア

まあ価格を考えるとこの程度でしょう。スクリーンショットはお馴染みの電源+音量下げるボタンで撮れました。

まとめると

フリーテルの低価格大容量バッテリーモデルとして、しばらくは人気の端末となりそうな予感です。
とくにバックカバーに関しては個人的にはかなり高評価で着せ替えもしやすいですしオススメのポイントです。
価格を考えると動作面でのストレスは間違いなくありそうですが、それらを理解した上で選択するのであれば問題ありません。
しばらく使用してみるのでその内実機レビューと言うことで使用感の感想を付け加えるかもしれません(2016年1月27日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。