スマホ料金を安くする方法は結局【格安SIM】

スマホケースでよく聞くPUレザーと合皮レザーの違いとは

スマートフォンのシェア率は非常に高く、最近では子供向けスマホや老人向けスマホまで存在しています。スマートフォンは携帯電話でありながら、インターネットが使える精密な電化製品でもあります。モデルにもよりますが、スマホ本体自体がそれなりに高価格です。

そんなスマホ本体を護る大事なアイテムがスマホケースです。単純に本体を護るだけのシンプルケース、キャラクターやイニシャルが入っているデザインケース、軽い収納やスタンド機能を搭載した手帳型ケース、高級ガラスであるスワロフスキーを使ったデコレーションケースなど様々なタイプのスマホケースが販売されています。

今回は手帳型ケースによく使われている素材である「PUレザー」「合皮レザー」「本革」の違いについてまとめてみました。

手帳型スマホケースは「合皮」か「PUレザー」が多い

手帳型のスマホケースに採用されている「レザー素材」は、高い製品と安い製品に分かれています。レザーケースの高い製品は「本革素材」を使った製品が多くて、安い製品は「合皮レザー素材」か「PUレザー素材」を使った製品が多いです。

PUレザーと合皮レザーの違い

PUレザーはポリウレタン(PolyUrethane)素材を使った合皮レザーです。
合皮レザーのなかで、ポリウレタン素材を使った製品がPUレザーと言う事になるのですが、合皮レザーを使ったスマホケースはほとんどがポリウレタン素材です。

つまりスマホケースにおいては、合皮レザーもPUレザーもほぼ同じ意味と言うことになります。購入する商品の素材を確認すれば分かりやすいかもしれません。スマホケース以外ではPU以外もPVCなどの素材もあります。

合皮レザー(PUレザー)と本革の違い

まずPUレザーと本革を使ったスマホケースの違いは、「価格」です。合皮レザー(PUレザー)は本革のように天然の動物の皮を使っておらず、Wikiによると「天然の布地を基材とし、合成樹脂を塗布したものである」との事なので、当然コストは安くなります。

また本革と違った魅力として「汚れにくさ」があります。本革は汚れやすくメンテナンスが大変ですが、合皮レザーは汚れにくい上にメンテナンスが簡単(乾拭きが基本)です。

そして本革と比べて合皮レザーのデメリットは「寿命の短さ」です。合皮レザーの寿命は2,3年と言われております。普通に考えるとこの寿命の短さはデメリットですが、キャリアの2年縛りや3年縛り然り、スマホ自体の機種変更は2年や3年が多いので、スマホケースの場合はそこまで大きなデメリットではないかもしれませんね。

合皮レザーが劣化する原因として加水分解と呼ばれる現象があります。湿度が高いと水分との化学反応を起こし、表面がボロボロになってしまいます。合皮ソファの表面がボロボロになって白くなっているのを見たことがありませんか?あの現象ですね。

スマホケースに使われている素材一覧

スマホの手帳型レザーケースは上記に記載した通り、「PUレザー」「合皮レザー」「本革」が素材となっております。他のスマホケースの素材はいったい何が使われているのかをまとめてみました。


ポリカーボネート

ポリカーボネートはプラスチックのことで、ハードタイプのケースの素材のほとんどがこちらになります。特徴としてはコストが安く丈夫な素材です。ハードケースには滑りやすくて落としやすいと言うデメリットがあるので、一部のユーザーには敬遠されています。それでも価格の安さからか、ネットモールや家電ショップなんかを見てみると取り扱い製品がとても多いです。


シリコン

シリコンが素材のケースです。こちらも価格はそこまで高くない人気の素材です。ゴム系の質感のおかげで、手にフィットして操作がしやすいのが特徴です。ハード素材とは逆に滑りにくいので、落としてしまうリスクは少なめです。


TPU

TPUは熱可塑性ポリウレタンというプラスチック素材です。プラスチック素材と言っても柔らかさがあり、ハードよりも柔らかくシリコンよりも硬い素材です。最近ではSIMフリースマホを購入した際に付いてくる純正品はほとんどがTPU素材で、ネットモールや家電ショップでも一番取り扱い数が多い素材となっております。


レザー

レザー素材は本記事で取り上げた通り、本革素材・合皮素材に分かれています。手帳型タイプ以外のレザーケースは容れ物のようなタイプが多いです。


ハイブリット

シリコンやポリカーボネードを組み合わせて作られているのがハイブリットケースです。二重構造によって耐衝撃や持ちやすさなどにこだわって製造されています。その分、質が高い製品が多いですが、価格が高い上に種類が少ないです。


防水

防水に対応しているケースで、風呂場での利用などの際に便利です。素材は様々ですがスマホ向けの製品では塩化ビニルなどを使った簡易防水の製品が多いです。

おすすめは手帳型PUレザーケース

スマホケースを購入する上で気をつけたい点は3つです。

まずは大前提として衝撃に強いことです。
当然スマホを保護する目的で購入するのであれば必須の条件です。
手帳型は全体を覆う形なので非常に丈夫です。

そして次に価格の安さです。
スワロフスキーのデコケースや、キャラクターデザインケースなどは比較的高いですが、
本革と比べてPUレザーケースは価格が安くなっております。

最後に扱いやすさです。
手帳型ケースは収納が出来たり、落下防止のストラップがついていたり、スタンド機能が付いていたり、非常に便利なのでオススメです。
これら3点を抑えているPUレザーケースはとてもオススメです。

手帳型のPUレザーケースを取り扱っているメーカーやショップは、ほとんどの端末に対応した製品を取り扱っております。例えばAmazonで言えばJMEIF.G.Sなんかはほとんどの端末に対応しているおすすめのメーカーです。もし手帳型PUレザーケースをお探しなのであれば端末名を検索してみて下さい。

まとめると

「合皮レザー」の中で「ポリウレタン素材」を使ったものが「PUレザー」です。スマホケースの場合、ポリウレタン素材を使った製品ばかりなので「合皮レザー」も「PUレザー」も、ほぼ同じ意味で使われています。

もちろん本革には高級感があって、見栄えも良くてオススメです。しかし最近のPUレザーケースもそれに劣らぬクオリティとなっているので、是非スマホケース選びの参考にして下さい^^

人気記事スマホ料金を安くする方法は結局【格安SIM】

7 COMMENTS

えーこ

おすすめは〜の所のスワルフスキーと表現してありますが、『スワロフスキー』の、間違いでは?添削ちゃんとしてますか?

返信する
SmartIttetsu

はじめまして、管理人です。コメントありがとうございます。
また誤字のご指摘ありがとうございます。修正させて頂きました。

返信する

Freetel KATANA01のおすすめカバー・ケース・フィルム等のグッズ情報 | スマホおすすめ情報 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。